眼精疲労

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

眼精疲労とは

目が疲れる・目がかすむ・目が痛い・しょぼしょぼするなどの休んでも回復しない目と全身の症状のことで、目の病気の一つです。

「頑固な目の疲れ、それに伴いでてくる様々な症状」=「眼精疲労」

「目が疲れる」「目が痛い」「目が充血する」といったことは、誰でも日常よく経験します。でも、たいていはしばらくすると忘れてしまいます。しかし、症状が頑固に続いたり、からだに悪影響が及ぶこともあり、医学的にはこのような状態を「眼精疲労」と呼んで、単なる目の疲れである「眼疲労」と区別をしています。

 眼精疲労は、何らかの手を打たなければ、自然には治りません。不快な症状がいつまでも続き、その症状がさらに状態を悪化させることもあります。

 

症状

①目の症状
  • 目の奥が痛む
  • 目の奥が熱い
  • 目が重い
  • 目がかすむ
  • 目の疲れを感じる
  • まぶたがけいれんする
  • 目の乾きを感じる
  • 涙がよく出る
  • ものが見えにくくなった
  • まぶしい
  • 充血する
  • まぶたがピクピクする
  • まばたきが多くなる
  • 目の中に異物が入っている感じがある

 

②全身の症状

頭痛、首や肩のこり、イライラ感、吐き気など

  • 頭痛がある
  • ひどい肩こりに悩まされている
  • 吐き気がする
  • パソコンの画面を見ていると眠気を感じる
  • 遠視、近視、乱視、老視斜視などの眼球の向きの異常
  • 調節障害、老視、斜視、などの調節異常
  • メガネやコンタクトレンズの矯正不良
  • 遠視、近視、乱視の矯正が不適切や円錐角膜などの屈折異常
  • アレルギー性結膜炎
  • 白内障、緑内障
  • ストレス
  • 不眠症
  • 自律神経失調症
  • 更年期障害
  • ドライアイ

など

 


 

🔼クリックをしてご覧ください

🔼クリックをしてご覧ください

タイトルとURLをコピーしました