疲労感・だるさ(倦怠感)

ベーシックコースで卒業

疲労感・だるさ(倦怠感)とは

発熱、痛みとともに、体を一定に保つ恒常性(ホメオスタシス)に対するアラーム機構だといわれています。疲れやだるさを感じるときは「休みなさい」という、体が発する危険信号のひとつとされており、休息を必要としているサインです。

以前には、「疲労・倦怠感」は、運動などにより体の中に乳酸が蓄積することで起こる、と考えられていましたが、これは一過性あり、運動後1時間以内には元のレベルまで戻ります。1カ月以上にわたり疲労感やだるさなどの症状が出ることを指します。

 

 

 

症状

・強い倦怠感があり、日常生活にも支障がでている

・立っている、または座っている、と物事を考えたり、判断するのが難しいと感じる

・眠れない、またはぐっすり寝た気がしない

・活動後は強い疲労や倦怠感を感じる(運動や家事を含む)

・日常的に疲労感やだるさ(倦怠感)を感じる

・身体に元気がない、やるきがない

 

 


 

🔼クリックをしてご覧ください

🔼クリックをしてご覧ください

タイトルとURLをコピーしました