能力者の腫れ・むくみ

能力者の腫れ・むくみとは

一般的には泣いたりすると「まぶたが腫れる」という症状がでますが、能力者の腫れ・むくみは、普段なにげなく過ごしている日常の中で、とくに何をしたわけでもないのに「まぶたが腫れる」「身体がむくむ」という症状が出ることを指します。

自分でもよく分からないのに症状がでてしまい、消えない、治らない、ということが起こります。そして、いつしか、顔や体の「腫れ」や「むくみ」が普通になってしまうということがおこります。

 

 

一般的には腫れとむくみはよく似ています。

・「腫れる(腫脹(しゅちょう))」とは

炎症などが原因でからだの組織や器官の一部に、例えば皮膚のある部分で血液の量が増加して膨らむことをいいます。赤くなったり、熱をもっているように感じたり、痛んだりします。

 

・「むくみ」とは

水の代謝に異常があったり、何らかの原因によって、血液中の水分が血管の外に異常に浸み出し、皮膚ないし皮膚の下に水分が溜まった状態です。「浮腫(ふしゅ)」ともいいます。また、病気などはっきりとした原因がないのに、全身性のむくみが周期的に起こるものを「特発性浮腫」といいます。

 

 

 

症状

朝、まぶたのむくみに困ってしまう

・枕やシーツの跡が残っている

・なんだか顔全体がむくんで顔の印象が違う

・同じ態勢で過ごすことが多い

肩こりを感じる

・よく頭痛を感じる

・あまり汗をかかないほうだ

・運動不足

疲れやすい

・ストレスを感じやすい

・足がしびれることがある

・肌乾燥をする

・頻尿である

・全身がだるい

・足がむくんで重く感じる

・手や足の冷えがひどい

・立ち仕事、座り仕事など長時間の姿勢がつらい

など

 

 

一般的なむくみの原因

人間の体のおよそ60%は水分です。

そのうち40%は細胞内の細胞内液に、20%は細胞外の細胞外液にあり、むくみに関わってくるのは細胞外液です。
細胞外液は通常、血漿やリンパ液の血液が5%、細胞と細胞の間にある組織間液が15%の割合で成り立っています。体内の水分の割合はつねに維持されていますが、そのバランスが崩れてしまい、これらの水分が毛細血管から細胞の間を多く流れ出たり、毛細血管やリンパ管へ吸収される水分が減ることによって、むくみは起こります。

 

そして原因を勘違いしていたら、一般的な「むくみ」の改善にもなりません。

以下のような俗説を信じていたら、間違った対処をしていないでしょうか。

 

・むくみ解消のために水分を控える

むくみの主な原因は、水分量ではなく血液循環の不良ですので、それを取り除かなければ、むくみは改善しません。

・アルコールのせいでむくむ

飲酒は適量に留めることが好ましいですが、お酒を我慢してもむくみ解消の効果はありません。

・ダイエットでむくみは解消する

食事制限による無理なダイエットで栄養バランスが乱れると、体内の水分調節に必要な栄養素の摂取も減ってしまい、かえってむくむこともあるのです。

 

 

 

むくみやすい人の特徴

・食生活の乱れ:とくにタンパク質不足

 

・ミネラルの不足:カリウム、マグネシウム、カルシウム、ナトリウムの4種類。

また、ケイ素の不足もむくみを助長するリスクがあります。

 

・心臓のポンプ機能の低下

動脈や静脈が何かしらの原因で弱まった場合、心臓から送り出された血液を心臓へと戻す機能が低下します。すると、血液の流れが悪くなり、手や足、顔などのからだの末端がむくみやすくなります。また、紫外線を浴び続けることも、ダメージが大きく、血管やリンパ管が脆くなって顔のむくみを引き起こす要因になります。

 

・運動不足

運動不足によって筋力が低下すると、筋肉のポンプ機能がはたらかないためにむくみやすくなります。もちろん、日常的に運動をしない方や足りない方は筋肉が少ないため、むくみやすいことは言うまでもありません。そして、運動不足になると手足の毛細血管まで血液が十分に届かなくなりますので、冷え性や血行不良となって、さらに「むくみ」が起こるのです。一般的には筋肉量が少ない女性の方がむくみやすいです。

 

・長時間同じ姿勢でいる

「立ったまま」や「座ったまま」など、同じ姿勢を長時間とっていると、ふくらはぎの血液を循環させるポンプ機能を低下させてしまうことになります。

 

・ホルモンバランスの乱れ

女性にも男性にも起こるホルモンバランスの乱れです。

女性の場合は、生理前・生理中の人、産後の人、「閉経」という大きな身体的変化に加え、ストレスなどの外的要因も影響して発症します。

男性の場合は、筋肉や骨を強くする、性機能を正常に保つ、行動力や判断力を高める、といった役割を持っているテストステロンの低下、ストレスや環境の変化などさまざまな外的要因がより大きく関わって発症します。

 

・病気

むくみがとくに関係しているのは、水分のコントロールに深く関わっている内臓の病気です。通常、一時的にむくみが生じても、健康な場合は、からだの水分が排出されればむくみは解消されます。しかし、むくみがなかなか解消されなかったり、慢性的にむくみが続く場合は、病気の可能性も考えられます。

 

 

むくみが生じる可能性のある病気は次のとおりです。

  • C型肝炎
  • 腎機能障害:腎臓病、腎不全
  • 心不全
  • 心臓弁膜症
  • 甲状腺機能低下症
  • 劇症肝炎
  • 急性糸球体腎炎
  • 急性腎障害
  • 百日咳
  • 月経前症候群

その他、ストレス過多、過労、睡眠不足や不規則な生活習慣なども、むくみの原因になることがあります。いつものむくみとちょっと違う、日に日にひどくなっていると感じたら、病院を受診しましょう。

 

 

momoco-happinessでは能力者の腫れ・むくみが改善します。

病院に行っても少しも良くならない方、病名に納得がいかない方が改善をされています。悩まれている方はぜひmomoco-happinessスクールへいらしてください。

どこに行っても治らない

こころ・身体・状態
様々な異常から卒業します
世界でここだけでしか受けられないオリジナルスクール

 


 

改善症状

momoco-happinessで改善する症状一覧です

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

 

○あいうえお順、ABC順

悪夢障害

 

アダルトチルドレン

 

エンパス

 

逆エンパス

 

たくさんの能力

 

単純意識

 

寝たきり

 

脳回転障害

 

発達障害

 

発達性ディスレクシア/読み書き障害

 

神霊異常/精霊異常

 

離人感/現実感消失症

 

ADHD(注意欠如多動性障害)

 

ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害)

 

Clair(クレア)

 

Clairaudience(クレアオーディエンス)

 

Claircognizance(クレアコグニシンス)

 

Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス)

 

Clairtangency(クレアタンジェンシー)

 

Clairvoyanceクレアボヤンス)

 

Crystal Children(クリスタルチルドレン)

 

DCD(発達性協調運動障害)

 

HSP

 

Indigo Children(インディゴチルドレン)

 

Rainbow Children(レインボーチルドレン)

 

SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

 

 

咽喉頭異常感症/ヒステリー球

 

肩こり

 

眼精疲労

 

気象病/天気痛
虚弱体質

 

首こり(頸椎の後ろ側)

 

首こり(頸椎の前側)

 

過敏性腸症候群

 

身体に力が入る

 

気持ち悪さ

 

首のしこり

 

鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり

 

こわばり感

 

頭痛

 

背中のこり

 

線維筋痛症

 

手の違和感/痛み

 

認知機能障害

 

能力者の風邪症候群

 

能力者の眠気

 

能力者の腫れ/むくみ

 

能力者の冷え性

 

能力者の変形性関節症

 

能力性弱視

 

能力性脱力マヒ

 

能力性肌異常

 

能力性疲労

 

能力性腰痛/腰痛

 

疲労感/だるさ(倦怠感)

 

腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ)

 

不正出血

 

不定愁訴

 

慢性疲労症候群

 

卵巣の痛み/違和感

 

 

 

アドバイス脳(脳支配)

 

完璧主義

 

危険察知能力

 

気象病/天気痛

 

急性ストレス障害

 

思考の切上げ

 

自己犠牲

 

自己脳(脳支配)

 

社会不安障害/社交不安障害(SAD)

 

弱思考

 

全般不安症/全般性不安障害(GAD)

 

双極性障害

 

都合のいい人

 

能力者の情緒不安定

 

能力性広場恐怖症

 

能力性パニック

 

能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害)

 

不安思考

 

不安障害

 

 

 

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症

 

アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症

 

音ストレス

 

感覚過敏

 

気候不調

 

空間が歪む/地面がゆれる

 

邪気異常

 

邪気中毒

 

施術異常

 

つきまとい行為

 

光ストレス

 

能力者の失語

 

パーソナリティー障害

 

見えている世界が暗く感じる

 

 

 

・あくびが出ない

・脚のコリ

・頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状

・頭のコリ

・あたふたする

・あなたはこうね、または、あなたはこうだといつも決めつけられる

・歩けない

 

 

・言いたいことが言えない

・息切れ

・息苦しさ

・依存症

・胃痛

・いつも大きな試練があってツラい

 

 

・うつ病

・運動障害(SBMA)

 

 

・円背(猫背)

 

 

・嘔吐

・怒っているように見える

・お尻の痛み

・音や文字が形で見えてツラい

・お腹の重さや苦しさや張り感

・重くて注射も効かない激痛の肩こり

・おりもの

 

 

・解離性障害

・顔色が悪い

・顔のコリ

・過覚醒

・過敏

・髪の毛の傷み

・寒暖差疲労

・関節の痛み

・頑張らないと生きられない

 

 

・聞こえづらい

・聞こえすぎる

・気分の落ち込み

・強迫症/強迫性障害

・筋肉のコリ

 

 

・薬が効かない

 

 

・下血

・下痢

・下痢と嘔吐が一緒におこる

・腱、靭帯、筋膜の柔軟性の衰え

 

 

・構音障害(SBMA)

・声が出ない

・こころが重い疲れ

・コミュニケーション症

 

 

・左右の足のバランスが悪い

 

 

・死にたい不安感

・自分がない

・自分の感情が分からない

・邪気を受ける

・食欲不振

・身体が動きにくい

・身体に力が入らない

・身体の重い疲れ

 

 

 

・睡眠障害

・数字恐怖症(22、33、44、など)

・少しの光さえまぶしくてツラい

・すぐ落ち込む

・座っていられない

 

 

・生理異常(痛み、血色、日数、重さ、月経前症候群(PMS))

・摂食障害

・咳が出る

・選択性緘黙/場面緘黙症

・全身がかゆい

・全身の激痛

・全身の倦怠感

・全身がこわばる

・全身の冷え

・全身のほてり

・繊細

 

 

・体温異常(平熱34度、または平熱38度など)

・体臭が臭い

・態度が悪く見える

・態度がデカく見える

・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)

・タイムスリップ

・タイムリープ

・体力がない

・立っていられない

・他人と比較してしまう

・楽しい気分で居てはいけない気がする

 

 

・適応障害

・手に力を入れていないと座っていられない

・手のコリ

・テレポーテーション

・テレパシー

 

 

・統合失調症

・動悸

・胴体のコリ

 

 

・内蔵のコリ

 

 

・認知症

 

 

・寝ているのもツラい

 

 

・NO!と言えない

・喉のつまり感

・喉の違和感と苦しみ

・乗り物酔い

 

 

・吐き気

・肌荒れ、肌乾燥(とくに顔、手、腰、のかさつき、かゆみ等)

・発汗

・発達性協調運動症

・パニック症/パニック障害

 

 

・冷や汗

・敏感

 

 

・腹痛

・二日酔い

・ふるえ

 

 

・骨のコリ

 

 

・毎日違う人にストーカーをされる

 

 

・目つきが悪い

・めまい

・眼を開けていられない

 

 

・朦朧とする

・文字がぼやけて読めない

・ものが飲み込みづらい

 

 

・良い悪いが自分で判断できない

・抑うつ気分

 

 

・理解障害

・離人現実感喪失症候群

 

 

・冷静に考えられない

・冷静に行動できない

 

タイトルとURLをコピーしました