電話でお問い合わせ

08098308349

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

SLD (限局性学習症)/LD (学習障害)とは

現在、最新の診断基準である DSM-5 では、 SLD = Specific Learning Disorder (限局性学習症)に名称が変更されましたが、過去にはLDと呼ばれていました。

LD は 「Learning Disorder(学習障害)」 または 「Learning Differences(学び方のちがい)」や「Leaning Diversity(学び方の多様性)」 の略です。医療の場面ではDisorder 、教育の場面では”Differences”” Disability”と 多く使われているようです。日本語では「学習障害」と呼ばれています。

 

SLDは全体的には理解力などに遅れはなく、知的な発達に遅れはないのに、「読む」、「書く」、「計算する(算数)」といった特定のことがうまくできない限局性学習症と呼ばれる発達障害です。

決して勉強のできない障害ではなく、大多数の人とはちがう学び方のほうが覚えやすかったりスムーズに学べる人たちのことを指します。

発達障害は先天的な障害であり、成人になって発症することはありません。最近では「大人の発達障害」と言われることが多くなってきましたが、大人になるまで発達障害に気付かず、大人になってから診断を受けたり、自覚したりするケースを言います。

この障害の原因は、単に学習の機会が足りないからではなく、精神遅滞や神経学的欠陥、脳損傷や疾患によるものでもありません。DSM-5には以下のように示されています。

早産や極低体重出生は、出生前のニコチンへの曝露と同様に、限局性学習症のリスクを高めます。学習困難をもつ人の第一度親族では、それを持たない親族に比べて、読字または計算の限局性学習症のリスクが明らかに4~10倍高いことが分かっています。

読字困難(失読症)、読字能力および読字能力低下、学習能力低下のほとんどは、高い遺伝性が見られます。

学習困難の主な原因が、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害等の障害、環境的な要因である場合は、学習障害ではありません。

結果として「読み」、「書き」、「計算する(数学)」の苦手さや困難さとして現われている状態が SLD です。「聴覚的/視覚的短期記憶」や「ものの順番を認識する能力」、「聞いたことや見たものを処理する能力」など様々な認知能力の凸凹があります。

読み書きに障害のある人は、そのどこかに脳機能の障害が見られ、文字の区切り目を認識することができず、文字が読めないといった苦手さとして表れます。

例えば、文字を読むというのは一見単純な行為に思えます。しかし、文字を目で追うことや、文字の区切りを認識すること、それを音に変換して脳に記憶するというような複雑な作業をしています。
他にも、文の読み書きは何の問題もなくできる学生が、簡単な計算ができない等の困難さに直面することがあります。

 

 

 

学習障害の定義

学習障害の定義には、文部科学省が定義したものと、DSM-5やICD-10の医学的判断による定義があります。概念は似ていますがまったく同じ概念ではありません。

文部科学省が定義したLearning Disabilitiesは「聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力」と広い領域の障害が含まれる一方、医学的判断として用いられるアメリカ精神医学会の診断マニュアルであるDSM-5では「読み、書き、計算」と領域が限定されています。

 

LDやADHDなどが 「通級による指導」 の指導対象となったのは2006年度からです。

 

口頭言語 「聞く・話す」、書字言語「読み・書き」 、算数領域の 「計算・推論」、この6 領域の学習困難であること。

②その困難を背景に、中枢神経系の機能障害、つまり本人の脳の発達の特異性を想定していること。

③他の障害や困難との重複を避けていること。つまり社会性の困難や運動能力困難、注意の集中欠陥や多動性などにみられる行動の調整困難などは、重複や合併しやすい症状とみて外していること。

④環境的な要因についても排除していること。

 

 

・文部科学省の学習障害の定義

「学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。」と定義されています。

 

・アメリカ精神医学会の診断マニュアル DSM-5の定義

「学習や学業的技能の使用に困難があり、その困難を対象とした介入が提供されているにもかかわらず、以下の症状の少なくとも6ヶ月持続していることで明らかになる」とされています。

 

DSM-5では、限局性学習障害の定義には「読み」「書き」「計算」に限定されます。
・読字の障害:読字理解、速度、正確性における特定の問題
・書字表出の障害:文法、文構成、文章作成における特定の問題
・算数の障害:計算、数字、記号の模写、それらの理解における特定の問題

 

 

 

特徴

「読み」の困難

・形の似た字を間違える

・どこで区切って読めばいいかわからない

文字をひとつひとつ拾って読む(逐次読み)

・読むことがすごくゆっくり

・スムーズに読めずつっかえたり拗音や促音を間違えたり、読み飛ばしたりする

・文末などを適当に変えて読んでしまう

・読んで理解することが大変で頭に入らない

・日本語は読めるが英語を読むことが極端につらい

・教科書の文字を読むことに時間がかかる

・教科書を読むことが人よりも何倍も時間がかかる

・文字がゆがんで見える、逆さ文字に見える

・板書の際にどの文字をどこに写していたのかわからなくなってしまう

・困難な状況としては、読み飛ばしや読み替えによる間違いが多い

・文字は読めても単語や文として読むことが難しい

・内容を理解することが難しい

「書き」の困難

・単語を正確に書くことが難しい

・板書を書き写すのに時間がかかる

鏡文字を書いてしまう

・文字を書くスピードが遅い

・漢字を覚えられない

・文字をバラバラの大きさで書いてしまう

・主語・述語などの文法構造の理解が難しい

・助詞の誤用が多い

・文章(作文)を書くことが難しい

・漢字を部分的に間違う

・丁寧に書いても読みづらい字になる

・書き間違いが多い

・漢字を書くのがおっくう

・文法を間違える

・英単語のスペルが覚えられない

 

「計算」の困難

・算数・数学の概念や計算を学ぶことが難しい

・簡単な計算ができない

・数字の持つ順番を認識することが難しい

・3番目と3つの違いが理解できない

・数字の大小がわからない

・暗算が大の苦手で計算に時間がかかる

・筆算も嫌い、または難しい

・分数などの概念の理解が難しい

・数字の大小や関係性など、数に関する概念の理解が難しい

・数字や計算ができない 

・数字を読んだり、描いたりすることに困難がみられる

・文章題を解くことに困難がある

・表やグラフを含む問題を解くことに困難がある

・図形やグラフが苦手で、うまく理解できない

など

 

 

その他・大人のSLD

・体調がなかなか安定しない
・働いても長く続かない
・こんな自分でも働けるのかわからない
・人間関係がうまくいかない
・就職したいが何から始めればいいのかわからない

 

 

 

二次的障害

学習障害には、自閉スペクトラム症や注意欠如多動性障害、発達性協調運動障害などの神経発達症が併存することや、不安症や抑うつ障害など併存がみられることが報告されています。

 

 

合理的配慮と支援の工夫

本人の実年齢でできると期待されるよりも低いレベルまでしか作業ができず、学校・仕事・日常生活に支障が生じてしまう。不器用さや困難さが伴うなど、勉強の苦手さは努力が足りないのではなく、その人にあっていない学習方法が原因で起こっています。

 

 

診 断

診断には問診のほかに、心理検査や性格検査など総合的に判断します

「大人の発達障害」の診断には幼少期・学童期の情報がとても重要ですので両親や兄弟、職場の方や配偶者などからの情報があれば診断に有用です。


治 療

①薬物療法

内服薬が有効な場合があります。
ADHDや一部自閉症に厚生労働省の適応を取っている薬剤がありますので希望される場合には用いる場合もあります。

②カウンセリング・心理療法

臨床心理士が心理療法のほかに、対人関係の作り方やコミュニケーションスキルの指導、社会ルールの学習、日記指導などを行います。

③生活・就職支援

自立支援の各種制度利用や発達障害者支援センターとの連携をはじめ、医療、保健、福祉、教育及び労働等の各関係機関と連携を図ります。また必要に応じて各種診断書の発行を行います。

最近では少し人間関係に問題が生じたり、仕事や学校でうまくいかないと「発達障害では?」と指摘されたり、また悩むこともあるようですが、発達障害の診断に関しては一般的にはDSMの基準に基づきますが、それは経歴・問診・各種心理検査などからの状況判断となり、たとえば、あきらかに発達障害の症状をきたしており、社会生活上つらい思いをしているのに「発達障害ではない」と診断され、支援されずに困っている方、「発達障害(アスペルガー自閉症スペクトラム)」と診断をくだされたものの、ADHDの薬物治療しかない現状ではASD(アスペルガー自閉症スペクトラム)のその後の治療や支援に関しては、提示してもえなくて困っておられる方に支援や治療をして下さるところもあるようですので希望される方は病院の受診をされて下さい。

 

 

対策

■自分のことを説明できるようになること

自分自身の感覚はその人だけのものであり、他の人がすべてを理解することはできませんので、発達障害でない人(定型発達)の人にとってはなかなか理解がしづらい部分があります。

まずはあなたがその感覚を持ったうえで、自分の特性がどんなものなのかを理解すること、どんな配慮が必要なのか、を説明できるように練習をしたり、説明のためのシートを用意できるとよいでしょう。

 

■リラックスできることや楽しめることを見つける

多数派の学び方に合わせる機会がどうしても多く、心や体が疲れやすい人が沢山います。

思っきり楽しむ機会を意識的に作るなど、上手に付き合う方法を探しておけるとよいでしょう。

■信頼できる相談先を見つけておく

発達障害は自分一人で解決することは難しいので、上手に人に頼る力をつけるためにも、信頼できる人や相談するというスキルを身につけていきましょう。

 

 

momoco-happinessにいらっしゃっている方は

病院に行っても少しも良くならない方、病名に納得がいかない方が改善をされています。悩まれている方はぜひmomoco-happinessスクールへいらしてください。

どこに行っても改善しない

不可思議な症状や現象など、そのお悩みが無くなります

 


 


momoco-happiness

悩む人生を終わりに

ホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます

沢山の能力を持つmomoco♡⋆が創案した

世界初の能力者専門サロン

当サロンでしか学べないスクール&受けられないエネルギーメニュー

HSP能力・エンパス能力・逆エンパス能力・たくさんの能力の改善

の他、能力によって引き起こされる様々な症状や現象、異常が改善

すべての不快から卒業できます

どこに行っても治らない『こころ』や『身体』の異常

不可思議な現象

敏感過敏なお悩み

寝たきり

日常生活ができない

毎日がつらい

さまざまな『生きづらさ』の改善ができます

もう病院には通わない

悩まない

あこがれの理想の生活へ

改善症状

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

悪夢障害 アダルトチルドレン/機能不全家族(毒親) エンパス

逆エンパス たくさんの能力 単純意識 寝たきり 脳回転障害 発達障害 発達性ディスレクシア/読み書き障害 巫女気質・精霊異常 離人感/現実感消失症 ADHD(注意欠如多動性障害) ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害) Clair(クレア) Clairaudience(クレアオーディエンス) Claircognizance(クレアコグニシンス) Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス) Clairtangency(クレアタンジェンシー) Clairvoyanceクレアボヤンス) Crystal Children(クリスタルチルドレン) DCD(発達性協調運動障害) HSP Indigo Children(インディゴチルドレン) Rainbow Children(レインボーチルドレン) SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

身体症状

咽喉頭異常感症/ヒステリー球 肩こり 眼精疲労 気象病/天気痛 虚弱体質 首こり(頸椎の後ろ側) 首こり(頸椎の前側) 過敏性腸症候群 身体に力が入る 気持ち悪さ 首のしこり 鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり こわばり感 頭痛 背中のこり 線維筋痛症 手の違和感/痛み 認知機能障害 能力者の風邪症候群 能力者の眠気 能力者の腫れ/むくみ 能力者の冷え性 能力者の変形性関節症 能力性弱視 能力性脱力マヒ 能力性肌異常 能力性疲労 能力性腰痛/腰痛 疲労感/だるさ(倦怠感) 腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ) 不正出血 不定愁訴 慢性疲労症候群 卵巣の痛み/違和感

 

こころの症状

アドバイス脳(脳支配) 完璧主義 危険察知能力 気象病/天気痛 急性ストレス障害 思考の切上げ 自己犠牲 自己脳(脳支配) 社会不安障害/社交不安障害(SAD) 弱思考 全般不安症/全般性不安障害(GAD) 双極性障害 都合のいい人 能力者の情緒不安定 能力性広場恐怖症 能力性パニック 能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害) 不安思考 不安障害

 

状態症状

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症 アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症 音ストレス 感覚過敏 気候不調 空間が歪む/地面がゆれる 邪気異常 邪気中毒 施術異常 つきまとい行為 光ストレス 能力者の失語 パーソナリティー障害 見えている世界が暗く感じる

 

その他の症状

頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状・あなたはこうね、またはこうだといつも決めつけられること・言いたいことが言えない・依存症・いつも大きな試練があってツラいこと・円背(猫背)・お尻の痛み・音や文字が形で見えてツラいこと・解離性障害・顔色が悪い・過敏・髪の毛の傷み・身体が動きにくい・寒暖差疲労・関節の痛み・頑張らないと生きられないこと・気分の落ち込み・強迫症/強迫性障害・薬が効かない・下痢と嘔吐が一緒にでる・声が出ない・心も体も重い疲れ・コミュニケーション症・左右の足のバランスが悪さ死にたい不安感・自分がない・自分の感情が分からない・邪気を受けること・睡眠障害・すぐ落ち込む・座っていられない・摂食障害・咳が出る・選択性緘黙/場面緘黙症・全身の激痛・全身の冷え・全身のほてり・繊細・体臭が臭い・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)・タイムスリップ・タイムリープ・体力がない・立っていられない・他人と比較してしまうこと・楽しい気分で居てはいけない気がする・適応障害・手に力を入れていないと座っていられない・テレポーテーション・テレパシー・統合失調症・寝ているのもツラい・認知症・NO!と言えない・喉が詰まる・喉の違和感と苦しみ・乗り物酔い・肌荒れ(とくに顔、手、腰、の肌のかさつき、かゆみ等)・発達性協調運動症・パニック症/パニック障害・冷や汗かく・敏感・二日酔い・めまい・眼を開けていられない・朦朧とする・文字がぼやけて読めない・良い悪いが自分で判断できない・理解障害離人現実感喪失症候群 など