Basic course

気を整える

はじめての方でも簡単で分かりやすいエネルギーワーク(気の整え方)をお伝えしていきます。

まずは身体も心も楽に気を抜くことからはじめていきます。

胸の呼吸を意識しながら大きく息をしていきます。

このとき、手のひらを上に向けて肩の力を抜きます。

首を左右に振り、大きく息をしてリラックスです。

 

食を整える


飲料水や食事など、人の口に入るもの(食)を整えていきます。

エネルギーがみなぎり、どんなことが起きても

折れない疲れ知らずの心と身体と状態にしていきます。

まずは人という動物が必要な栄養素を知っていただきます。

何をどれだけ食べなくてはいけないのかを知り、食生活を変えていただきます。

焼くだけ、混ぜるだけのとても簡単なズボラさんでもできる食生活を実践していただきます。

 

体を整える

HSP・エンパス・逆エンパスのかたは、骨格を正常に使えていません。

人の骨格は基盤となり、基盤が正常ではない場合は、すべてに異常が出ます。

その基盤の上に積み上げられる正常な骨格を作っていきます。

まずはヨガマットに横になり身体をぐーっと気持ちよーく伸ばしていきます。

身体を整える時間は1分、2分から始めていきましょう。

慣れてきても、身体を整える時間は最大10分まででやめていただきます。

 

 



スクールを受講したその日から実感します

こどもから おとなまで

お悩み0へ

不快0へ

生きづらさ0へ

優しくそのままの自分で

辛く苦しい生きづらさから卒業できます


 

ベーシックコース

Basic course

基礎技術の習得

 


 

 

 

ベーシックコースで卒業

寝たきり

「どこも悪くないのにどうしても起き上がることができない」「身体を動かそうとしても言うことを聞かない」「何か月、何年、何十年と寝たきりを繰り返す」など病院の検査では特定の異常が出ないのに「寝たきり」の状態になってしまうことを指します。また寝たきりに伴い「廃用症候群(生活不活発病)」「ロコモティブシンドローム(運動器症候)」など、さまざまな症候が起こる事も含みます。

寝たきりを詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

発達障害

世間一般には、自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、限局性学習障害(SLD)の3つが、「発達障害」として捉えられることが多く「先天的な脳機能の障害」です。
発達障害を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

離人感・現実感消失障害(離人症性障害)

解離性障害の一種です。

解離性障害は解離性同一性障害(解離性同一症)・離人感・現実感消失障害(離人症性障害)・解離性健忘・特定不能の解離性障害の大きく4つに分けられており、解離の間に起きる症状が少しずつ異なります。

解離性障害とは、

「自分が自分としてまとまっている感覚や自分はこういう存在であるという感覚(自己同一性)」が弱くなったり、失われたりしてしまうことです。

離人感/現実感消失症を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

ADHD(注意欠如多動性障害)

「注意欠如・多動症/注意欠陥・多動性障害」とも呼ばれ、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状がみられる発達障害のことです。自閉症スペクトラム障害に合併することも多い。育て方やしつけの問題ではない。

忘れ物が多い・課題が間にあわない・うっかりミスが多いなどの「不注意症状」と、じっとしていられない・落ち着かない・待つのが苦手などの「多動性・衝動性症状」がみられる神経発達症・発達障害の一つと考えられています。症状の現れ方によって「不注意優勢に存在」「多動・衝動優勢に存在」「混合して存在」と分類されます。

ADHD(注意欠如多動性障害)を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

DCD(発達性協調運動障害)

身体機能に問題がないにも関わらず、協調運動に困難さが見られる障害で、運動学習や運動制御において重要な脳の内部モデルに障害があるのではないかとする内部モデル障害説が有力視されています。運動主体感の生成に関与していることも分かっています。

DCD(発達性協調運動障害)を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

咽喉頭異常感症・ヒステリー球

風邪をひいたわけでもないのに、不快感がある、異物感がある、喉がつまって苦しい、喉に何だか違和感がある、喉に何かがつかえている感じがする、物が飲み込みにくい、など、喉に何らかの異常感を訴える症状のうち、病院で検査をしても原因がわからない、このような症状があることを「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)」または「ヒステリー球」と呼ばれています。

咽喉頭異常感症/ヒステリー球を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

肩こり

首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて張った、こった、痛みなどがおこり、頭痛や吐き気、めまい、気持ち悪さ、動きにくさを伴うことがあります。

肩こりを詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

眼精疲労

目が疲れる・目がかすむ・目が痛い・しょぼしょぼするなどの休んでも回復しない目と全身の症状のことで、目の病気の一つです。

「頑固な目の疲れ、それに伴いでてくる様々な症状」=「眼精疲労」

眼精疲労を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

首こり(頸椎の後ろ側)

頸椎の後ろ側のこり、または、頚性神経筋症候群。

頸椎の後ろ側のこりとは、この頭部を支えている骨の後ろ側の筋肉がこり固まることを意味します。それに伴い、頭痛、緊張、痛みなど様々な症状が発症すること。

首こり(頸椎の後ろ側)を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

首こり(頚部痛・前側)

首全体がこる症状。首を支える筋肉が凝り固まってしまった状態。痛みがでている状態。

首こり(頸椎の前側)を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(英語表記irritable bowel syndromeの頭文字をとって「IBS」)
お腹の痛みや調子が悪く、それと関連して便秘や下痢などのお通じの異常(排便回数や便の形の異常)が数ヵ月以上続く状態のときに最も考えられる病気です。

過敏性腸症候群を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

身体に力が入る

体の力を抜くということは簡単に思えますが、常に力が入ってしまう人には抜くことがとても困難になります。身体に力が入ることは、はじめは自覚症状が無い場合が多く、何年も体の力が抜けずに身体が動かなくなってきてから、痛みやコリがでてきてから自覚する人が多いです。
身体に力が入るを詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

気持ち悪さ

・胃の気持ち悪さ:常に胃の辺りが気持ち悪く、重い感じがつづく。吐くまではいかない気持ち悪さ。

・なんだか気持ちが悪い:何年も気持ち悪さがつづく。こころの病ではない。

・気持ち悪さと腹痛:下痢と嘔吐が一緒に起こる。

・PMS(月経前症候群)のような症状:PMS(月経前症候群)の症状はストレスが多かったり、不規則な生活が続いていると、胃痛や気持ち悪さが現れますが、とくにストレスが多くない、不規則な生活もしていないという方でPMS(月経前症候群)のような症状がでるという方。

気持ち悪さを詳しく見る
ベーシックコースで卒業

首(頚部)のしこり

首(頚部)のしこりが3ヵ月以上続く方、原因が分からないけど首がツラい、喉の筋肉あたりに違和感がある、声を出しにくい、飲み込みにくい、飲み込むときにツラいなど、首の異常から卒業ができます。

首のしこりを詳しく見る
ベーシックコースで卒業

鎖骨の真ん中のこり・鎖骨こり

凝りが慢性的に続くと筋肉は凝り固まってしまい、ノドの違和感や頭痛、手のしびれや重さ、身体のだるさを常に感じるようになります。声が出にくくなったり、目が見えなくなってきたり、身体を自分で支えることが出来ないなど日常生活に支障がでてきます。

鎖骨まわりの筋肉をほぐすことは、呼吸の補助をしてくれる筋肉でもあるので、深い呼吸ができるようになるだけでなく肩甲骨の緊張も頭の緊張も軽減させる効果が期待できます。

鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こりを詳しく見る
ベーシックコースで卒業

骨盤異常

こころや身体、状態の異常はここから始まります。

骨盤異常を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

こわばり感

筋肉が固まって動かしにくくなる状態のことを指します。

手、首、肩、腰、足など、全身に表われる現象ですが、関節のこわばり感も含みます。

こわばり感を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

頭痛

日本人の3人に1人は、慢性頭痛に悩んでいると言われており、頭痛は、だれでも経験をするありふれた症状です。約4,000万人が慢性の頭痛もちと推定されています。

頭痛を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

背中のこり

背の中央や背骨のあたりが張ったり、痛んだり、こわばったり、だるくなったりする症状で、背中だけでなく肩から腰にかけての部分にも症状が表れる。

背中には姿勢を保つ筋肉があり、普段の使い方、姿勢の悪さなどにより筋疲労を起こしてしまいます。肩こりに連動して起こることが多くあります。

背中のこりを詳しく見る
ベーシックコースで卒業

線維筋痛症

3ヶ月以上の長期にわたって、身体のあちこちの広い範囲に痛みが出没し、身体の強いこわばりとともに、激しい疲労感、不眠、頭痛やうつ気分など多彩な症状を伴いますが、病気の原因はまだよくわかっていません。

線維筋痛症を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

手の違和感・痛み

  • 手がぼわ〜ん
  • 手がじんじん
  • 手が熱い
  • 手に勝手に力が入ってしまう
  • 手を前側や後ろ側に、常に曲げて伸ばしたくなる
  • 集中して物事が出来ない
  • イライラする
  • よく分からない痛みがある
  • 痛みは移動をする
  • 手が重く、つらい

など

手の違和感/痛みを詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

認知機能障害

6か月以上の強い倦怠感や強い疲労感がつづき、物事を判断する認知機能が低下する。(記憶、思考、理解、計算、学習、言語、判断などの知的能力の低下)

日常生活の中で私たちは、特に意識せずにこの機能を発揮しています。そのため、この機能が障害されると、日常生活・社会活動全般に困難をもたらします。

認知機能障害を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

能力者の風邪症候群

「インフルエンザ+風邪」が混ざったような症状が頻繁に出ることを指しますが、能力者にはとてもよくある症状の1つになります。

多くの能力者が、毎月「インフルエンザ+風邪」が混ざったような症状がでる、または、治ってもすぐに同じような症状になってしまうということがおこります。

さらに、ひどい状態になると、風邪症候群になった後、寝たきりになりなってしまう方もいらっしゃいます。

能力者の風邪症候群を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

能力者の眠気

十分な睡眠をとったにもかかわらず眠気に襲われ、常に眠い状態が何年も続くことを指します。

能力者の眠気を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

能力者の腫れ・むくみ

一般的には泣いたりすると「まぶたが腫れる」という症状がでますが、能力者の腫れ・むくみは、普段なにげなく過ごしている日常の中で、とくに何をしたわけでもないのに「まぶたが腫れる」「身体がむくむ」という症状が出ることを指します。

自分でもよく分からないのに症状がでてしまい、消えない、治らない、ということが起こります。そして、いつしか、顔や体の「腫れ」や「むくみ」が普通になってしまうということがおこります。

能力者の腫れ/むくみを詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

能力者の冷え性

能力によって周波数変動や邪気異常になり、冷え性になってしまうことを指します。

もちろん、一般の方にも周波数変動や邪気異常はありますが、身体に異常が出ません。出たとしてもすぐに回復をしますので気になりません。これは体質的なものです。

能力者の冷え性を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

能力者の変形性関節症

関節周囲の疼痛、腫脹、引っ掛かり感、違和感などがあります。

能力者の変形性関節症を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

能力性弱視

一般的な大人の弱視(ロービジョン)とは病気や合併疾病が原因で発症していますが、能力性弱視は動物能力がとても高い(強い)ために、目で見られる範囲が、見えない、見えづらい、または、ぼやける、という症状のことを指します。

能力性弱視を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

能力性脱力マヒ

脳や身体に障害がなく病気でもないのに、しびれ・脱力・麻痺が身体に生じることを指します。

能力性脱力マヒを詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

能力性肌異常

能力者は、ほんの少しの変化に敏感過敏で肌異常も出やすいです。緊張をしたり食べすぎたら誰でも肌にトラブルが出てきますが、とくに感情や行動が過度に刺激されない状態でも肌にさまざまなトラブルがでます。

能力性肌異常を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

能力性疲労

病気でもないのに、疲労がとれない…。疲労がたまっていく…。そんな重い苦しい疲労を指します。さらに能力性疲労はとくに下記の原因がないのに疲労することも指します。

疲労は、肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労の3つに大きく分けることができます。

能力性疲労を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

能力性腰痛・腰痛

能力性腰痛とは、能力を持っている方は腰痛持ちが多いです。年齢を重ねるごとに、症状はひどく痛みが重くなるのが特徴です。ひどい場合には寝たきりになってしまい何年も身動きがとれなくなってしまいます。

能力性腰痛/腰痛を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

疲労感/だるさ(倦怠感)

1カ月以上にわたり疲労感やだるさなどの症状が出ることを指します。

疲労感/だるさ(倦怠感)を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

腹部違和感(お腹の張り・苦しさ・重さ)

お腹全体または部分的に張った感じがすること。

日常生活に支障が出るほど、張る・苦しい・重い、腹部違和感のこと。

腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ)を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

不正出血

通常の生理周期とは関係のない時期におこる性器からの出血のことです。

正しくは「不正性器出血」といい、性器とは内性器と外性器のことをいいますが、内性器とは子宮、卵巣、卵管、膣などのことを指し、外性器とは外陰部と膣の一部を指します。これらのどこかから出血すると、不正出血として症状があらわれることになります。

生理でもないのにナプキンが必要で、鮮やかな出血が2~3日続いても、茶色っぽい血がおりものに混じっていても、どちらも不正出血です。

不正出血を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

不定愁訴

医療用語の一種で、何となく体調が悪いという漠然とした自覚症状を訴える人が、内科や産婦人科、眼科などの医療機関を受診しても明らかな病変が見つからない状態を言います。

次のような多岐にわたる身体症状を伴います。倦怠感や動悸、皮膚のかゆみなどの全身症状、味覚異常、食欲不振、便秘、下痢、肩こりや手足のしびれ、冷え、ひん尿、月経不順、息切れ、めまい、頭痛、筋肉痛、腰背部痛、疲労感、不眠、心身症、など多彩な症状を訴え続ける状態。

不定愁訴を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

慢性疲労症候群

原因となる疾病が無いにもかかわらず、身体を動かせないほどの疲労が6カ月以上続き、日常生活に支障をきたすほどになる病気です。

慢性疲労症候群を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

卵巣の痛み・違和感

卵巣は、子宮の両脇に1つずつ存在し、そらまめのような形の器官で、月経のリズムを作る大切な器官です。

一般的に、正常なら痛みが出ないはずですが、痛みや違和感が何カ月も、何年もつづくという方で、産婦人科や内科などの病院の検査で異常が出ずに、正常と判断され、ストレスや冷えなどが原因かも・・・と特定ができない。

卵巣の痛み/違和感を詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

空間が歪む・地面がゆれる

普通に過ごしているうえで空間が歪んだり、地面がゆれるということはまずないとは思いますが、momoco-happiness-soraスクールや施術に来られる方にはよくあらわれる症状です。

空間が歪む/地面がゆれるを詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

邪気中毒

邪気は中毒性が高く、邪気を体内に入れても違和感を感じず、邪気が分からなくなっていきます。まとう周波数(波動)も低くなり、自分のこと(意見や行動など)がわからなくなってしまいます。

邪気中毒を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

施術異常

気功、霊氣(レイキ)、気導術、サイキック施術、スピリチュアル施術、ヒーリングなど、身体の「気」や「エネルギー」をつかって施術を受けて「こころ」や「身体」、「状態」に異常が出ることを指します。

施術異常を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

光ストレス

普通の人がまぶしいと感じない「光」や「色」を”まぶしい”と感じ、強くこころや体にストレスを受けて身体症状がでることを指します。

なかなか人には理解してもらえないこの症状ですが、世の中にはまぶしいことで悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

光ストレスを詳しく見る

軽度ベーシックコースで卒業重度アドバンスコースで卒業

能力者の失語

疾患や脳にケガをしていない状態で失語症と同じ「言葉の障害」が出ることを指します。

失語症とは

話したり、聞いたり、書いたり、読んだりと、人は言葉を使うことで他人との意思疎通を図っていますが、言葉をうまく使えずにコミュニケーションが取れなくなったことを「失語症」といいます。

能力者の失語を詳しく見る
ベーシックコースで卒業

見えている世界が暗く感じる 

病気でもないのに見ている視界全体が暗く感じることを指します。能力が強いと毎日のように視界が暗くなりますが、大体の方が、疲れを感じた時や邪気にまみれた時に視界がガラッと暗くなるため、異変を感じ取ることが出来ます。

見えている世界が暗く感じるを詳しく見る

その他の異常症状

あくびが出ない・脚のコリ・頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状・頭のコリ・歩けない・息切れ・息苦しさ・運動障害(SBMA)・円背(猫背)・お尻の痛み・重くて注射も効かない激痛の肩こり・薬が効かない・下血・腱、靭帯、筋膜の柔軟性の衰え・声が出ない・左右の足のバランスが悪い・少しの光さえまぶしくてツラい・座っていられない・全身の激痛・体温異常(平熱34度、または平熱38度など)・体力がない・立っていられない・手に力を入れていないと座っていられない・眼を開けていられない


 

🔼クリックをしてご覧ください

🔼クリックをしてご覧ください

タイトルとURLをコピーしました