電話でお問い合わせ

08098308349

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

ホームページリニューアルにつきまして

テーマエラーにより、ホームページ内容が消えてしまった部分があります。ただいま、再度記載をしております。

トップメニュー「ご来店されているお客様の特徴」
こちらの「改善症状」の症状説明も消えてしまった部分があります。
以前の内容に加えて、さらに当サロンで改善する症状内容をくわしくプラスしています。

たくさん改善する症状がありますので、すべての症状を記載するまでに、半年はかかりそうですが、随時UPされていきますので、楽しみにしていてください。

みなさまに見やすく分かりやすいサイトとなるように、これからも努めてまいります。



ご来店されているお客様の特徴

改善症状:背中のこり

背中のこりとは

背の中央や背骨のあたりが張ったり、痛んだり、こわばったり、だるくなったりする症状で、背中だけでなく肩から腰にかけての部分にも症状が表れる。

背中には姿勢を保つ筋肉があり、普段の使い方、姿勢の悪さなどにより筋疲労を起こしてしまいます。肩こりに連動して起こることが多くあります。

 

おもに筋肉は大きく分けて「表層筋」と「深層筋」の二種類の筋肉で構成されています。

  • 板状筋(ばんじょうきん)
  • 肩甲挙筋(けんこうきょきん)
  • 上後鋸筋(じょうこうきょきん)
  • 菱形筋(りょうけいきん)小菱形筋、大菱形筋
  • 僧帽筋(そうぼうきん)上部、下部、中部
  • 広背筋(こうはいきん)
  • 三角筋(さんかくきん)
  • 棘上筋(きょくじょうきん)
  • 棘下筋(きょくかきん)
  • 小円筋(しょうえんきん)
  • 大円筋(だいえんきん)
  • 肩甲下筋(けんこうかきん)
  • 烏口腕筋(うこうわんきん)
  • 下後鋸筋(かこうきょきん)
  • 脊柱起立筋せきちゅうきりつきん

 

背中の張り、こりの主な原因

  • デスクワーク(パソコン、勉強など)
  • 重いかばんを毎日持っている
  • 手仕事・家事
  • 普段の姿勢、骨格(猫背)
  • 普段の姿勢、骨格(生理的弯曲減少(ストレート))
  • 運動不足(筋力の低下・筋肉の柔軟性の低下)
  • ストレス
  • 冷え症

 

 

 

当サロンにご来店されている方は

肩甲骨(けんこうこつ)を支える筋肉がこる方が多いです。運動やストレッチなど、背中のこりに効果的と言われることをおこなっても、ヒリヒリと痛みが続いたり、重く動かしにくい状態がつづき、どんどん疲れが溜まっていってしまう。このような方が改善をしています。

 

スクールに通われると

長時間の作業が可能になります。

こりや痛みを気にしない生活ができます。

疲れにくい身体になります。

痛みが出にくい身体になります。

身体のこりや疲れが出ても少し休めば回復をする身体になります。

どこに行っても改善しない

不可思議な症状や現象など、そのお悩みが無くなります

広告

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Follow Me!