電話でお問い合わせ

08098308349

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

ホームページリニューアルにつきまして

テーマエラーにより、ホームページ内容が消えてしまった部分があります。ただいま、再度記載をしております。

トップメニュー「ご来店されているお客様の特徴」
こちらの「改善症状」の症状説明も消えてしまった部分があります。
以前の内容に加えて、さらに当サロンで改善する症状内容をくわしくプラスしています。

たくさん改善する症状がありますので、すべての症状を記載するまでに、半年はかかりそうですが、随時UPされていきますので、楽しみにしていてください。

みなさまに見やすく分かりやすいサイトとなるように、これからも努めてまいります。


ご来店されているお客様の特徴

改善症状:能力性腰痛・腰痛

 

能力性腰痛・腰痛とは

能力性腰痛とは、能力を持っている方は腰痛持ちが多いです。年齢を重ねるごとに、症状はひどく痛みが重くなるのが特徴です。ひどい場合には寝たきりになってしまい何年も身動きがとれなくなってしまいます。

 

能力性腰痛の症状

・何をしたわけでもないのに痛みがある

・痛くて息が出来ない

・しびれる

・ストレスがかかると痛みが強くなる

・特定の場所や特定の人に会うと痛む

・外に出かけると痛む

・疲れてくると痛む

・感情が動くと痛む

・毎日痛みがある、または何をしても痛みがある

・寝たきり、または起き上がれない時がある

・しっかりとした姿勢で立てない、または立ってていられない

ストレスをため込んでいる

・倦怠感が強く、疲労しやすい

など

 

 

能力性腰痛の原因

能力腰痛の原因は、「能力の調整が出来ていないこと」や「邪気異常」によって出てきている症状になります。

 


一般的な「腰痛」

腰痛とは、病名ではなく体に表れる症状の名前になります。

腰痛が起こる原因はさまざまありますが、複数の要因が絡んでいる場合、多くは原因不明の場合が多く15%程度は原因を特定できる「特異的腰痛」のようです。

原因となる代表的な病気としては椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、骨粗しょう症が挙げられます。これらはいずれも背骨の神経(脊髄神経根)が圧迫されていることで痛みが起こり、圧迫がひどいときには、脚の筋力低下やしびれを伴います。

そして、激しい運動後の腰痛や急激に重いものを持ったり、無理な姿勢によって繰り返して筋肉に負荷をかけたりすると、筋膜性疼痛症候群(筋筋膜性腰痛)という病気になることもあります。

腰痛は早期発見が必要な重い病気が隠れていることもあります。神経、内臓、血管、心因性の病気などが原因で起こり、特に内臓の病気や脊椎の腫瘍・感染・炎症・外傷などが原因になっている場合は、早めに見つけて治療する必要があります。

女性の場合

生理や妊娠など、女性特有の原因で起こる腰痛もあります。

生理痛が強いと腹部痛だけでなく腰痛を伴うことがあり、身体的・精神的な負担から腰痛が慢性化することもあります。また、体内ホルモンバランスが変わり腰痛が起こりやすくなることがあります。

 

 

 

症状

・じっとしていても痛む
・背中が曲がってきた
お尻や脚が痛む、しびれる
・脚のしびれにより長く歩けない
・体を動かしたときだけ 腰だけ痛む
・慢性的な腰痛がある
・もむと楽になる(入浴するとやわらぐ)
・動かすと痛い、しびれる
・痛くて動けない

など

 

 

 

原因

➀長時間の座りっぱなし、立ちっぱなし、中腰などの無理な姿勢を続けることで腰の筋肉が緊張して、筋肉が疲労して血行が悪くなり腰に痛みが起こります。

②運動不足、筋肉退化による筋力低下

過剰な動きや無理な負担

運動や過度な動きによって筋肉が疲労し、徐々に緊張を強めてしまい腰痛を引き起こします。また、無理な力がかかるような動作を行い腰痛を招くことがあります。

➃腰痛の原因となる主な疾患

ぎっくり腰や椎間板ヘルニア、脊椎分離症、すべり症、腰部変形性脊椎症、腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症なども腰痛を引き起こします。また、腎結石や尿管結石、子宮筋腫、子宮内膜症、うつや自律神経失調症などでも腰痛が起こることがあります。

日常生活でできる予防法

1.姿勢に気をつける

2.腹筋と背筋を鍛える

3.靴の選び方やバッグの持ち方に注意する

4.重いものを力任せに持ち上げない

など

 

 

危険ではない腰痛の対処法

病院に行くほどではない腰痛の場合は、次のような対策をとると効果が期待できます。

ウォーキングのような適度な運動を行う
有酸素運動を毎日行うと、脳の血流がアップし、痛みを抑える物質が増えてきます。

・できる範囲で通常の生活を続けること
普段どおりに過ごすことが大切です。できる範囲でいつもどおりの生活を続けます。

・ストレス対策を行う
アロマなどの匂いをかぐことや好きな音楽聴いたりや映画など観たりと、日常生活の中にリラックス時間をつくることがおすすめです。

冷やして炎症を抑える

腰を温めて血行を良くする

病院で診察を受ける

患部が熱を持ち、痛みが続くときや、足のしびれが続くときには、整形外科などで早めに診察を受けましょう。

 

 

 

当サロンにいらっしゃっている方は

能力性腰痛・腰痛のどちらの症状も改善されています。能力者の方は寝たきりの方でも改善します。寝たきりの方でスクールが受講できない方は、エネルギー施術で改善をしていき、その後、スクール受講をおススメします。

悩まれている方はぜひmomoco-happinessスクールへいらしてください。病院に行っても少しも良くならない方、病名に納得がいかない方が改善をされています。

どこに行っても改善しない

不可思議な症状や現象など、そのお悩みが無くなります

広告

 

 


 

 

HSP・エンパス・逆エンパス

敏感・過敏な人生の攻略スクール

 

丁寧に1人1人の症状に合わせてマンツーマン・スクール

 

ご自分のお悩みを素直に質問応答できて

細かいところまでの改善を目指します

丁寧に 丁寧に

あなたのペースで

あなたのお悩みが改善します

改善症状

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

悪夢障害 アダルトチルドレン/機能不全家族(毒親) エンパス

逆エンパス たくさんの能力 単純意識 寝たきり 脳回転障害 発達障害 発達性ディスレクシア/読み書き障害 巫女気質・精霊異常 離人感/現実感消失症 ADHD(注意欠如多動性障害) ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害) Clair(クレア) Clairaudience(クレアオーディエンス) Claircognizance(クレアコグニシンス) Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス) Clairtangency(クレアタンジェンシー) Clairvoyanceクレアボヤンス) Crystal Children(クリスタルチルドレン) DCD(発達性協調運動障害) HSP Indigo Children(インディゴチルドレン) Rainbow Children(レインボーチルドレン) SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

身体症状

咽喉頭異常感症/ヒステリー球 肩こり 眼精疲労 気象病/天気痛 虚弱体質 首こり(頸椎の後ろ側) 首こり(頸椎の前側) 過敏性腸症候群 身体に力が入る 気持ち悪さ 首のしこり 鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり こわばり感 頭痛 背中のこり 線維筋痛症 手の違和感/痛み 認知機能障害 能力者の風邪症候群 能力者の眠気 能力者の腫れ/むくみ 能力者の冷え性 能力者の変形性関節症 能力性弱視 能力性脱力マヒ 能力性肌異常 能力性疲労 能力性腰痛/腰痛 疲労感/だるさ(倦怠感) 腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ) 不正出血 不定愁訴 慢性疲労症候群 卵巣の痛み/違和感

 

こころの症状

アドバイス脳(脳支配) 完璧主義 危険察知能力 気象病/天気痛 急性ストレス障害 思考の切上げ 自己犠牲 自己脳(脳支配) 社会不安障害/社交不安障害(SAD) 弱思考 全般不安症/全般性不安障害(GAD) 双極性障害 都合のいい人 能力者の情緒不安定 能力性広場恐怖症 能力性パニック 能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害) 不安思考 不安障害

 

状態症状

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症 アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症 音ストレス 感覚過敏 気候不調 空間が歪む/地面がゆれる 邪気異常 邪気中毒 施術異常 つきまとい行為 光ストレス 能力者の失語 パーソナリティー障害 見えている世界が暗く感じる

 

その他の症状

頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状・あなたはこうね、またはこうだといつも決めつけられること・言いたいことが言えない・依存症・いつも大きな試練があってツラいこと・円背(猫背)・お尻の痛み・音や文字が形で見えてツラいこと・解離性障害・顔色が悪い・過敏・髪の毛の傷み・身体が動きにくい・寒暖差疲労・関節の痛み・頑張らないと生きられないこと・気分の落ち込み・強迫症/強迫性障害・薬が効かない・下痢と嘔吐が一緒にでる・声が出ない・心も体も重い疲れ・コミュニケーション症・左右の足のバランスが悪さ死にたい不安感・自分がない・自分の感情が分からない・邪気を受けること・睡眠障害・すぐ落ち込む・座っていられない・摂食障害・咳が出る・選択性緘黙/場面緘黙症・全身の激痛・全身の冷え・全身のほてり・繊細・体臭が臭い・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)・タイムスリップ・タイムリープ・体力がない・立っていられない・他人と比較してしまうこと・楽しい気分で居てはいけない気がする・適応障害・手に力を入れていないと座っていられない・テレポーテーション・テレパシー・統合失調症・寝ているのもツラい・認知症・NO!と言えない・喉が詰まる・喉の違和感と苦しみ・乗り物酔い・肌荒れ(とくに顔、手、腰、の肌のかさつき、かゆみ等)・発達性協調運動症・パニック症/パニック障害・冷や汗かく・敏感・二日酔い・めまい・眼を開けていられない・朦朧とする・文字がぼやけて読めない・良い悪いが自分で判断できない・理解障害離人現実感喪失症候群 など 

「敏感」で過敏」で。

どこに行っても改善しない「こころ」や「身体」の症状

不可思議な現象など、そのお悩みが無くなります


おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA