光ストレス

ベーシックコースで卒業

光ストレスとは

普通の人がまぶしいと感じない「光」や「色」を”まぶしい”と感じ、強くこころや体にストレスを受けて身体症状がでることを指します。

なかなか人には理解してもらえないこの症状ですが、世の中にはまぶしいことで悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

視覚のストレスが大きく、苦手な環境にいると、ぐったりと疲れて頭痛やめまいで寝込んでしまうなど、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。太陽光のまぶしさや蛍光灯のちらつき、テレビ画面やパソコン画面、紙の白さなどが、鏡に光を反射したように異常にまぶしく感じられる。本の文字が歪んだりにじんだりして、読むのが困難だったり、目を開けていることが困難で暗闇でもツラいという方もいらっしゃいます。

 

 

周囲からはこんな誤解をされてしまう

一般的に「光」や「色」にたいして、だんだんと目が慣れていく、我慢ができること、と思われてしまいます。しかし、光ストレスのある方は目が慣れることはなく、我慢ができることでもありません。周囲とのずれが生じます。そのため「みんなそうだよ」「我慢できるでしょ?」「そのうち慣れるよ」などと我慢を強要されたり、「そんなことを気にするのは、わがままなんじゃないの?」などと逆に責められてしまうことも少なくありません。

「我慢が足りないからだ」と考えて自分を責めてしまうことも少なくありません。
「気の持ち方」や「慣れ」の問題ではありません。むしろ、苦手な光にたびたびさらされるなど、つらい体験が積み重なると苦手意識が強くなり、さらにつらくなることもあります。

 

 

症状

・明るさがまぶしい
・太陽の光がまぶしい
・蛍光灯の光がまぶしい
・カーテン越しやサングラス越しのあらゆる光がまぶしくて苦手
・蛍光灯の光がチカチカ見える
・ギラギラした画面を見ることができない
・LEDの光が目に刺さる
・カメラのフラッシュが極端に苦手
・色がまぶしい
・繁華街の看板の色が目に刺さる
・コントラストが強いと極端に疲れる
・スマホ画面、テレビ画面、PC画面などに目を向けることが出来ない、または見ていられない
・目の疲れ
・目の充血
・目の乾き
・目が重く感じる
・目を開けていられない
・目がショボショボする
・目がしみるような感じ
・目の焦点がぼやける
・目を閉じていても眩しい
・頭重感
・全身倦怠感
・慢性疲労
・肩や首筋、背中のこり
・睡眠障害
・頭痛
・片頭痛、鈍痛
・吐き気、気持ち悪さ
・ねむくてしょうがない
・目が開かないほどの痛み
・目の疲れがまったくとれない
・なにも見ていられない
・文字を追うことが出来ない
など

 


 

🔼クリックをしてご覧ください

🔼クリックをしてご覧ください

タイトルとURLをコピーしました