電話でお問い合わせ

08098308349

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

光ストレスとは

普通の人がまぶしいと感じない「光」や「色」を”まぶしい”と感じ、強くこころや体にストレスを受けて身体症状がでることを指します。

なかなか人には理解してもらえないこの症状ですが、世の中にはまぶしいことで悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

視覚のストレスが大きく、苦手な環境にいると、ぐったりと疲れて頭痛やめまいで寝込んでしまうなど、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。太陽光のまぶしさや蛍光灯のちらつき、テレビ画面やパソコン画面、紙の白さなどが、鏡に光を反射したように異常にまぶしく感じられる。本の文字が歪んだりにじんだりして、読むのが困難だったり、目を開けていることが困難で暗闇でもツラいという方もいらっしゃいます。

 

 

周囲からは
こんな誤解をされてしまう

一般的に「光」や「色」にたいして、だんだんと目が慣れていく、我慢ができること、と思われてしまいます。しかし、光ストレスのある方は目が慣れることはなく、我慢ができることでもありません。周囲とのずれが生じます。そのため「みんなそうだよ」「我慢できるでしょ?」「そのうち慣れるよ」などと我慢を強要されたり、「そんなことを気にするのは、わがままなんじゃないの?」などと逆に責められてしまうことも少なくありません。

「我慢が足りないからだ」と考えて自分を責めてしまうことも少なくありません。
「気の持ち方」や「慣れ」の問題ではありません。むしろ、苦手な光にたびたびさらされるなど、つらい体験が積み重なると苦手意識が強くなり、さらにつらくなることもあります。

 

 

 

症状
・明るさがまぶしい
・太陽の光がまぶしい
・蛍光灯の光がまぶしい
・カーテン越しやサングラス越しのあらゆる光がまぶしくて苦手
・蛍光灯の光がチカチカ見える
・ギラギラした画面を見ることができない
・LEDの光が目に刺さる
・カメラのフラッシュが極端に苦手
・色がまぶしい
・繁華街の看板の色が目に刺さる
・コントラストが強いと極端に疲れる
・スマホ画面、テレビ画面、PC画面などに目を向けることが出来ない、または見ていられない
・目の疲れ
・目の充血
・目の乾き
・目が重く感じる
・目を開けていられない
・目がショボショボする
・目がしみるような感じ
・目の焦点がぼやける
・目を閉じていても眩しい
・頭重感
・全身倦怠感
・慢性疲労
・肩や首筋、背中のこり
・睡眠障害
・頭痛
・片頭痛、鈍痛
・吐き気、気持ち悪さ
・ねむくてしょうがない
・目が開かないほどの痛み
・目の疲れがまったくとれない
・なにも見ていられない
・文字を追うことが出来ない
など

 

 

 

原因

・ドライアイ・点状表層角膜炎・逆さまつげなどの角膜の病気

・視力の低下(遠視、近視、乱視、老眼)
見えづらい状態なのに、無理して見ようするため、目の筋肉疲労が生じる場合

・目の調節衰弱の場合
目のピントを合わせる機能が衰弱していると、負荷がかかり、目が疲れやすくある

・スマホやパソコンの見過ぎ
長時間のパソコン操作やスマホを見過ぎることも、原因のひとつです。

・ 合わないメガネやコンタクトレンズの使用

・精神的ストレス
ストレス過多、疲労過多、睡眠不足等による自律神経が乱れ

・睡眠不足や疲労睡眠不足や疲れが溜まっている

・コンタクトレンズの使用
涙がコンタクトレンズに吸い取られたり、蒸発しやすくなったりと、ドライアイになりやすく眼が傷つくこと原因

・眼精疲労を起こしている場合
目を酷使することで、目の奥にある外眼筋が固くなり、まぶしさの症状がでる

など

 

 

 

■対処法

まずは、十分な睡眠や休息をとり、目を休めましょう。これに加えて、目の体操やマッサージ、ツボ押しを行うことで、症状を改善できるケースもあります。

◎帽子やフードをかぶって光を遮るようにする
乗り物に乗っている時は目を閉じて休むようにする

◎蛍光灯が苦手な方は間接照明の方が楽ですのでかえる

◎屋内では
・遮光カーテンを使う
・インテリアはカラフルなものを避けて、シンプルで落ち着いた色に統一する
・間接照明にする

◎パソコンやスマホは輝度を下げて使用をする

◎疲労がたまると視覚過敏が出やすくなるので、早め早めの休息をとる

◎職場では照明に近い場所や、窓際は避け、まぶしくない場所に座らせてもらう

◎遮光眼鏡を使用する
サングラス、偏光レンズメガネ、パソコン用メガネをかける

◎電車やバスに乗っているときには、目を閉じて休む

◎外出の際は落ち着いた明るさのお店や場所を調べておき、休憩をとるようにする

◎真っ白な紙がまぶしくて文字が読みづらいときは
・色のついた透明な下敷きを重ねる
・パソコン用メガネをかける
・定規などで文字を隠してすこしずつ見るようにする
・教科書を色のついた紙にコピーして読む
・ノートは色のついた紙を使う

◎まぶしいディスプレイにはブルーライトをカットフィルムを貼る

◎こまめに休憩をとって光による刺激をなるべく減らす工夫をする

◎疲労が溜まったり不安が強くなったりすると、症状が強くなりやすいので、自分なりにリラックスできる方法をいくつか見つけておく

◎目の体操をする
両方の目を見開き、上下左右に大きく回す
右回り、左回しの順に数回繰り返す
目を閉じて目を休める

◎マッサージをする
こめかみ、目の周り、耳を優しくマッサージすると、血行が改善されて緩和する場合があります

◎ツボを押す
まぶしさや痛みの症状があらわれたとき、目に不快感があらわれたときには、ゆっくり、心地のよい強さで押してみましょう。合谷のツボ、太陽のツボ、風池のツボなどを3秒かけて押し、3秒かけて手を離します

◎顔(とくに鼻からおでこ)に温めたタオルをのせる
タオルは冷えて冷たくなったら、もう一度温めて顔にのせる
何度か行ない循環を良くする

 

 

 

病気
「まぶしさ」は病気のサインかもしれません。

考えられる病気は
・ドライアイ
・羞明(しゅうめい)
・結膜炎
・ぶどう膜炎
・白内障
・急性緑内障発作
・ブドウ爆炎
・視神経炎
・三叉神経痛
・白内障
・結膜炎
・脳腫瘍
など

 

 

 

治療
原因の疾患を治すことが一番大切ですが、治らない状態の場合は日常生活の工夫をすることで楽になることがあります。

 

 

当サロンにいらっしゃっている方は
慢性的に光ストレスが発生してツラいという方、どんなことをしても改善せずに悩まれている方、病院では病気の診断が出ない方、病院に行っても少しも良くならない方、病名に納得がいかない方が改善をされています。

悩まれている方はぜひmomoco-happinessスクールへいらしてください。

どこに行っても改善しない

不可思議な症状や現象など、そのお悩みが無くなります

広告

Follow Me!