背中のこり

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

背中のこりとは

背の中央や背骨のあたりが張ったり、痛んだり、こわばったり、だるくなったりする症状で、背中だけでなく肩から腰にかけての部分にも症状が表れる。

背中には姿勢を保つ筋肉があり、普段の使い方、姿勢の悪さなどにより筋疲労を起こしてしまいます。肩こりに連動して起こることが多くあります。

 

「表層筋」と「深層筋」

おもに筋肉は大きく分けて「表層筋」と「深層筋」の二種類の筋肉で構成されています。

  • 板状筋(ばんじょうきん)
  • 肩甲挙筋(けんこうきょきん)
  • 上後鋸筋(じょうこうきょきん)
  • 菱形筋(りょうけいきん)小菱形筋、大菱形筋
  • 僧帽筋(そうぼうきん)上部、下部、中部
  • 広背筋(こうはいきん)
  • 三角筋(さんかくきん)
  • 棘上筋(きょくじょうきん)
  • 棘下筋(きょくかきん)
  • 小円筋(しょうえんきん)
  • 大円筋(だいえんきん)
  • 肩甲下筋(けんこうかきん)
  • 烏口腕筋(うこうわんきん)
  • 下後鋸筋(かこうきょきん)
  • 脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)

 

引用:
タイトルとURLをコピーしました