おはようございます🌄

HSP・エンパス・逆エンパス専門サロン「momoco-happiness」HPに足を運んでくださり、誠にありがとうございます。

オーナーのmomoco♡⋆です。

能力を持っているかたは能力のお悩み』と『や体の痛み』を必ず合わせ持っています。

『心や体の痛み』は最新情報の『本日のメッセージ』で改善方法などを記載していきますので、是非やってみてください☘

『能力のお悩み』は基礎からお勉強をしていかないと残念ながら1つも改善ができませんので、基礎クラスのUme class — 梅 —を受講してくださいね☘

 

本日のメッセージ

 

 

「朝の日光」の効果がすごい

 

 

昨日までの特集が終わりましたので、少し自由に書いていこうとおもいます。

特集をしている間に『これも関連するな』『あれも関連して伝えたいな』と思っていたので書いていきますね♪

 

『おはようございます!』本日もきれいな朝日がのぼっております☀

突然ですが、みなさんはこの『朝日』を見る機会はありますか?

見れない場所に住んでいたり忙しすぎて見れない…という人も多いのではないでしょうか?

とくに『朝日』は身体を健康にしてくれます。『朝日』だけではなく『日光』でももちろん健康にしてくれる要素はたくさんあります。『太陽』の力は偉大です。

本日は一般的に言われている健康要素も記載をしますが、もっと違うメリットがたくさんあるので、お伝えをしていきますね♪

 

①『朝日』や『日光』は浄化や除霊に強い!

以前にもお話した敏感・過敏な能力者は『邪気』や『悪い気』をもらいやすいのですが、自分で身体をクリアにできる人や浄化ができる人は『心』も『体』も健康でいれるようになります。ここで『朝日』や『日光』が役に立ちます。

 

たとえば…

 🤸‍♂️人から

なんかもらっちゃった~。

…気分がわるい、体調がすぐれない、人混み苦手…

 

 🎠場所から

とおっただけなのに、いただけなのに…。

顔色がかわり、気分がかわり、イライラ、自分てなんなんだろう?と疑心暗鬼に

 

 💤寝て起きて

寝てただけなのに…。

疲れがとれない、体が痛い、調子が悪い、むくむ

 

こんなことってよくありますよね?

サラッとみなさん言っていますが、『邪気』や『悪い気』を私はもらっています。と言っているのと同じなのですが、みなさんは気付いていますか?

 

わたしってもらいやすい=『邪気』や『土地の悪気』や『悪霊』をわたしはもらいやすい

 

本来ならば、対処をしなければいけないことなのですが、起こっている異変はすぐにおさまったり、知らず知らずのうちに無くなっていったりするので『ま、いっか』とみなさん流してしまいます。

これって、どこかに全て行った、無くなってよかった、と思いますか?

浄化力がとても強い人なら溜まりませんが、みなさん必ず溜まりますので、心や体に症状がでます。ここで『朝日』や『日光』の登場です。とくに『朝日』が邪気が少ないことと回復力もあるのでおススメです。

日常に浴びれる『日光』でも浄化力は『朝日』と変わりませんので、安心して下さいね。

少し長くなりましたので本日はこの辺で☘

明日は本日のつづき『朝日』や『日光』で健康メリットをお届けします。是非見て下さいね☀

1番下に記載をしている『本日サロンからの一枚はこちら』にも写真浄化のことをかきましたので見てみてくださいね!

 

『朝日』に関して一般的に言われている身体のメリット♪

今回はこちらをコラムを引用させていただきました。

「朝の日光」の効果がすごい

肥満防止からガン予防までできるらしい 著:nanapi

 

1:日光で目覚めがよくなる!

太陽光が目に入ると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がストップし、朝、起きたらすぐに日光を浴びると、驚くほど頭がすっきり!

その後も15時間前後は分泌されないので、朝、日光を浴びれば日中は眠くならずにすむということ!

■ 2:睡眠の質も向上!
夜になると、再びメラトニンが分泌されるので自然と眠くなります。

■ 3:うつ病予防になる!

◎ 日光を浴びないとうつ病になる?
冬になると、何だか気持ちが落ち込んだり、無気力感に襲われたりする方はいませんか?それはもしかしたら「冬季うつ病」の症状かもしれません。
「冬季うつ病」は、その名の通り冬にのみ発症する病気ですが、原因は日射量の不足だと言われています。

「幸せホルモン」と呼ばれる神経伝達物質「セロトニン」と深く関係しています。セロトニンは生体リズムの管理を司る物質で、不足すると心のバランスを崩しやすくなります。その原因は、太陽光の不足にあるといわれています。
だから、日照時間の少ない冬季にうつを発症する人が多いんですね。
実際、日射量の少ない地域では、セロトニン不足によるうつ病の症例が数多く報告されています。

意識的に外に出て、できるだけ太陽光を浴びるようにしましょう。また、夏場から日光浴の習慣をつけて体の下地作りをしておくと、うつを発症しにくくなるそうですよ。

 4:朝の日光は骨&脳にもいい!

皮膚が太陽光にさらされると、ビタミンDという成分が生成されます。
ビタミンDは魚類やきのこ類に多く含まれている栄養素。

◎ 骨&脳にいい
ビタミンDは骨の健康に欠かせない栄養素です。
カルシウムの吸収を促進して、排出されるのを防ぐ働きがあり、骨を丈夫にしてくれます。最近の研究で、ビタミンD不足が脳の「認知機能」の低下を促進している可能性があると発表されました。
「認知機能」の低下は、記憶力や注意力の欠如を引き起こします。
ビタミンDを体内で生成できれば、これらの予防に繋がると考えられます。

■ 5:長生き効果もある
血液中のビタミンD濃度が高い人ほど色々な病気にかかりにくくなるといいます。

■ 6:がん予防にも役立つ!
なんと日光を浴びることが、がん予防に役立つというデータもあります。
十分な日光を浴び、体内のビタミンDを正常レベル以上に保っておくと、大腸がんや乳がん、前立腺がんなどの発症率が低下するそうです。

■ 日光を浴びて健康な生活を手に入れよう!

◎ 起きたらすぐにカーテンを開ける

就寝時に少しだけカーテンを開け、徐々に日光が当たるようにしておくと
目覚めスッキリ!

朝食をベランダなどの屋外で食べると、日光に当たる時間を確保できます。
気分的にも優雅な雰囲気を味わえるので一石二鳥ですね。

■ 日光の健康効果をさらに高めるには?

◎ 朝8時から正午まで
日光を浴びるのは、午前中の方が効果的。健康維持には体内時計の正常化も大きな要素なので、朝しっかり太陽光を浴びて、体内時計をリセットさせましょう。

◎ 時間は30分くらいがベスト
ただ、あまり長い時間太陽光に当たっていると、日焼けしたり皮膚ガンの原因になったりするので注意が必要です。目安は1日30分程度がベストだそう。

◎ 軽い運動とともに
また、日光を浴びながら軽く運動をすることで、さらに健康への効果を高められます。血行や体内の循環がよくなるのでセロトニンやビタミンDの生成が活発化するそうです。

 

太陽は浴びすぎると悪影響が起こりやすいですが、太陽の光はとても貴重で重要です。敏感過敏な方はなおさら重要になってきます。

日光を体内に大きく取り込みましょう♪身体全体の浄化にもなりますし、心も体も軽くなります。

引用:https://blog.goo.ne.jp/mirukikukaku/e/651ed8ba76612bd8e08b8d5531da20f6


本日サロンからの一枚はこちら

この朝日の写真を見るだけでも少し効果がありますので、身体浄化をゼヒしてみてくださいね。

やり方は簡単!

少しこの本日サロンからの写真を見てください。見ていると心や体がスッと楽になる瞬間が来ます。浄化されているということです。すこしホッと息が出来たら見る事をすぐにやめて下さいね。ケータイやPCでは邪気が出ていますので、見すぎると逆効果になります。

本日も楽しく元気にいってらっしゃーい♪

 

 

 

 

2020.11.18 (水)

07:22am

 

 

 

広告

 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA