電話でお問い合わせ

08098308349

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

ホームページリニューアルにつきまして

テーマエラーにより、ホームページ内容が消えてしまった部分があります。ただいま、再度記載をしております。

トップメニュー「ご来店されているお客様の特徴」
こちらの「改善症状」の症状説明も消えてしまった部分があります。
以前の内容に加えて、さらに当サロンで改善する症状内容をくわしくプラスしています。

たくさん改善する症状がありますので、すべての症状を記載するまでに、半年はかかりそうですが、随時UPされていきますので、楽しみにしていてください。

みなさまに見やすく分かりやすいサイトとなるように、これからも努めてまいります。



ご来店されているお客様の特徴

改善症状:慢性疲労症候群

慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome: CFS)と

1988年、CDC(米国疾病対策センター)によって「慢性疲労症候群」が病気の概念として提唱されましたが、その原因が明らかになっていない病気です。筋痛症性脳脊髄炎とも呼ばれます。

原因となる疾病が無いにもかかわらず、身体を動かせないほどの疲労が6カ月以上続き、日常生活に支障をきたすほどになる病気です。発症のきっかけとして健康な人がかぜや気管支炎などを患ったあと、かぜに似た症状がいつまでも長引くことで発症するケースが多くあります。

日常生活を送れないほどの重度の疲労感が長期間続く、しばらく休んでも改善がみられない、摂食障害や不眠などを伴うなどの場合、血液検査を含む身体診察や臨床検査(ホルモンの異常、内臓や脳、神経系の検査など)をいくら行なっても異常が見つからないときに慢性疲労症候群が疑われます。

同時に発熱、リンパ節腫大、咽頭痛などの感染症様症状、頭痛、筋肉痛、関節痛、脱力感などの膠原病様症状、睡眠障害、思考力低下、抑うつ、不安などの精神・神経症様症状などの多彩な症状も現れます。

20~50代にかけて多く発症。

男性よりも1.3倍から1.7倍女性に多く見られる傾向。

日常生活に支障をきたすほどの疲労感が引き起こされますが、仕事や育児など、疲労の原因がはっきりしている場合は「慢性疲労」であり、慢性疲労症候群には当てはまりません。

 

 

良く見られる症状

よく見られる症状として、以下のものがあります。

  • 記憶力、集中力の低下
  • 筋肉痛
  • 関節痛
  • 疲労感
  • 頭痛
  • 微熱
  • 低血圧
  • 筋力低下
  • 睡眠障害
  • 気分障害
  • 胃腸が過敏
  • 不眠と過眠
  • 風邪のような症状
  • わきの下のリンパ節の腫大や圧痛
  • 体の体温調節がうまくなく、暑いのも寒いのも苦手
  • 音や光に対して過敏
  • リンパ節が腫れ、おもに首のリンパ節の腫れ 
  • 頭重感がある 
  • 筋肉や関節が痛い
  • のどの痛み
  • まぶしくて目がくらむ
  • 疲れている
  • 寝ても疲れがとれない
  • ちょっとした動作ですぐに疲れる
  • よく眠れない、または寝すぎてしまう
  • 思考力や集中力が低下している
  • 意欲がわかない
  • ぼーっとすることがある
  • 憂うつである

など

人によっては「箸やペンを持てない」「座るのもつらい」など、体を動かせない程の強い全身の倦怠感に陥り、休養をとっても軽減されません。

 

■慢性疲労症候群の代表的な症状として「微熱」があげられます。

平熱より0.5~1.5℃程度高い熱が半年以上にわたって持続し、解熱鎮痛剤などを用いても熱があまり下がらないことが特徴です。 また、かぜをひいたときのような、のどの痛みや頭痛がすることもあります。

全身または特定の部位に激しい運動をした後のような「筋肉痛」があらわわれて、動くことができないほどの痛みになることがあります。

自律神経の異常により、朝起きられない、寝つけない、眠りが浅い、早く目が覚めてしまうなどの「不眠」、または日中に極度の眠気に襲われるといった「過眠」の症状が、一日のうち同時に現われることもあります。

うつ病に似た症状がでて、気分の落ち込みが続き、仕事にでられないほどまでになる場合もあります。一般的にうつ病の症状は朝に重く、午後に軽減される傾向ですが、慢性疲労症候群の場合、午後のほうが憂うつ感が強まる傾向にあります。

注意力や集中力の低下、物忘れがひどくなる、認知症のような症状がでる場合もあります。

 

 

症状チェック

慢性疲労症候群の基準を厚生労働省が定めています。慢性疲労症候群とは、以下の状態に当てはまることを言います。

必須項目→以下の2つは必ず満たしていなければ、慢性疲労症候群と認められません。

 

①生活が著しく損なわれるような強い疲労を主症状とし、少なくとも6ヶ月以上の期間持続ないし再発を繰り返すこと

②慢性疲労の原因と考えられるような疾病を除外すること

以下の症状のうち8つが6カ月以上にわたり持続または繰り返し生じている

1. 微熱(腋窩温37.2~38.3℃)ないし悪寒 

2. 咽頭痛 

3. 頚部あるいは腋窩リンパ節の腫張 

4. 原因不明の筋力低下 

5. 筋肉痛ないし不快感 

6. 軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感 

7. 頭痛

8. 腫脹や発赤を伴わない移動性関節痛 

9. 精神神経症状(いずれか1つ以上)羞明、一過性暗点、物忘れ、易刺激性、錯乱、思考力低下、集中力低下、抑うつ

10. 睡眠障害(過眠、不眠)

11. 発症時、主たる症状が数時間から数日の間に発現

または上記の症状が6つおよび以下の症状が2つ当てはまる場合

1. 微熱

2. 非浸出性咽頭炎

3. リンパ節の腫大(頚部、腋窩リンパ節)

 

6ヶ月間これらの症状が見られていた場合には、慢性疲労症候群の可能性があると考えるべきでしょう。

 

原因・治療

慢性疲労症候群の原因はまだ解明のされておらず、予防法も確立していません。

特化した治療法や根本的な治療法はありません。

 

当サロンにいらっしゃっている方は

慢性疲労症候群の方が改善しています。

同時におこる発熱、リンパ節腫大、咽頭痛などの感染症様症状、頭痛、筋肉痛、関節痛、脱力感などの膠原病様症状、睡眠障害、思考力低下、抑うつ、不安などの精神・神経症様症状などの多彩な症状も改善しています。

 

病院に行っても少しも良くならない方、何年も寝たきりを繰り返し、病名などに納得がいかない方が改善をされています。

悩まれている方はぜひmomoco-happinessスクールへいらしてください。

どこに行っても改善しない

不可思議な症状や現象など、そのお悩みが無くなります

広告

 

 

 


 


momoco-happiness

悩む人生を終わりに

ホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます

沢山の能力を持つmomoco♡⋆が創案した

世界初の能力者専門サロン

当サロンでしか学べないスクール&受けられないエネルギーメニュー

HSP能力・エンパス能力・逆エンパス能力・たくさんの能力の改善

の他、能力によって引き起こされる様々な症状や現象、異常が改善

すべての不快から卒業できます

どこに行っても治らない『こころ』や『身体』の異常

不可思議な現象

敏感過敏なお悩み

寝たきり

日常生活ができない

毎日がつらい

さまざまな『生きづらさ』の改善ができます

もう病院には通わない

悩まない

あこがれの理想の生活へ

改善症状

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

悪夢障害 アダルトチルドレン/機能不全家族(毒親) エンパス

逆エンパス たくさんの能力 単純意識 寝たきり 脳回転障害 発達障害 発達性ディスレクシア/読み書き障害 巫女気質・精霊異常 離人感/現実感消失症 ADHD(注意欠如多動性障害) ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害) Clair(クレア) Clairaudience(クレアオーディエンス) Claircognizance(クレアコグニシンス) Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス) Clairtangency(クレアタンジェンシー) Clairvoyanceクレアボヤンス) Crystal Children(クリスタルチルドレン) DCD(発達性協調運動障害) HSP Indigo Children(インディゴチルドレン) Rainbow Children(レインボーチルドレン) SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

身体症状

咽喉頭異常感症/ヒステリー球 肩こり 眼精疲労 気象病/天気痛 虚弱体質 首こり(頸椎の後ろ側) 首こり(頸椎の前側) 過敏性腸症候群 身体に力が入る 気持ち悪さ 首のしこり 鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり こわばり感 頭痛 背中のこり 線維筋痛症 手の違和感/痛み 認知機能障害 能力者の風邪症候群 能力者の眠気 能力者の腫れ/むくみ 能力者の冷え性 能力者の変形性関節症 能力性弱視 能力性脱力マヒ 能力性肌異常 能力性疲労 能力性腰痛/腰痛 疲労感/だるさ(倦怠感) 腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ) 不正出血 不定愁訴 慢性疲労症候群 卵巣の痛み/違和感

 

こころの症状

アドバイス脳(脳支配) 完璧主義 危険察知能力 気象病/天気痛 急性ストレス障害 思考の切上げ 自己犠牲 自己脳(脳支配) 社会不安障害/社交不安障害(SAD) 弱思考 全般不安症/全般性不安障害(GAD) 双極性障害 都合のいい人 能力者の情緒不安定 能力性広場恐怖症 能力性パニック 能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害) 不安思考 不安障害

 

状態症状

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症 アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症 音ストレス 感覚過敏 気候不調 空間が歪む/地面がゆれる 邪気異常 邪気中毒 施術異常 つきまとい行為 光ストレス 能力者の失語 パーソナリティー障害 見えている世界が暗く感じる

 

その他の症状

頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状・あなたはこうね、またはこうだといつも決めつけられること・言いたいことが言えない・依存症・いつも大きな試練があってツラいこと・円背(猫背)・お尻の痛み・音や文字が形で見えてツラいこと・解離性障害・顔色が悪い・過敏・髪の毛の傷み・身体が動きにくい・寒暖差疲労・関節の痛み・頑張らないと生きられないこと・気分の落ち込み・強迫症/強迫性障害・薬が効かない・下痢と嘔吐が一緒にでる・声が出ない・心も体も重い疲れ・コミュニケーション症・左右の足のバランスが悪さ死にたい不安感・自分がない・自分の感情が分からない・邪気を受けること・睡眠障害・すぐ落ち込む・座っていられない・摂食障害・咳が出る・選択性緘黙/場面緘黙症・全身の激痛・全身の冷え・全身のほてり・繊細・体臭が臭い・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)・タイムスリップ・タイムリープ・体力がない・立っていられない・他人と比較してしまうこと・楽しい気分で居てはいけない気がする・適応障害・手に力を入れていないと座っていられない・テレポーテーション・テレパシー・統合失調症・寝ているのもツラい・認知症・NO!と言えない・喉が詰まる・喉の違和感と苦しみ・乗り物酔い・肌荒れ(とくに顔、手、腰、の肌のかさつき、かゆみ等)・発達性協調運動症・パニック症/パニック障害・冷や汗かく・敏感・二日酔い・めまい・眼を開けていられない・朦朧とする・文字がぼやけて読めない・良い悪いが自分で判断できない・理解障害離人現実感喪失症候群 など 


おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA