Clair(クレア)

momoco-happinessではClair(クレア)が改善します。

 

Clair(クレア)とは

フランス語のClair(クレール)明るい・澄んだというのが語源で「明かにする」という意味です。

人間であれば誰もがかならず持っている『直感』『直観力』『第六感』のサイキック能力です。

 

サイキック能力:

科学では説明することがむずかしい超常現象のことを指しますが、人が生まれながらに持っている視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感が超越したものであり、もともと人に備わっている力がエネルギーとして作用するものです。

スピリチュアル能力:

スピリチュアルは宗教と深く関わりがあり、「霊性」「霊的であること」という言葉です。私たちの住む世界の上の次元には霊界があり、肉体の代わりに霊体というものがあり、その霊体から発せられるエネルギーが霊能体質者を通して地上に現れたもの

 

 

クレアの症状・現象

・人や植物のまわりが輝いて見えることがある
・話している相手のことがテレビの映像のように見えることがある
・目の前でニコニコと話している人の泣いている顔が突然思い浮かんだことがある
・まわりの人は聞こえてないのに自分だけに音が聞こえることがある
・声に出していない人の心の中の声が聞こえたような気がする
・アンティークのモノや宝石を見たとき、買ったときに、何だか嫌な感じがした
・物に触れたとき、瞬時に映像が浮かんだことがある
・初対面の人と握手したときになんとなくその人の人柄がわかる
・良い香りがする、変な匂いがすると他人が感じないニオイを敏感に感じる
・ペットや植物の言っていることがわかる気がする
・電話をかけようとしたら、かけようとした相手から着信があった
・人の背中を見たら、その人が振り返ったことがある
・身近な人がトラブルに巻き込まれる直前に胸騒ぎを感じた
・突然、嫌な予感がして当たってしまったことがある
・一度も訪れたことのない場所なのに、見たことがあると思う
・夢を見て、実際にその後同じことが起きたことがある
・あなたに触れてもらうと痛みがとれるといわれた経験がある

など

 

 

種類

①Clairvoyance(クレアボヤンス) – 透視・霊視能力

②Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス) – 超感覚

➂Claircognizance(クレアコグニシンス) – 透視認知

➃Clairtangency(クレアタンジェンシー) – 触覚・霊的触覚能力

➄Clairaudience(クレアオーディエンス) – 透聴・霊聴能力

⑥Clairsalience・clairscent・Clairscentency(クレアサリエンス・クレアセント・クレアセンテンシー) – 嗅覚 ・霊的嗅覚能力

⑦Clairempathy(クレアパシー・クレアエンパシー) – 感情・霊的共感・共感能力

⑧Clairgustance(クレアガスタンス) – 味覚

 

 

説明

①Clairvoyance – 透視・霊視能力

 通常では目に見えないものを見る能力、見える能力、はっきり見通せる力、心の眼で見る。

・カードを裏返して、そのカードに何が書かれているかを当てる

・天使や妖精、霊などの「見えない存在」を見る

・遠隔地のことを透視できる「千里眼」を持つ

・映像が頭に思い浮かぶことがある

・電話の画面を見なくても誰からかかってきたのかわかる

・出会った人の顔や特徴を詳しく記憶できる

・人のオーラがみえる

・霊がみえる

 

 

②Clairsentience・Clairsentient– 超感覚

 ピーンとくるような予感、直感、感覚、感受性など明確な身体的感覚を持ち「感じる」ことが大きな特徴で体感もします。

他者の感情や体調等に共感できる「エンパス(共感力)」と似た能力ではありますが、超感覚は人間の持つ五感で感じる以上のものを感じられる能力で、「エンパス」がアップグレードすると超感覚になると言われています。

他の人の感情、病気、または怪我の経験を(単なる感覚ではなく)体験をしたかのように感じます。また、恐怖や妬み、不安、憎しみ、痛みなどの悲劇的な出来事が発生した土地や場所に行くと肉体的および感情的な痛みを感じます。感情や感覚でもって、何かを察知する能力です。

 

日常生活の中で

・この場所にいると心が安らぐ、ホッとする

・何だか胸騒ぎがする、嫌な予感がする

・非常に繊細で、自分の身の廻りのエネルギーに敏感に感じて身体や心が反応をする

・部屋などに入った時、そこにいるひとたちが緊張しているか、リラックスしているかを、空気で判断できる

・初対面の人でも、第一印象で感じ取る情報が多く、よく当たる

・助言などが来る

・スピリットが来た時に分かる

・暴力や残酷な表現が耐えられず、ネガティブな存在が側に居ると体調を崩す

・本当のことを話しているか、嘘を言っているのか、体感で判断ができる

・はじめて会った人にシンパシーを感じることがある

・人の感情が自分のことのようにわかる

・具合が悪い人といると自分も具合が悪くなってしまう

➂Claircognizance – 透視認知・透知能力

 知らないはずのことが分かってしまう能力

初対面の人の仕事内容やプライベートの細かなことまで一瞬にしてわかったり、全く機械にうといのにどうやって修理すればよいかはっきりとわかるなど、非常にスピーディで的確に直感よりも更に確信に満ちた状態です。

この能力を持っている本人は、「なぜ?」「どうやって知ったのか?」は自分でもどうしてかはわからない。でも間違いない自信がある。そんな状態です。

 

 

➃Clairtangency – 触覚・霊的触覚能力

 触ることにより透視をします。物や人との接触または近接によって起こったこと感知、または物や人物に関する事実を知覚する能力などです。

物に触れることもそうですが、その場に残留している思念を読み取ることができる人もいます。

  • 物や人に触れるとイメージが浮かんでくる
  • お守りやパワーストーンを手にするとエネルギーを感じる
  • 物に触れて「何か嫌な感じがする」
  • 物に触れて「何か気持ちの良い感じがする」
  • 誰かの時計を握ったり、手に触れたり、すると何かを感じる
  • フリーマーケットで古いアンティークに触れたり近くに行くと瞬時に映像が浮かんだことがある
  • 古い建物に見たり触れたりすると、未知のことが分かる

 

 

➄Clairaudience – 透聴・霊聴能力

 明確なヒアリングで現実には聴こえていない声や音を聴くことが出来る能力です。

神様、天使、妖精、聖人などの実際には見えていない存在の声や音を聴くことができ、スピリチュアルまたは精神の領域から音、言葉、またはノイズを知覚できます。「周りのひとには聴こえていなくても、自分だけに聴こえていた」というような経験がある人です。

また、「幻聴」と言われるネガティブなイメージの「聴く」は、部類に入りません。

耳元で聴こえないはずの声をはっきり聴くという形は霊能者には多くありません。

  • 他の人には聞こえていない音や声が聞こえる
  • お告げを聴く
  • 人が話しているとき心の声聞こえるような気がする
  • 音階が正確にわかる絶対音感の持ち主
  • 通勤のため運転している最中突然「次を左折してください」と聞こえたりする。自分以外は車内には誰もいませんが、メッセージは明確で、自分の外から聞こえたように思う。ルート変更をすると会議に遅れずに済んだ
  • 歌ったり、音楽を演奏したりと知らないのにできる
  • 嘘をついているときに誰かの声で簡単に嘘だと聞くことができる

 

⑥Clairsalience・clairscentency– 嗅覚 ・霊的嗅覚能力

クレアセントとは、「クリアな嗅覚」という意味。においがする。現実には存在しない香りを感知することができる能力。
私たちが存在している現実世界からではなく、霊的な領域からの匂いを嗅ぎ取ることが出来る能力です。すぐ近くにいない物、人、場所などのことを香りや臭いを嗅ぐなど知覚を通して得られます。 これらの臭いは、鼻を使わずに知覚され、そこに込められた意味や、メッセージ性の有無を読み取る事が出来ます。
  • 見えないものや遠くにあるものの香りがわかる
  • 場所や物事を匂いで記憶している
  • はじめて訪れた土地で懐かしい匂いを感じる
  • ここには無い匂いを感じる時がある
  • 現実には存在しない香りを嗅ぎ体や心が休まる

 

花などの心地よい香りが漂って来た時は、天使や妖精、女神などの高次元の存在が近付いてきた証拠といわれ、逆に、不快な臭いが漂って来た時は、波動の低い場所であったあり、存在が近付いてきた証拠といわれています。

 

 

⑦Clairempathy – 感情・霊的共感・共感能力

 明確な感情的感覚で言葉を交わさなくても他者の考えや感情を感じとる能力、会話ができる能力です。

言葉を交わさず他の人の感情、思考、症状を感じ、エナジーを感じ取ることができます。

熟練した人ではスピリチュアルな境界を維持し、エネルギーを補充し、オーラフィールドから不要な負のエネルギーを取り除くことができます。

Clairempathy(クレアパシー)とClairsentience(クレアセンシエンス)の違いは感情を共感するか、感情を体験するかです。

  • 他人が話そうとしている内容を察知できる
  • 動物の気持ちがわかるときがある
  • ふっと頭に人物が浮かんだと思ったら、その人から連絡がきた
  • 植物の言っていることがなんとなく分かる
  • 喧嘩したあとの部屋に入ったときに彼らの怒りと痛み感じる

 

 

⑧Clairgustance – 味覚

 味を感じる能力

口の中にその味の物がなくても、味覚を通じて精神的な情報を受け取ります。

他の人が好きな食べ物やドリンクの味を感じるなど。

 

 

一般的な改善方法

  • 自分の能力を知ること。
  • 瞑想をしないこと。
  • チャクラをクリーニング・整えること。
  • 人がもともと持っている視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感を鍛えないこと。
  • 五感をフルに使わないこと。
  • 第六感以上の直感力を磨かないこと。鍛えないこと。
  • 目を閉じての考えごとはしないこと。
  • 能力をコントロールすること。

 

 

当サロンにいらっしゃっている方は

無意識のうちに能力を開花させ、通常の生活をおくることが出来ないと、とても苦労をされている方がいらっしゃっています。

能力者と言っても、見た目は一般の人と何ら変わらないため気付かないことが多いのです。そのため、「生きづらさ」を生きていく上で常に感じるようになります。コントロールができない段階で能力のことも知らずに人間の世界で生きて行くことは至難の業です。

能力を使いすぎると自分自身のエネルギーを消耗し、疲労がたまりやすくなってしまいます。外部からの負のエネルギーに取り囲まれて体調不良や心の病、状態異常が沢山出てきてしまいます。この世界を生きて行きたくは無くなってしまいます。これは普通の感覚です。

現状は多くの能力者が「人間関係」「メディア」などに振り回され、「生きづらさ」を感じ自殺をして亡くなっています。わたし自身も福岡県に住み始めてから何人かの能力者の存在を知りましたが、1年後2年後には自殺をされて亡くなっていることにとてもショックと共に生きずらい世の中だなととても感じてきました。その事実を知った時は能力の攻略前でしたので同じようにわたしもいなくなることを考えていました。こころや身体の改善など、良いと言われていることは毎日行い、修行僧のように毎日毎日おこないましたが、なにも少しも改善できずに生きづらさは変わらなかったのです。すべてに納得いかず、どんな対処も意味がなかったのです。家族や知り合いはもちろんいますが、頼れる人はおらず、途方に暮れるようになり15年以上、そんな事実を知り絶望とともにわたしはいなくなるを選択するなら、自分の頭の中に浮かんでいる手段を行ってから、いなくなろうと思いました。それが攻略に繋がっていきました。

 

どこに行っても治らない

こころ・身体・状態
様々な異常から卒業します
世界でここだけでしか受けられないオリジナルスクール

 


 

改善症状

momoco-happinessで改善する症状一覧です

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

 

○あいうえお順、ABC順

悪夢障害

 

アダルトチルドレン

 

エンパス

 

逆エンパス

 

たくさんの能力

 

単純意識

 

寝たきり

 

脳回転障害

 

発達障害

 

発達性ディスレクシア/読み書き障害

 

神霊異常/精霊異常

 

離人感/現実感消失症

 

ADHD(注意欠如多動性障害)

 

ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害)

 

Clair(クレア)

 

Clairaudience(クレアオーディエンス)

 

Claircognizance(クレアコグニシンス)

 

Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス)

 

Clairtangency(クレアタンジェンシー)

 

Clairvoyanceクレアボヤンス)

 

Crystal Children(クリスタルチルドレン)

 

DCD(発達性協調運動障害)

 

HSP

 

Indigo Children(インディゴチルドレン)

 

Rainbow Children(レインボーチルドレン)

 

SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

 

 

咽喉頭異常感症/ヒステリー球

 

肩こり

 

眼精疲労

 

気象病/天気痛
虚弱体質

 

首こり(頸椎の後ろ側)

 

首こり(頸椎の前側)

 

過敏性腸症候群

 

身体に力が入る

 

気持ち悪さ

 

首のしこり

 

鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり

 

こわばり感

 

頭痛

 

背中のこり

 

線維筋痛症

 

手の違和感/痛み

 

認知機能障害

 

能力者の風邪症候群

 

能力者の眠気

 

能力者の腫れ/むくみ

 

能力者の冷え性

 

能力者の変形性関節症

 

能力性弱視

 

能力性脱力マヒ

 

能力性肌異常

 

能力性疲労

 

能力性腰痛/腰痛

 

疲労感/だるさ(倦怠感)

 

腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ)

 

不正出血

 

不定愁訴

 

慢性疲労症候群

 

卵巣の痛み/違和感

 

 

 

アドバイス脳(脳支配)

 

完璧主義

 

危険察知能力

 

気象病/天気痛

 

急性ストレス障害

 

思考の切上げ

 

自己犠牲

 

自己脳(脳支配)

 

社会不安障害/社交不安障害(SAD)

 

弱思考

 

全般不安症/全般性不安障害(GAD)

 

双極性障害

 

都合のいい人

 

能力者の情緒不安定

 

能力性広場恐怖症

 

能力性パニック

 

能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害)

 

不安思考

 

不安障害

 

 

 

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症

 

アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症

 

音ストレス

 

感覚過敏

 

気候不調

 

空間が歪む/地面がゆれる

 

邪気異常

 

邪気中毒

 

施術異常

 

つきまとい行為

 

光ストレス

 

能力者の失語

 

パーソナリティー障害

 

見えている世界が暗く感じる

 

 

 

・あくびが出ない

・脚のコリ

・頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状

・頭のコリ

・あたふたする

・あなたはこうね、または、あなたはこうだといつも決めつけられる

・歩けない

 

 

・言いたいことが言えない

・息切れ

・息苦しさ

・依存症

・胃痛

・いつも大きな試練があってツラい

 

 

・うつ病

・運動障害(SBMA)

 

 

・円背(猫背)

 

 

・嘔吐

・怒っているように見える

・お尻の痛み

・音や文字が形で見えてツラい

・お腹の重さや苦しさや張り感

・重くて注射も効かない激痛の肩こり

・おりもの

 

 

・解離性障害

・顔色が悪い

・顔のコリ

・過覚醒

・過敏

・髪の毛の傷み

・寒暖差疲労

・関節の痛み

・頑張らないと生きられない

 

 

・聞こえづらい

・聞こえすぎる

・気分の落ち込み

・強迫症/強迫性障害

・筋肉のコリ

 

 

・薬が効かない

 

 

・下血

・下痢

・下痢と嘔吐が一緒におこる

・腱、靭帯、筋膜の柔軟性の衰え

 

 

・構音障害(SBMA)

・声が出ない

・こころが重い疲れ

・コミュニケーション症

 

 

・左右の足のバランスが悪い

 

 

・死にたい不安感

・自分がない

・自分の感情が分からない

・邪気を受ける

・食欲不振

・身体が動きにくい

・身体に力が入らない

・身体の重い疲れ

 

 

 

・睡眠障害

・数字恐怖症(22、33、44、など)

・少しの光さえまぶしくてツラい

・すぐ落ち込む

・座っていられない

 

 

・生理異常(痛み、血色、日数、重さ、月経前症候群(PMS))

・摂食障害

・咳が出る

・選択性緘黙/場面緘黙症

・全身がかゆい

・全身の激痛

・全身の倦怠感

・全身がこわばる

・全身の冷え

・全身のほてり

・繊細

 

 

・体温異常(平熱34度、または平熱38度など)

・体臭が臭い

・態度が悪く見える

・態度がデカく見える

・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)

・タイムスリップ

・タイムリープ

・体力がない

・立っていられない

・他人と比較してしまう

・楽しい気分で居てはいけない気がする

 

 

・適応障害

・手に力を入れていないと座っていられない

・手のコリ

・テレポーテーション

・テレパシー

 

 

・統合失調症

・動悸

・胴体のコリ

 

 

・内蔵のコリ

 

 

・認知症

 

 

・寝ているのもツラい

 

 

・NO!と言えない

・喉のつまり感

・喉の違和感と苦しみ

・乗り物酔い

 

 

・吐き気

・肌荒れ、肌乾燥(とくに顔、手、腰、のかさつき、かゆみ等)

・発汗

・発達性協調運動症

・パニック症/パニック障害

 

 

・冷や汗

・敏感

 

 

・腹痛

・二日酔い

・ふるえ

 

 

・骨のコリ

 

 

・毎日違う人にストーカーをされる

 

 

・目つきが悪い

・めまい

・眼を開けていられない

 

 

・朦朧とする

・文字がぼやけて読めない

・ものが飲み込みづらい

 

 

・良い悪いが自分で判断できない

・抑うつ気分

 

 

・理解障害

・離人現実感喪失症候群

 

 

・冷静に考えられない

・冷静に行動できない

 

タイトルとURLをコピーしました