電話でお問い合わせ

08098308349

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

 

おはようございます🌅

HPに足を運んでくださり、ありがとうございます♪♪

HSP・エンパス・逆エンパス専門サロン「momoco-happiness」オーナーのmomoco♡⋆です(*^-^*)

能力を持っている方は能力のお悩みや体の痛みを必ず合わせ持っています。

心や体の痛みは最新情報の「本日のメッセージ」の投稿で改善方法などを記載していきますので是非やってみてください♪

能力のお悩みは基礎がわからないと残念ながら改善ができません。ですので基礎クラスのUme class — 梅 —を受講してくださいね♪

 

 

本日のメッセージ

 

 

「あくび」をしてはダメ!

 

 

昨日の投稿で、小さな頃からたくさんの「やってはダメ!」は人間の身体から考えると本当は沢山、沢山した方が良いことです。とお話しをしました。

これから毎日「やってはダメ!」と言われてきたことは、本当は「やらなきゃダメ!」だったをお伝えしていきます。

 

では、本日は「あくび」

私自身「あくび」というものを27歳くらいまで、ちゃんとしてきませんでした。

休んでいても、音や光、電波や周波数、何もかもに過敏に反応をしていた私は、休むという事ができない体でした。寝ても寝ても眠くて、疲れが取れない体で、どうしようもありませんでした。

 

「あくび」というものを、毎日通っていた病院にいくバスの中で(バスには誰もいなかったですね)やっと少し口を開けて「あくび」というものをして涙が出たのを覚えています。実家でも緊張感たっぷりの家だったので、27歳で、はじめてのんびりとした「あくび」を感じた瞬間でした。

「あくび」をするようになり、私は少しずつ、目が見えるようになってきました。本当に大切な「あくび」です。

こころの探検に記載をされている内容を少し

「あくび」は「眠り」をいざなうものではなく、酸素をたくさん脳に運び、活性化させて「起きる」ための行為だといわれています。

人は1日におよそ28回「あくび」をすると科学者は言います。胎児、脊椎動物(魚類、鳥類、爬虫類、哺乳類)も「あくび」をします。胎児は5か月の頃から始まり、死ぬ数日前まで続きます。脳をクールダウンするだけでなく、「あくび」の機能は他にもあります。

 

「あくび」は失礼にあたる場面もありますが、健康にとても必要で、一生関わる脳の適切な発達や機能に役立ちます。

先にも言ったように、生まれる前の赤ちゃんも「あくび」をします。およそ20週で「あくび」は始まり、その後ずっと続きます。

もちろん、おなかの中の赤ちゃんは退屈したり、疲れたために「あくび」をするわけではありません。赤ちゃんの成長段階で、「あくび」が順序だった脳の発達を促します。「あくび」は、筋肉の動きを調整する末梢神経や脳の適切な発達のサインだと多くの研究で示されています。

胎児の「あくび」は非常に重要で、「あくび」がないと、脳の機能不全の可能性さえあるのです。「あくび」の機能は脳に酸素を送ることだと思っている人が多くいますが、これは理屈に合っていません。人は口や鼻を通じて、常に呼吸をしており、脳の酸素濃度とは関係ありません。

脳細胞に酸素を供給するのは、主に、脳に集まる血管です。もし、「あくび」が脳に酸素を送っているのであれば、息を止めた時もっと「あくび」が出るはずですので、この定説は正しくないようです。他の研究では、「あくび」は体を省エネモードから注意モードに変えるとしているものもあります。ワルシンスキ(2014)によると、「あくび」は、脳内の液体の量を増やし、より複雑なタスクに必要とされる集中力や注意力を高めるそうです

「あくび」をすると通気量が増え、体温を調整し、脳をクールダウンします。睡眠不足や激しい精神活動の後の精神疲労は脳の温度を上昇させます。起きた時、寝る時、精神的に負担がかかることを長時間続けた時に「あくび」が増えるのは、そのためなのです。

 

全身をゆるめる「あくび」の方法
できたら、猫や犬のように大きなお口を開けて、何も考えずに「あくび」が出来ると良いですね◎

鳴海周平(なるみしゅうへい)さんの記事がとても良いなと思いましたので、こちらの「あくび誘導法」を行ってみて下さいね。
エヌ・ピュア代表。健幸エッセイスト

 

1) なるべく浅めにイスに腰かけ、リラックスしたまま、背すじを伸ばして前を向き、口をゆっくり大きく、ぽかんと開きます
2) そのまま数秒間キープして、口を閉じます
(何度か繰り返します)
3) あくびが出たら、ゆっくりその感覚を味わってください

 最初はなかなか思ったように出ないかもしれませんが、あくびが出なくても口を大きく開け閉めするだけで十分効果があります。
 あせらず、ゆったりした気持ちで、気長に行ってみてくださいね。と鳴海周平(なるみしゅうへい)さんでした☘

引用:

https://kokoronotanken.jp/nouwo-cooldown-shitekureru-akubino-kouka/

https://daybook.jp/1min/article/%E7%AC%AC%EF%BC%94%E5%9B%9E%EF%BC%9A%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%83%「あくび誘導法E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%80%8C%E3%81%82%E3%81%8F%E3%81%B3%E3%80%8D%E3%81%8C%E4%B8%80%E7%95%AA%EF%BC%81

 


本日サロンからの一枚はこちら

本日は暖房を入れ始めました。寒くなって参りました🍂

本日も元気に行ってらっしゃーい♪

 

 

 

 

2020.11.06(金)

7:57am

 

 

 

広告

 

 


 

 

HSP・エンパス・逆エンパス

敏感・過敏な人生の攻略スクール

 

丁寧に1人1人の症状に合わせてマンツーマン・スクール

 

ご自分のお悩みを素直に質問応答できて

細かいところまでの改善を目指します

丁寧に 丁寧に

あなたのペースで

あなたのお悩みが改善します

改善症状

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

悪夢障害 アダルトチルドレン/機能不全家族(毒親) エンパス

逆エンパス たくさんの能力 単純意識 寝たきり 脳回転障害 発達障害 発達性ディスレクシア/読み書き障害 巫女気質・精霊異常 離人感/現実感消失症 ADHD(注意欠如多動性障害) ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害) Clair(クレア) Clairaudience(クレアオーディエンス) Claircognizance(クレアコグニシンス) Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス) Clairtangency(クレアタンジェンシー) Clairvoyanceクレアボヤンス) Crystal Children(クリスタルチルドレン) DCD(発達性協調運動障害) HSP Indigo Children(インディゴチルドレン) Rainbow Children(レインボーチルドレン) SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

身体症状

咽喉頭異常感症/ヒステリー球 肩こり 眼精疲労 気象病/天気痛 虚弱体質 首こり(頸椎の後ろ側) 首こり(頸椎の前側) 過敏性腸症候群 身体に力が入る 気持ち悪さ 首のしこり 鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり こわばり感 頭痛 背中のこり 線維筋痛症 手の違和感/痛み 認知機能障害 能力者の風邪症候群 能力者の眠気 能力者の腫れ/むくみ 能力者の冷え性 能力者の変形性関節症 能力性弱視 能力性脱力マヒ 能力性肌異常 能力性疲労 能力性腰痛/腰痛 疲労感/だるさ(倦怠感) 腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ) 不正出血 不定愁訴 慢性疲労症候群 卵巣の痛み/違和感

 

こころの症状

アドバイス脳(脳支配) 完璧主義 危険察知能力 気象病/天気痛 急性ストレス障害 思考の切上げ 自己犠牲 自己脳(脳支配) 社会不安障害/社交不安障害(SAD) 弱思考 全般不安症/全般性不安障害(GAD) 双極性障害 都合のいい人 能力者の情緒不安定 能力性広場恐怖症 能力性パニック 能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害) 不安思考 不安障害

 

状態症状

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症 アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症 音ストレス 感覚過敏 気候不調 空間が歪む/地面がゆれる 邪気異常 邪気中毒 施術異常 つきまとい行為 光ストレス 能力者の失語 パーソナリティー障害 見えている世界が暗く感じる

 

その他の症状

頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状・あなたはこうね、またはこうだといつも決めつけられること・言いたいことが言えない・依存症・いつも大きな試練があってツラいこと・円背(猫背)・お尻の痛み・音や文字が形で見えてツラいこと・解離性障害・顔色が悪い・過敏・髪の毛の傷み・身体が動きにくい・寒暖差疲労・関節の痛み・頑張らないと生きられないこと・気分の落ち込み・強迫症/強迫性障害・薬が効かない・下痢と嘔吐が一緒にでる・声が出ない・心も体も重い疲れ・コミュニケーション症・左右の足のバランスが悪さ死にたい不安感・自分がない・自分の感情が分からない・邪気を受けること・睡眠障害・すぐ落ち込む・座っていられない・摂食障害・咳が出る・選択性緘黙/場面緘黙症・全身の激痛・全身の冷え・全身のほてり・繊細・体臭が臭い・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)・タイムスリップ・タイムリープ・体力がない・立っていられない・他人と比較してしまうこと・楽しい気分で居てはいけない気がする・適応障害・手に力を入れていないと座っていられない・テレポーテーション・テレパシー・統合失調症・寝ているのもツラい・認知症・NO!と言えない・喉が詰まる・喉の違和感と苦しみ・乗り物酔い・肌荒れ(とくに顔、手、腰、の肌のかさつき、かゆみ等)・発達性協調運動症・パニック症/パニック障害・冷や汗かく・敏感・二日酔い・めまい・眼を開けていられない・朦朧とする・文字がぼやけて読めない・良い悪いが自分で判断できない・理解障害離人現実感喪失症候群 など 

「敏感」で過敏」で。

どこに行っても改善しない「こころ」や「身体」の症状

不可思議な現象など、そのお悩みが無くなります


おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA