咽喉頭異常感症・ヒステリー球

ベーシックコースで卒業

咽喉頭異常感症・ヒステリー球とは

風邪をひいたわけでもないのに、不快感がある、異物感がある、喉がつまって苦しい、喉に何だか違和感がある、喉に何かがつかえている感じがする、物が飲み込みにくい、など、喉に何らかの異常感を訴える症状のうち、病院で検査をしても原因がわからない、このような症状があることを「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)」または「ヒステリー球」と呼ばれています。これは病気ではありませんがDSMの診断基準上「鑑別不能型身体表現性障害」の感覚障害の一種に分類されます。

ストレスによって喉の違和感が生じやすくなることがわかっていますが、詳細なメカニズムは明らかではありません。

人によって辛い症状は異なりますが、咳、痰、喉の痛み、喉の圧迫感、吐き気、不安感、胸やけ、腹部膨満感(お腹が張ったような感覚)などが生じるケースがみられます。

 

 

 

症状

・物がつかえる

・締めつけられる

・イガイガする

・何か物があるような感じがする

・物が飲み込みづらい

・喉の痛みや息苦しさ、吐き気、不安感、胸やけなどの症状が現れる

・のどに違和感がある

・のどがすっきりしない

・異物感がある

息がしにくい、または呼吸がしにくい

・しゃべりにくい、音としての声が出しにくい

・飲み込みにくい

など

 

 

 

なりやすい人の傾向

・ストレスをため込みやすい

・責任感が強い人

・我慢強い人

普段からストレスを発散することが苦手

・嫌な思いをしても我慢してしまう

強いショックやストレスを受けた

食欲が落ちた

・誰かに打ち明けることができず一人で抱え込んでしまう

・月経や妊娠・出産・閉経期でホルモンバランスが乱れやすい女性

・心配性な人

・生真面目な人

・我慢強い人

・不安を感じやすい人

 


 

🔼クリックをしてご覧ください

🔼クリックをしてご覧ください

タイトルとURLをコピーしました