電話でお問い合わせ

08098308349

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

パーソナリティー障害とは

パーソナリティ障害は青年期から成人早期の間に発症する精神疾患の一種で、頑固で柔軟性がなく、本人や周囲の人に苦痛をもたらす考え方や行動が長期にわたって続くという点が特徴です。

パーソナリティ障害を持っているということは、障害を抱える本人も周囲の人も気付きにくく、周囲の人に「扱いづらい人」や「変わった人」という印象を与えてしまうこともあります。

また、パーソナリティ障害の症状に当てはまっていても、本人が生きづらさを感じていない場合にはパーソナリティ障害と診断されることはありません。時にはパーソナリティ障害を持つ本人ではなく、パーソナリティ障害を持つ人に関わる人が精神的に参ってしまい、精神科を受診するケースもあります。

 

パーソナリティ障害を抱える本人の悩みで一番多いのは、人間関係を上手く築くことが困難であるため、会社の中で孤立してしまい、仕事を上手くこなしていけないということです。このような悩みは自分のパーソナリティ障害の種類やその特徴、対処法や向いている仕事に就くことで軽減することも可能です。

 

 

 

パーソナリティ障害の原因

パーソナリティ障害になってしまう原因は、大きく分けて3つあります。
ここではその3つの原因について解説していきます。

 

生まれつきの気質、遺伝的要因

生まれつきの気質に、すでにパーソナリティ障害の症状があらわれているという事があります。このような人は、幼少時から良好な人間関係を築くことが難しいことも少なくありません。
気質は、パーソナリティの基礎となるものであるため親から遺伝する可能性も否定できません。
遺伝とパーソナリティ障害の関係は未だ研究中であり、全てが明らかになっている訳ではないため、あくまで可能性の一部として考えるようにしましょう。

 

生育環境、家族との関わり方

生育環境や家族との関係は、パーソナリティに大きな影響を与えます。
家族、特に母親から適切な養育環境を与えられなかった場合などにパーソナリティ障害を発症してしまうことが考えられます。
母親の子どもに対する思いやりや、子どもの気持ちに寄り添って対処する能力が劣っている場合にも、パーソナリティ障害を発症しやすくなると言われています。

 

社会的要因(時代背景や社会の状況や価値観、社会生活における経験など)

人は成長するに従って社会に出て、さまざまなコミュニティに属しながら社会生活を送るようになります。
属するコミュニティの中で得たさまざまな経験を通して、パーソナリティが形成されていくのですが、その中でパーソナリティの偏りが起きてしまうこともあります。
コミュニティの中でパーソナリティの偏りを引き起こしてしまう原因の中には、虐待や犯罪被害、事故や病気、災害などの経験があります。

 

パーソナリティ障害を起こす原因の背景に発達障害を抱えているケースもあります。
このような場合には、他人と上手にコミュニケーションを取ることが出来ずに、良好な人間関係を築く事が難しいといった問題が起こることがあり、自分自身を否定的に捉えてしまうことも少なくありません。
自分自身を否定する経験は、パーソナリティの形成に大きな影響を及ぼす可能性があります。
近年におけるSNSの発達などといった時代や社会の価値観の変化によって、それ以前には問題にならなかった事柄が問題視されるようになるといったこともあります。

 

 

パーソナリティ障害の種類

現在の研究では、パーソナリティ障害は3つのグループと10のタイプに分類されています。
ここでは、それぞれのパーソナリティ障害のタイプについて解説していきます。

A群

A群の共通した特徴には、独自の考え方や行動を行うといったものがあります。
このA群のパーソナリティ障害は、3つのタイプに分けられます。

 

➀猜疑性(妄想性)パーソナリティ障害
この猜疑性(妄想性)パーソナリティ障害の特徴は、他者に対する不信感や猜疑心が以上に高くなるというものです。
周囲の人を信用することが出来ずに、自分は利用されているのではないかといった考えや、自分をだまそうとしているのではないかといった考えに支配されてしまいます。周囲の人から悪意や敵意を向けられているという考えを持ってしまうのが、この猜疑性(妄想性)パーソナリティ障害の特徴です。

 

②シソイド(統合失調質)パーソナリティ障害

このシソイド(統合失調質)パーソナリティ障害の特徴は、他者への関心が低く一人でいることを好み、周囲からの自分の評価を気にしないといったものです。
それ以外にも感情をあまり表に出さないという特徴もあることから、周囲の人から冷淡な人物である、鈍感な人物であると見られることもありますが、内面には豊かな自分の世界を持っていると言われています。

 

➂統合失調型パーソナリティ障害
この統合失調型パーソナリティ障害は、シゾイド(統合失調質)パーソナリティ障害と似ている傾向があります。
独り言や話の脱線、思い出し笑いをしてしまうなどがあり、周囲の人からも考え方や行動が特徴的であるという印象を持たれがちです。
対人関係にも消極的なケースが多いため、人前に出た時に無理をしてしまい、精神的に大きな負担を抱えてしまうこともあります。

 

B群

B群に分類されるパーソナリティ障害のタイプは、感情的かつ衝動的であるため、周囲を巻き込みやすいという特徴があると言われています。

このB群のパーソナリティ障害には、4つのタイプがあります。

 

➀反社会性パーソナリティ障害

反社会性パーソナリティ障害の特徴は、犯罪行為や暴力行為を罪悪感を持つことなく行ってしまうという傾向があります。
社会的なルールに無関心であったり、他人に対する共感性があまりなかったりといった特徴から、仕事や良好な人間関係の構築をスムーズに進めることが出来ないといった特徴があります。

 

②境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の特徴は、感情の波が激しく、自分で自分の感情を制御することが困難であるというものです。

「見捨てられ不安」という、自分は相手に見捨てられるのではないかという大きな不安が根底にあり、そのため人間関係が不安定になったり、問題行動を引き起こしてしまったりする傾向があります。

 

➂演技性パーソナリティ障害

演技性パーソナリティ障害の特徴は、常に注目されていたいという思いが非常に強いというものです。周囲や異性の注目を集める目的で嘘を吐き、騙したりしてしまう傾向があります。相手に合わせて外見を変えたり、流行に敏感に反応するといった特徴もあります。

 

➃自己愛性パーソナリティ
自己愛性パーソナリティ障害とは、「自分は特別な人間だ」と強く思い、非常に野心的であるため、自分以外の人間を劣った存在として扱ってしまうという特徴があります。そのため、周囲の人々への共感性も非常に低くなりがちです。
周囲からの高い評価や賞賛を強く求める傾向がありますが、その背景にはこれらの好評価や賞賛なしでは自分を愛せないということや、強い劣等感があるため、挫折に非常に弱いといった特徴があります。

 

C群

C群には3つのパーソナリティ障害がありますが、これらの共通した特徴として不安や恐怖心が非常に強いことが挙げられます。

➀回避性パーソナリティ障害

回避性パーソナリティ障害には、失敗や他者から否定されることを極度に恐れるという特徴があります。
そのため、責任ある仕事を任せられても、目立つことや失敗することを恐れて辞退してしまうといったケースも見られます。
積極的な社会参加を望まず、避ける傾向があります。
深い人間関係を望んでいても、相手に拒絶される「恐怖」が足かせとなり良好な人間関係を築くのが難しいことも特徴の一つです。

 

②依存性パーソナリティ障害

依存性パーソナリティ障害の特徴は、物事の判断や決断を自分自身で行うことができず、常に近しい人に依存してしまうというものです。依存のタイプには、自分で決断できず他人の判断に任せる「幼児型」と、自分を犠牲にして依存の対象に尽くす「献身型」または「服従型」の2つがあります。
このような依存性パーソナリティ障害を持つ人は、DVやアルコール依存症の人から被害を受けつらい思いをしていても、逃げられないといったケースが少なくありません。

 

➂強迫性パーソナリティ障害

パーソナリティ障害の特徴は、自分の中に独自のルールを持ち、それに沿って物事に完璧を求めるというものです。
自分が持つ独自ルールに合理性が無くても、そのルールを守ることに強いこだわりを持っています。
また、他人に対しても厳しい態度をとるため、良好な人間関係を築くことが難しいと言われています。

 

その他のパーソナリティ障害

受動攻撃性パーソナリティ障害
受動攻撃性パーソナリティ障害には、拒否の意思を表すのに非常にゆっくりと行動したり、頼まれごとを忘れてしまったりなどの遠回しな方法を利用するという特徴があります。
しかし、この行動は意図して行われるものではありません。
怒りや拒否などの感情を直接ぶつけることはなく、攻撃性もないことが特徴です。

 

 

全てのパーソナリティ障害に共通する傾向

パーソナリティ障害の全てに人に当てはまる思考は、二極思考です。
業務遂行のための十分な力量があるにもかかわらず、非常に低い自己評価を持っていることがほとんどです。

不安や苦痛などのストレスに弱いため、一時的なストレスの緩和を求めて自傷行為を行ってしまったり、衝動的な行動を取ってしまったりすることも少なくありません。

生活リズムや体調を崩しやすい、勤怠が安定しないといった特徴も多くのパーソナリティ障害のある人に見られる特徴です。

引用:https://www.atgp.jp/knowhow/oyakudachi/c2385/

 

 

 

momoco-happinessではパーソナリティー障害が改善します。

なお、反社会性パーソナリティ障害、演技性パーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害は除きます。

病院に行っても少しも良くならない方、病名に納得がいかない方が改善をされています。悩まれている方はぜひmomoco-happinessスクールへいらしてください。

どこに行っても治らない

こころ・身体・状態
様々な異常から卒業します
世界でここだけでしか受けられないオリジナルスクール

こどもから おとなまで 通えるサロン

優しさのまんま そのままの自分で

普通の人になる♪

優しさのまんま生きよ♪

 


momoco-happiness

悩む人生を終わりに

 

 

1人1人のお悩みの症状、現象、異常、状態に合わせておこなうパーソナルケアも充実!

150種類以上の異常が改善!

改善症状

 

momoco-happinessで改善する症状一覧です

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

 

能力症状

悪夢障害 アダルトチルドレン

エンパス 逆エンパス たくさんの能力 単純意識 寝たきり 脳回転障害 発達障害 発達性ディスレクシア/読み書き障害 神霊異常/精霊異常 離人感/現実感消失症 ADHD(注意欠如多動性障害) ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害) Clair(クレア) Clairaudience(クレアオーディエンス) Claircognizance(クレアコグニシンス) Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス) Clairtangency(クレアタンジェンシー) Clairvoyanceクレアボヤンス) Crystal Children(クリスタルチルドレン) DCD(発達性協調運動障害) HSP Indigo Children(インディゴチルドレン) Rainbow Children(レインボーチルドレン) SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

身体症状

咽喉頭異常感症/ヒステリー球 肩こり 眼精疲労 気象病/天気痛 虚弱体質 首こり(頸椎の後ろ側) 首こり(頸椎の前側) 過敏性腸症候群 身体に力が入る 気持ち悪さ 首のしこり 鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり こわばり感 頭痛 背中のこり 線維筋痛症 手の違和感/痛み 認知機能障害 能力者の風邪症候群 能力者の眠気 能力者の腫れ/むくみ 能力者の冷え性 能力者の変形性関節症 能力性弱視 能力性脱力マヒ 能力性肌異常 能力性疲労 能力性腰痛/腰痛 疲労感/だるさ(倦怠感) 腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ) 不正出血 不定愁訴 慢性疲労症候群 卵巣の痛み/違和感

 

こころの症状

アドバイス脳(脳支配) 完璧主義 危険察知能力 気象病/天気痛 急性ストレス障害 思考の切上げ 自己犠牲 自己脳(脳支配) 社会不安障害/社交不安障害(SAD) 弱思考 全般不安症/全般性不安障害(GAD) 双極性障害 都合のいい人 能力者の情緒不安定 能力性広場恐怖症 能力性パニック 能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害) 不安思考 不安障害

 

状態症状

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症 アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症 音ストレス 感覚過敏 気候不調 空間が歪む/地面がゆれる 邪気異常 邪気中毒 施術異常 つきまとい行為 光ストレス 能力者の失語 パーソナリティー障害 見えている世界が暗く感じる

 

その他の異常症状

あくびが出ない・脚のコリ・頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状・頭のコリ・あたふたする・あなたはこうね、または、あなたはこうだといつも決めつけられる・歩けない・言いたいことが言えない・息切れ・息苦しさ・依存症・胃痛・いつも大きな試練があってツラい・うつ病・円背(猫背)・嘔吐・怒っているように見える・お尻の痛み・音や文字が形で見えてツラい・お腹の重さや苦しさや張り感・重くて注射も効かない激痛の肩こり・おりもの・解離性障害・顔色が悪い・顔のコリ・過覚醒・過敏・髪の毛の傷み・寒暖差疲労・関節の痛み・頑張らないと生きられない・聞こえづらい・聞こえすぎる・気分の落ち込み・強迫症/強迫性障害・筋肉のコリ・薬が効かない・下血・下痢・下痢と嘔吐が一緒におこる・腱、靭帯、筋膜の柔軟性の衰え・声が出ない・こころが重い疲れ・コミュニケーション症・左右の足のバランスが悪い・死にたい不安感・自分がない・自分の感情が分からない・邪気を受ける・食欲不振・身体が動きにくい・身体に力が入らない・身体の重い疲れ・睡眠障害・数字恐怖症(22、33、44、など)・少しの光さえまぶしくてツラい・すぐ落ち込む・座っていられない・生理異常(痛み、血色、日数、重さ、月経前症候群(PMS))・摂食障害・咳が出る・選択性緘黙/場面緘黙症・全身がかゆい・全身の激痛・全身の倦怠感・全身がこわばる・全身の冷え・全身のほてり・繊細・体温異常(平熱34度、または平熱38度など)・体臭が臭い・態度が悪く見える・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)・タイムスリップ・タイムリープ・体力がない・立っていられない・他人と比較してしまう・楽しい気分で居てはいけない気がする・適応障害・手に力を入れていないと座っていられない・手のコリ・テレポーテーション・テレパシー・統合失調症・動悸・胴体のコリ・内蔵のコリ・認知症・寝ているのもツラい・NO!と言えない・喉のつまり感・喉の違和感と苦しみ・乗り物酔い・吐き気・肌荒れ、肌乾燥(とくに顔、手、腰、のかさつき、かゆみ等)・発汗・発達性協調運動症・パニック症/パニック障害・冷や汗かく・敏感・腹痛・二日酔い・ふるえ・骨のコリ・毎日違う人にストーカーをされる・目つきが悪い・めまい・眼を開けていられない・朦朧とする・文字がぼやけて読めない・ものが飲み込みづらい・良い悪いが自分で判断できない・抑うつ気分・理解障害・離人現実感喪失症候群・冷静に考えられない・冷静に行動できない、など

 

ご予約・ご相談はこちら