電話でお問い合わせ

08098308349

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

ホームページリニューアルにつきまして

テーマエラーにより、ホームページ内容が消えてしまった部分があります。ただいま、再度記載をしております。

トップメニュー「ご来店されているお客様の特徴」
こちらの「改善症状」の症状説明も消えてしまった部分があります。
以前の内容に加えて、さらに当サロンで改善する症状内容をくわしくプラスしています。

たくさん改善する症状がありますので、すべての症状を記載するまでに、半年はかかりそうですが、随時UPされていきますので、楽しみにしていてください。

みなさまに見やすく分かりやすいサイトとなるように、これからも努めてまいります。


ご来店されているお客様の特徴

改善症状:気象病・天気痛

 

気象病・天気痛とは

病気のなかで、気象の影響を受けるものを総称して「気象病」と呼びます。

そして、全国で1000万人以上が悩んでいると言われる「天気病」は、気象病外来・天気痛外来を立ち上げた佐藤 純医師が名付けた病気で、天気が悪くなると痛みが悪化したり、寒暖差による不調が出ることを指します。

長い間、その医学的な理由は分からないままだったため、まだ、体調に影響することは無いという方もいらっしゃいますが、近年では、気温や湿度、気圧の変化が体調に影響することが明らかになっています。

気象痛・天気痛が起こりやすい人は、新幹線や飛行機での移動時やエレベーターの昇降時にも症状が現れることがあります。

 

 

 

症状

症状やその重さも人によって様々です。

・「もうすぐ雨が降りそう」など、天気の変化を感じる

・数日前~直前の雨が降る前や、降っているときに、頭痛が起こる

・雨が降る前や降っている時に、眠気、めまい、頭痛などの体調不良がみられる

・季節の変わり目は具合が悪い

・寒さが苦手。冷え性

・乗り物酔いしやすい。飛行機や新幹線、高いところが苦手

・耳鳴りしやすい。耳抜きが苦手

・神経痛の悪化

・腰痛

・首痛

・眠気

・耳の症状

・気分の落ち込み

・不安症

・耳鳴り

・倦怠感

・うつ

・肩こり

・寒暖差疲労

など

 

 

 

原因

主な原因としては気圧の変化が関係しています。
気圧の変化を感じ取るのが、耳の奥にある内耳(ないじ)になります。

気圧が変化すると内耳が反応し、交感神経が活発になります。この内耳のセンサーが敏感だと、わずかな気圧の変化でも交感神経が過剰に刺激されて、不調が起こります。

 

 

 

予防

内耳の血行と関係が深いため、耳の血行をよくすること。

予兆を感じた段階で内耳の血行が悪くなりはじめているため、「耳マッサージ」をすぐにしてみましょう。その他、ホットタオルを耳に当てみたりと耳を冷やさないように心がけて、朝、昼、夜をメリハリのある生活をしましょう。

 

当サロンにいらっしゃっている方は

病院に行っても少しも良くならない方、何年も寝たきりを繰り返し、病名などに納得がいかない方が改善をされています。

悩まれている方はぜひmomoco-happinessスクールへいらしてください。

どこに行っても改善しない

不可思議な症状や現象など、そのお悩みが無くなります

広告

 



おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA