能力者の風邪症候群

ベーシックコースで卒業

能力者の風邪症候群とは

「インフルエンザ+風邪」が混ざったような症状が頻繁に出ることを指しますが、能力者にはとてもよくある症状の1つになります。

多くの能力者が、毎月「インフルエンザ+風邪」が混ざったような症状がでる、または、治ってもすぐに同じような症状になってしまうということがおこります。

さらに、ひどい状態になると、風邪症候群になった後、寝たきりになりなってしまう方もいらっしゃいます。

 

 

 

インフルエンザのご説明

インフルエンザは普通の風邪とは異なります。

◆特徴◆

発症時期: 季節性がある(12月-3月)

主な症状:全身症状

症状の進行:急激に発症することが多い

発熱:高熱(38℃以上)になることが多い

主症状:咳、のどの痛み、鼻水、関節痛、筋肉痛、頭痛、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」など

 

インフルエンザの症状には個人差があり、高熱にならない人もいます。また、全身状態が強いことも弱いこともあります。

 

 

 

風邪のご説明

風邪の多くは、発症後の経過がゆるやかで、発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。

◆特徴◆

発症時期:1年を通して見られる

主な症状:上気道症状

症状の進行: ゆっくり経過することが多い

発熱:通常は微熱(37~38℃)

主症状:くしゃみ、のどの痛み、鼻水、鼻づまり など

 


 

🔼クリックをしてご覧ください

🔼クリックをしてご覧ください

タイトルとURLをコピーしました