能力性弱視

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

能力性弱視とは

一般的な大人の弱視(ロービジョン)とは病気や合併疾病が原因で発症していますが、能力性弱視は動物能力がとても高い(強い)ために、目で見られる範囲が、見えない、見えづらい、または、ぼやける、という症状のことを指します。

能力の症状は、何段階もの状態や症状が身体(エネルギー体)の変化と共にあります。

これは動物能力に比例して変化をしていきます。そのため年齢は関係ありません。

眼科や病院では、病気や異常が出ないことが特徴です。

 

 

 

症状

症状の特徴としては、自分で目の異変に気づいたころにはすべての症状が出ている

 

すべての症状はこちらです。

・視界がぼやける

・頭痛

・胸の痛み

・身体循環が悪くなる、冷え

・身体が固まる、こわばる

・全身倦怠感

・エンパス症状

・クレアボヤンス症状

すべての症状が年齢を問わずでます。

 

 

さらに重症化した場合の症状

・頭痛以外にも「気持ち悪さ」「ほてり」など、さまざまな身体症状がでる

・寝たり起きたりを繰り返す

・寝たきり

・どこにも心休まる場所が見つからない

・身体重圧感

・全身のこり(硬くヒリヒリとしたこり)

・視界が見えなくなり日常生活がおくれなくなる

など

 


 

🔼クリックをしてご覧ください

🔼クリックをしてご覧ください

タイトルとURLをコピーしました