寝たきり

momoco-happinessでは寝たきりが改善します。

 

寝たきりとは

「どこも悪くないのにどうしても起き上がることができない」「身体を動かそうとしても言うことを聞かない」「何か月、何年、何十年と寝たきりを繰り返す」など病院の検査では特定の異常が出ないのに「寝たきり」の状態になってしまうことを指します。また寝たきりに伴い「廃用症候群(生活不活発病)」「ロコモティブシンドローム(運動器症候)」など、さまざまな症候が起こる事も含みます。

廃用症候群とは「長期臥床(寝たきり)により、心身の活動性が低下してきたことにより引き起こされる病的状態」と定義されています。生活不活発病(せいかつふかっぱつびょう)と呼ばれることもあります。

廃用症候群は体を動かさなくなることで少しずつ進行する症状で、病気やケガなどで安静を保つ必要があったりして運動量が減ることで、筋肉や関節、臓器などがうまく機能しなくなります。絶対安静の状態で運動ができない状態が続くと、人間の筋力は、1週間の絶対安静で10~15%、3~5週間で50%まで低下します。また筋肉の萎縮も同時に起こるため、2か月以内に筋肉の量は半分になるといわれています。さらに、うつ状態になったり、やる気が減退したりと、精神的な機能低下も見られます。

似たような症状に「ロコモティブシンドローム」(ロコモ、運動器症候群)があります。
足腰の衰えなどが原因で、歩行や日常生活に何らかの障害をきたしている状態のことを指します。原因は加齢による衰えや筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害がおこることが挙げられます。

体を動かすことは、筋肉や関節を動かすだけでなく、たくさんの臓器の働きにも関わっています。そのため、体を動かさない状態が長く続くと、身体機能が衰え、心身の様々な機能が低下してしまいます。

症状

・片脚立ちでで靴下がはけない

・ゆっくりとしか動けない

・階段を上がるのに身体症状が伴いツラい

・家の仕事が困難である

・買い物が困難である

・買い物をして持ち帰るのが困難である

・15分くらい続けて歩くことが出来ない

・横断歩道を青信号で渡り切れない

・1枚の用紙さえ持っていることが出来ない

・つねに何かしらの身体症状が伴う

など

➀運動器障害

・筋萎縮

筋肉がやせ衰えて筋力低下がおこると、「疲れる」「動きたくない」「動けない」などの不活動な習慣になり、さらに筋力低下や不活動な習慣になってしまいがちです。

・関節を動かせる範囲(可動域)が狭まる

筋力が低下することなどで、バランスがとりづらくなったり、関節などに痛みが出たりします。

・生活や社会活動の範囲が狭まる傾向

痛みへの恐怖、バランス能力低下による不安感、関節可動域が狭まることによる歩幅の縮小など、歩きづらくなると歩く機会がおのずと減り、外出を避けて引きこもるようになります

・1人では歩けなくなる。または寝たきりになる。

屋内での移動も徐々に困難になると、立ち上がりや歩行が1人では困難な状態になってきます。さらにはベッド周辺でしか生活できない寝たきりの状態になってしまう傾向があります。

・骨萎縮

骨がスカスカになりもろくなる。加齢とともに骨が細くなり骨量が減ることによって起こる。

体を動かす機会が減ることによって食事量が減り、栄養が減ることも原因の一つです。

②循環・呼吸器障害

・心機能の低下

・血栓塞栓症

・全身持久力の低下

・起立性低血圧

寝たきり状態になると副交感神経の活動停滞がおこり、心臓から血液が全身に運ばれにくくなります。心拍数の低下とともに低血圧や意識障害がみられるようになります。そして呼吸筋の衰えにより肺活量、換気量ともに減少、重力によって細気管支に粘液が溜まりやすく、細菌感染を引き起こしやすくなります。また、起き上がろうとしたときに血圧の低下が見られる起立性低血圧も起こりやすくなるのです。

予防には充分な水分と塩分をとること。深部静脈血栓症の予防には弾性ストッキングをはくことが効果的。

➂呼吸器系
・呼吸回数増加
・肺炎

横になっていることで呼吸するための筋肉が動かしにくくなり、呼吸が浅くなります。その結果、呼吸回数が増えることに。

呼吸のための筋肉が動かしにくいと、咳がしにくくなり気道内の分泌物がたまりやすく肺炎の原因になります。

予防には深呼吸や腹式呼吸。

➃消化器系

環境の変化や活動量が低下することで起こる
・食欲低下
・便秘

➄自律神経・精神障害

・抗うつ状態
・せん妄:周りの状況が理解できず、ぼんやりして幻覚や錯覚が見られる。
・見当識障害:今いる場所や時間がわからなくなる。
・認知機能低下:いわゆる「物忘れ」です。

⑥泌尿器系
・尿路結石
・尿路感染症

予防は充分な水分を摂ること。オムツや尿器を使わず、できるだけトイレで排尿しましょう。

⑦皮膚系

・肌荒れ

・黒ずみ

・床ずれ

同じ姿勢でベッドに横になっていることにより、体の一部が圧迫され血行障害が起こります。

予防には、同じ姿勢で2時間以上は寝ないこと。保湿クリームの塗布をすること。

一般的な原因

・脳卒中や認知症、骨折・転倒

・過度の安静状態

・運動量の減少すること

・関節の痛みや動きの鈍り

・運動器自体の疾患

・加齢による運動器機能不全
など

痛み、関節可動域制限、筋力低下、麻痺、骨折、痙性、持久力低下、反応時間延長、運動速度の低下などにより、バランス能力、体力、移動能力の低下をきたします。ついには、立って歩く、衣服の着脱や、トイレなど、最低限の日常生活動作(ADL)さえも、自立して行えなくなくなり、寝たきりなどの「要介護状態」になっていきます。

一般的な予防方法

・とにかく体を動かすこと

・栄養バランスが整った食事

・固まった筋肉をマッサージなどでほぐす

・血流を促してあげる

・十分に水分を補給する

・精神的なケアをする

・座る、立つを意識する

メタボも痩せすぎも要注意ですので、正しい食生活で運動器の健康を守りましょう。

そして、とても重要な「筋肉」や「骨」はつねに生まれ変わっています。生まれ変わるための材料が必要になりますので、「筋肉」や「骨」を強くする食生活をしていきましょう。

 

どこに行っても治らない

こころ・身体・状態
様々な異常から卒業します
世界でここだけでしか受けられないオリジナルスクール

 


 

改善症状

momoco-happinessで改善する症状一覧です

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

 

○あいうえお順、ABC順

悪夢障害

 

アダルトチルドレン

 

エンパス

 

逆エンパス

 

たくさんの能力

 

単純意識

 

寝たきり

 

脳回転障害

 

発達障害

 

発達性ディスレクシア/読み書き障害

 

神霊異常/精霊異常

 

離人感/現実感消失症

 

ADHD(注意欠如多動性障害)

 

ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害)

 

Clair(クレア)

 

Clairaudience(クレアオーディエンス)

 

Claircognizance(クレアコグニシンス)

 

Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス)

 

Clairtangency(クレアタンジェンシー)

 

Clairvoyanceクレアボヤンス)

 

Crystal Children(クリスタルチルドレン)

 

DCD(発達性協調運動障害)

 

HSP

 

Indigo Children(インディゴチルドレン)

 

Rainbow Children(レインボーチルドレン)

 

SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

 

 

咽喉頭異常感症/ヒステリー球

 

肩こり

 

眼精疲労

 

気象病/天気痛
虚弱体質

 

首こり(頸椎の後ろ側)

 

首こり(頸椎の前側)

 

過敏性腸症候群

 

身体に力が入る

 

気持ち悪さ

 

首のしこり

 

鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり

 

こわばり感

 

頭痛

 

背中のこり

 

線維筋痛症

 

手の違和感/痛み

 

認知機能障害

 

能力者の風邪症候群

 

能力者の眠気

 

能力者の腫れ/むくみ

 

能力者の冷え性

 

能力者の変形性関節症

 

能力性弱視

 

能力性脱力マヒ

 

能力性肌異常

 

能力性疲労

 

能力性腰痛/腰痛

 

疲労感/だるさ(倦怠感)

 

腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ)

 

不正出血

 

不定愁訴

 

慢性疲労症候群

 

卵巣の痛み/違和感

 

 

 

アドバイス脳(脳支配)

 

完璧主義

 

危険察知能力

 

気象病/天気痛

 

急性ストレス障害

 

思考の切上げ

 

自己犠牲

 

自己脳(脳支配)

 

社会不安障害/社交不安障害(SAD)

 

弱思考

 

全般不安症/全般性不安障害(GAD)

 

双極性障害

 

都合のいい人

 

能力者の情緒不安定

 

能力性広場恐怖症

 

能力性パニック

 

能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害)

 

不安思考

 

不安障害

 

 

 

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症

 

アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症

 

音ストレス

 

感覚過敏

 

気候不調

 

空間が歪む/地面がゆれる

 

邪気異常

 

邪気中毒

 

施術異常

 

つきまとい行為

 

光ストレス

 

能力者の失語

 

パーソナリティー障害

 

見えている世界が暗く感じる

 

 

 

・あくびが出ない

・脚のコリ

・頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状

・頭のコリ

・あたふたする

・あなたはこうね、または、あなたはこうだといつも決めつけられる

・歩けない

 

 

・言いたいことが言えない

・息切れ

・息苦しさ

・依存症

・胃痛

・いつも大きな試練があってツラい

 

 

・うつ病

・運動障害(SBMA)

 

 

・円背(猫背)

 

 

・嘔吐

・怒っているように見える

・お尻の痛み

・音や文字が形で見えてツラい

・お腹の重さや苦しさや張り感

・重くて注射も効かない激痛の肩こり

・おりもの

 

 

・解離性障害

・顔色が悪い

・顔のコリ

・過覚醒

・過敏

・髪の毛の傷み

・寒暖差疲労

・関節の痛み

・頑張らないと生きられない

 

 

・聞こえづらい

・聞こえすぎる

・気分の落ち込み

・強迫症/強迫性障害

・筋肉のコリ

 

 

・薬が効かない

 

 

・下血

・下痢

・下痢と嘔吐が一緒におこる

・腱、靭帯、筋膜の柔軟性の衰え

 

 

・構音障害(SBMA)

・声が出ない

・こころが重い疲れ

・コミュニケーション症

 

 

・左右の足のバランスが悪い

 

 

・死にたい不安感

・自分がない

・自分の感情が分からない

・邪気を受ける

・食欲不振

・身体が動きにくい

・身体に力が入らない

・身体の重い疲れ

 

 

 

・睡眠障害

・数字恐怖症(22、33、44、など)

・少しの光さえまぶしくてツラい

・すぐ落ち込む

・座っていられない

 

 

・生理異常(痛み、血色、日数、重さ、月経前症候群(PMS))

・摂食障害

・咳が出る

・選択性緘黙/場面緘黙症

・全身がかゆい

・全身の激痛

・全身の倦怠感

・全身がこわばる

・全身の冷え

・全身のほてり

・繊細

 

 

・体温異常(平熱34度、または平熱38度など)

・体臭が臭い

・態度が悪く見える

・態度がデカく見える

・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)

・タイムスリップ

・タイムリープ

・体力がない

・立っていられない

・他人と比較してしまう

・楽しい気分で居てはいけない気がする

 

 

・適応障害

・手に力を入れていないと座っていられない

・手のコリ

・テレポーテーション

・テレパシー

 

 

・統合失調症

・動悸

・胴体のコリ

 

 

・内蔵のコリ

 

 

・認知症

 

 

・寝ているのもツラい

 

 

・NO!と言えない

・喉のつまり感

・喉の違和感と苦しみ

・乗り物酔い

 

 

・吐き気

・肌荒れ、肌乾燥(とくに顔、手、腰、のかさつき、かゆみ等)

・発汗

・発達性協調運動症

・パニック症/パニック障害

 

 

・冷や汗

・敏感

 

 

・腹痛

・二日酔い

・ふるえ

 

 

・骨のコリ

 

 

・毎日違う人にストーカーをされる

 

 

・目つきが悪い

・めまい

・眼を開けていられない

 

 

・朦朧とする

・文字がぼやけて読めない

・ものが飲み込みづらい

 

 

・良い悪いが自分で判断できない

・抑うつ気分

 

 

・理解障害

・離人現実感喪失症候群

 

 

・冷静に考えられない

・冷静に行動できない

 

タイトルとURLをコピーしました