電話でお問い合わせ

08098308349

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

感覚過敏の一種

視覚過敏とは

  • 蛍光灯のちらつき、わずかな明かりや光が気になる
  • ちょっとした陽射しが目に突き刺さるほど眩しく感じる
  • モニターや画面を見ているとすぐに疲れる
  • テレビやパソコンの画面から目をそらす
  • 太陽光のまぶしさや蛍光灯のちらつき、パソコンの画面や紙の白さが、鏡に光を反射したように異常に眩しく感じられ、目を開けていることや見ていること、そこにいることができない
  • どんなものも眩しくて、目を開けていられない
  • 本の文字が歪んだりにじんだりして、読むのが困難
  • フラッシュをいらがる、チカチカする光をいやがる
  • 色の組み合わせなどとても苦手なものがある
  • 反射やまわっているものなどに、ずっと注目している
  • 人混みなど動くものがたくさん入ると凄く疲れる(音の刺激も重なる)

 

上記記載が該当される方は
基本的には病院で以下のように診断されます。

視覚過敏 発達障害児・者は視覚的学習が比較的得意であると言われる一方で、明るさや色に対して過敏であることが多い。

アメリカ精神医学会の診断基準『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』)において、発達障害の自閉スペクトラム症の特性のひとつとして感覚過敏性などの感覚異常。

 


当サロンでは感覚過敏は動物的な能力の高いかたと判断します。

視覚過敏は少しの動きや少しの光で情報をキャッチできます。

人間の世界で生きているとテレビやパソコン、文字や映像・・・
ずっと同じ作業をしていることの多い人間世界では視覚は鈍感な方が良い事が多いですよね。

見て→感じて→考えて→行動する
この全ての時間がないと人間の世界では生きにくいです。

少しの時間、見るという時間さえ苦痛と感じてしまう場合はとても辛いと思います。

でもご安心ください。
視覚過敏は改善します。
普通の人の視覚になります。

光に対して
まぶしさ・目が回る・気持ち悪い・体が凝る・苦手・にげる、など
視覚に関して全て正常になります。

悩まれている方はぜひmomoco-happinessスクールへいらしてくださいね☘

おまちしております☘

 

 

ご予約はこちらからどうぞ☘

 

HSP・エンパス・逆エンパス攻略スクールに戻る

Follow Me!