こわばり感

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

こわばり感とは

筋肉が固まって動かしにくくなる状態のことを指します。

手、首、肩、腰、足など、全身に表われる現象ですが、関節のこわばり感も含みます。

一般的に、よく感じられるこわばり感は、「冷え」や「体の疲れ」による”こわばり”です。体が冷えたり、疲れたりすることで、関節や関節周囲の腱の血流が滞り、痛みやこわばりがあらわれることがあります。

そして、同じ姿勢を続けていても”こわばり”を感じるもの。これには、体を支える筋肉と姿勢が関わりがあります。長時間の猫背や姿勢を良くしていることも「こわばり感」が出てきます。

HSP・エンパス・逆エンパスの方は、自分以外の周波数に生まれつき、とても敏感です。そのため、自分の体の周波数より低い周波数のモノと触れるとこころや身体の「こわばり感」が出てきます。
 こころの「こわばり感」は、自分の意見が言えなくなってしまったり、何を話していいのか分からない、などで、その際、パニックになってしまったり、冷や汗が出てどうしようもないという方もいらっしゃいます。
 身体の「こわばり感」は、体が固まってしまったかのように尋常ではないほど身体がこわばり、身動きがとれない状態にひどい方ではなってしまいます。

 


 

🔼クリックをしてご覧ください

🔼クリックをしてご覧ください

タイトルとURLをコピーしました