電話でお問い合わせ

08098308349

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

ホームページリニューアルにつきまして

テーマエラーにより、ホームページ内容が消えてしまった部分があります。ただいま、再度記載をしております。

トップメニュー「ご来店されているお客様の特徴」
こちらの「改善症状」の症状説明も消えてしまった部分があります。
以前の内容に加えて、さらに当サロンで改善する症状内容をくわしくプラスしています。

たくさん改善する症状がありますので、すべての症状を記載するまでに、半年はかかりそうですが、随時UPされていきますので、楽しみにしていてください。

みなさまに見やすく分かりやすいサイトとなるように、これからも努めてまいります。


ご来店されているお客様の特徴

改善症状:咽喉頭異常感症・ヒステリー球

 

咽喉頭異常感症・ヒステリー球とは

風邪をひいたわけでもないのに、不快感がある、異物感がある、喉がつまって苦しい、喉に何だか違和感がある、喉に何かがつかえている感じがする、物が飲み込みにくい、など、喉に何らかの異常感を訴える症状のうち、病院で検査をしても原因がわからない、このような症状があることを「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)」または「ヒステリー球」と呼ばれています。これは病気ではありませんがDSMの診断基準上「鑑別不能型身体表現性障害」の感覚障害の一種に分類されます。

ストレスによって喉の違和感が生じやすくなることがわかっていますが、詳細なメカニズムは明らかではありません。

人によって辛い症状は異なりますが、咳、痰、喉の痛み、喉の圧迫感、吐き気、不安感、胸やけ、腹部膨満感(お腹が張ったような感覚)などが生じるケースがみられます。

 

 

 

症状

・物がつかえる

・締めつけられる

・イガイガする

・何か物があるような感じがする

・物が飲み込みづらい

・喉の痛みや息苦しさ、吐き気、不安感、胸やけなどの症状が現れる

・のどに違和感がある

・のどがすっきりしない

・異物感がある

息がしにくい、または呼吸がしにくい

・しゃべりにくい、音としての声が出しにくい

・飲み込みにくい

など

 

 

 

原因

●全身の異常:のどの過敏性、嚥下(えんげ:飲み込むこと)機能の低下、鉄欠乏性貧血、自律神経失調症、更年期障害、など

●精神的なもの(病気):うつ病、心身症、神経症(不安神経症、がんに対する恐怖、ヒステリー)など

のどの過敏性に問題があるほか、更年期障害や自律神経失調症、うつ病など精神的症状の目立つ病気に見られることが多く、心理的に大きなストレスがかかった場合に喉の違和感が悪化する傾向にあります。

 

 

 

なりやすい人の傾向

・ストレスをため込みやすい

・責任感が強い人

・我慢強い人

普段からストレスを発散することが苦手

・嫌な思いをしても我慢してしまう

強いショックやストレスを受けた

食欲が落ちた

・誰かに打ち明けることができず一人で抱え込んでしまう

・月経や妊娠・出産・閉経期でホルモンバランスが乱れやすい女性

・心配性な人

・生真面目な人

・我慢強い人

・不安を感じやすい人

 

 

 

 

改善方法

次の対策や生活習慣を実践してみましょう。
  • リラックスする
  • 腹式呼吸を行う
  • 衣服の締め付けをなくす
  • こまめにうがいをして、安静に過ごす
  • 深呼吸をする(口をすぼめてゆっくり呼吸する)
  • 座った状態で、テーブルに肘をついて体を丸めるようにする
  • 首の体操をする

など

 

 

検査・診断

原因を見つけるには、血液検査や専用の質問問診票、心理テスト、医師による問診などが重要になります。
内視鏡で喉に異常がないかを視診したり、頸部を触って腫れやしこりがないかを触診したりするほか、エックス線検査やCT検査、MRI検査、頸部超音波検査などの画像検査を使い、腫瘍などの異常がないかを調べます。小さな病変の見逃しもないように慎重に行った上で、特に病気が見当たらない場合に咽喉頭異常感症と診断します。

 

 

治療
器質的疾患を認めない咽喉頭異常感症(ヒステリー球)に対する確実な治療法はありません。その症状や原因に合わせた治療を行います。慢性咽頭炎や逆流性食道炎、慢性気管支炎、甲状腺疾患、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、鉄欠乏性貧血、自律神経失調症、更年期障害、糖尿病、自律神経失調症などが発症要因の場合は、それらの疾患を治療する必要があります。そのほか、カウンセリングなどの心理療法が行われることもあります。

 

 

 

当サロンにいらっしゃっている方は

咽喉頭異常感症・ヒステリー球の症状改善をしています。

病院に行っても少しも良くならない方、病名に納得がいかない方が改善をされています。

悩まれている方はぜひmomoco-happinessスクールへいらしてください。

どこに行っても改善しない

不可思議な症状や現象など、そのお悩みが無くなります

広告

 


 


momoco-happiness

悩む人生を終わりに

ホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます

沢山の能力を持つmomoco♡⋆が創案した

世界初の能力者専門サロン

当サロンでしか学べないスクール&受けられないエネルギーメニュー

HSP能力・エンパス能力・逆エンパス能力・たくさんの能力の改善

の他、能力によって引き起こされる様々な症状や現象、異常が改善

すべての不快から卒業できます

どこに行っても治らない『こころ』や『身体』の異常

不可思議な現象

敏感過敏なお悩み

寝たきり

日常生活ができない

毎日がつらい

さまざまな『生きづらさ』の改善ができます

もう病院には通わない

悩まない

あこがれの理想の生活へ

改善症状

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

悪夢障害 アダルトチルドレン/機能不全家族(毒親) エンパス

逆エンパス たくさんの能力 単純意識 寝たきり 脳回転障害 発達障害 発達性ディスレクシア/読み書き障害 巫女気質・精霊異常 離人感/現実感消失症 ADHD(注意欠如多動性障害) ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害) Clair(クレア) Clairaudience(クレアオーディエンス) Claircognizance(クレアコグニシンス) Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス) Clairtangency(クレアタンジェンシー) Clairvoyanceクレアボヤンス) Crystal Children(クリスタルチルドレン) DCD(発達性協調運動障害) HSP Indigo Children(インディゴチルドレン) Rainbow Children(レインボーチルドレン) SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

身体症状

咽喉頭異常感症/ヒステリー球 肩こり 眼精疲労 気象病/天気痛 虚弱体質 首こり(頸椎の後ろ側) 首こり(頸椎の前側) 過敏性腸症候群 身体に力が入る 気持ち悪さ 首のしこり 鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり こわばり感 頭痛 背中のこり 線維筋痛症 手の違和感/痛み 認知機能障害 能力者の風邪症候群 能力者の眠気 能力者の腫れ/むくみ 能力者の冷え性 能力者の変形性関節症 能力性弱視 能力性脱力マヒ 能力性肌異常 能力性疲労 能力性腰痛/腰痛 疲労感/だるさ(倦怠感) 腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ) 不正出血 不定愁訴 慢性疲労症候群 卵巣の痛み/違和感

 

こころの症状

アドバイス脳(脳支配) 完璧主義 危険察知能力 気象病/天気痛 急性ストレス障害 思考の切上げ 自己犠牲 自己脳(脳支配) 社会不安障害/社交不安障害(SAD) 弱思考 全般不安症/全般性不安障害(GAD) 双極性障害 都合のいい人 能力者の情緒不安定 能力性広場恐怖症 能力性パニック 能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害) 不安思考 不安障害

 

状態症状

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症 アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症 音ストレス 感覚過敏 気候不調 空間が歪む/地面がゆれる 邪気異常 邪気中毒 施術異常 つきまとい行為 光ストレス 能力者の失語 パーソナリティー障害 見えている世界が暗く感じる

 

その他の症状

頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状・あなたはこうね、またはこうだといつも決めつけられること・言いたいことが言えない・依存症・いつも大きな試練があってツラいこと・円背(猫背)・お尻の痛み・音や文字が形で見えてツラいこと・解離性障害・顔色が悪い・過敏・髪の毛の傷み・身体が動きにくい・寒暖差疲労・関節の痛み・頑張らないと生きられないこと・気分の落ち込み・強迫症/強迫性障害・薬が効かない・下痢と嘔吐が一緒にでる・声が出ない・心も体も重い疲れ・コミュニケーション症・左右の足のバランスが悪さ死にたい不安感・自分がない・自分の感情が分からない・邪気を受けること・睡眠障害・すぐ落ち込む・座っていられない・摂食障害・咳が出る・選択性緘黙/場面緘黙症・全身の激痛・全身の冷え・全身のほてり・繊細・体臭が臭い・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)・タイムスリップ・タイムリープ・体力がない・立っていられない・他人と比較してしまうこと・楽しい気分で居てはいけない気がする・適応障害・手に力を入れていないと座っていられない・テレポーテーション・テレパシー・統合失調症・寝ているのもツラい・認知症・NO!と言えない・喉が詰まる・喉の違和感と苦しみ・乗り物酔い・肌荒れ(とくに顔、手、腰、の肌のかさつき、かゆみ等)・発達性協調運動症・パニック症/パニック障害・冷や汗かく・敏感・二日酔い・めまい・眼を開けていられない・朦朧とする・文字がぼやけて読めない・良い悪いが自分で判断できない・理解障害離人現実感喪失症候群 など 


おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA