電話でお問い合わせ

08066133033

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

感覚過敏の一種

聴覚過敏とは

  • 小さな物音が気になる
  • 音の遠近感をうまく把握できない
  • 人混みなどの騒がしい場所だとすぐに疲れる
  • 突然大きな音がとても苦痛、特定の音や声の苦手がある、耳に突き刺さるように感じて苦痛を覚える(例:ベル、掃除機、スピーカー、マイク、金属音、サイレン、雷、花火、赤ちゃんの泣き声、怒鳴り声)
  • そうぞうしい場所ではまったく集中ができない
  • すこしの音や音楽があると集中できない
  • 話の聞き取りが難しい(必要な音や声だけを選んで聞くことができない)
  • 時計の秒針や換気扇などの生活音がとても気になる、気になって我慢が出来ない
  • 普通に感じられる程度の音が、非常に大きく感じられる
  • 目の前の人と会話しているときに、相手の話だけではなく周りの声や雑音が等しく混ざったように聞こえる
  • 耳の奥が痛くなったり、頭痛やめまい等を伴うこともある
  • 小さな音や大きな音、全部を拾ってしまって、疲れ、めまい、はきけ、気持ち悪さ、違和感、不愉快、イライラ、不安感等を引きおこす
  • 喫茶店や居酒屋、授業や会議などで相手の話だけでなく食器の音や周りの声などまで聞こえて、誰が何をしゃべっているのかわからなくなる、混乱をし、焦りや冷や汗、自分の思考や立場、意見など全てが分からなくなる

 

聴覚過敏 発達障害児・者は、環境音や人の声などの聴覚刺激を不快に感じることが多い。「赤ちゃんの泣き声がとても苦手」という項目は、発達者の中に該当者がおらず、発達障害に特有の聴覚過敏とされている。

アメリカ精神医学会の診断基準『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』)において、発達障害の自閉スペクトラム症の特性のひとつとして感覚過敏性などの感覚異常。

Follow Me!