疲労感・だるさ(倦怠感)

ベーシックコースで卒業

疲労感・だるさ(倦怠感)とは

発熱、痛みとともに、体を一定に保つ恒常性(ホメオスタシス)に対するアラーム機構だといわれています。疲れやだるさを感じるときは「休みなさい」という、体が発する危険信号のひとつとされており、休息を必要としているサインです。

以前には、「疲労・倦怠感」は、運動などにより体の中に乳酸が蓄積することで起こる、と考えられていましたが、これは一過性あり、運動後1時間以内には元のレベルまで戻ります。1カ月以上にわたり疲労感やだるさなどの症状が出ることを指します。

 

 

 

症状

・強い倦怠感があり、日常生活にも支障がでている

・立っている、または座っている、と物事を考えたり、判断するのが難しいと感じる

・眠れない、またはぐっすり寝た気がしない

・活動後は強い疲労や倦怠感を感じる(運動や家事を含む)

・日常的に疲労感やだるさ(倦怠感)を感じる

・身体に元気がない、やるきがない

 

 

 

原因

倦怠感やだるさは、男女問わず幅広い年齢層にみられます。下記のようなときに現れることがあります。

  • 運動や労働で身体を酷使したとき
  • ビタミン・ミネラルなど、栄養が不十分なことによるエネルギーの不足
  • 体を酷使したことによる疲労の蓄積
  • 精神的なストレスによる疲労(感)
  • 睡眠不足のとき
  • 偏った食事が続いているとき
  • 精神的なストレスが蓄積しているとき
  • 病気にかかっているとき
  • 過労
  • 睡眠不足
  • 不規則な生活
  • 人間関係や仕事によるプレッシャー
  • 環境の変化
  • 偏った食事による栄養バランスの乱れ
  • 身体的疲労
  • インフルエンザウイルスなどの感染症
  • 体やこころの病気
  • 貧血
  • 薬剤性
  • 精神的疲労
  • 過剰なお酒の摂取
  • 女性ホルモンのバランスの乱れ

など

 

 

予防方法

➀規則正しい生活を心がける

十分な休息をとる

ストレスを解消する

栄養バランスのとれた食事をする

➄適度な運動をする

⑥バランスの良い食事をとる

⑦十分な睡眠をとる

⑧市販の薬を使う

など

 

 

改善方法

・改善する食べ物、セロトニンの原料となるトリプトファンを多く含む食材がおすすめです。味噌などの大豆製品、乳製品、バナナ、穀類などがあげられます。

 

・質のいい睡眠

夕方の運動は深部体温を上げ、質の良い睡眠をもたらしてくれます。

 

・強い光は睡眠ホルモンのメラトニンを低下させてしまうため、寝る1〜2時間前から携帯やゲーム機器、PCはできるだけオフにして部屋の明かりを落としたりしましょう。

 

・適切な睡眠時間は人それぞれですが、一般的に脳のメンテナンスのためには、1日約6~8時間の睡眠が必要です。夜寝る時間より朝起きる時間を一定にする、朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びる、起きてから6時間後に短時間(20~30分間)の仮眠をとる、など

 

その他

・アルコールは控える

・入浴

・コーヒーを飲むこと

・アニマルセラピー

・笑うこと、笑顔(作り笑いでも可)

・アロマセラピー

・指圧

・リラックスする

・軽い運動

・ぐっすり眠ること

・背中や体の中心を温める

など

どこに行っても治らない

こころ・身体・状態
様々な異常から卒業します
世界でここだけでしか受けられないオリジナルスクール

 


 

改善症状

momoco-happiness-soraで改善する症状一覧です

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

 

○あいうえお順、ABC順

悪夢障害

 

アダルトチルドレン

 

エンパス

 

逆エンパス

 

たくさんの能力

 

単純意識

 

寝たきり

 

脳回転障害

 

発達障害

 

発達性ディスレクシア/読み書き障害

 

神霊異常/精霊異常

 

離人感/現実感消失症

 

ADHD(注意欠如多動性障害)

 

ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害)

 

Clair(クレア)

 

Clairaudience(クレアオーディエンス)

 

Claircognizance(クレアコグニシンス)

 

Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス)

 

Clairtangency(クレアタンジェンシー)

 

Clairvoyanceクレアボヤンス)

 

Crystal Children(クリスタルチルドレン)

 

DCD(発達性協調運動障害)

 

HSP

 

Indigo Children(インディゴチルドレン)

 

Rainbow Children(レインボーチルドレン)

 

SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

 

 

咽喉頭異常感症/ヒステリー球

 

肩こり

 

眼精疲労

 

気象病/天気痛
虚弱体質

 

首こり(頸椎の後ろ側)

 

首こり(頸椎の前側)

 

過敏性腸症候群

 

身体に力が入る

 

気持ち悪さ

 

首のしこり

 

鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり

 

こわばり感

 

頭痛

 

背中のこり

 

線維筋痛症

 

手の違和感/痛み

 

認知機能障害

 

能力者の風邪症候群

 

能力者の眠気

 

能力者の腫れ/むくみ

 

能力者の冷え性

 

能力者の変形性関節症

 

能力性弱視

 

能力性脱力マヒ

 

能力性肌異常

 

能力性疲労

 

能力性腰痛/腰痛

 

疲労感/だるさ(倦怠感)

 

腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ)

 

不正出血

 

不定愁訴

 

慢性疲労症候群

 

卵巣の痛み/違和感

 

 

 

アドバイス脳(脳支配)

 

完璧主義

 

危険察知能力

 

気象病/天気痛

 

急性ストレス障害

 

思考の切上げ

 

自己犠牲

 

自己脳(脳支配)

 

社会不安障害/社交不安障害(SAD)

 

弱思考

 

全般不安症/全般性不安障害(GAD)

 

双極性障害

 

都合のいい人

 

能力者の情緒不安定

 

能力性広場恐怖症

 

能力性パニック

 

能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害)

 

不安思考

 

不安障害

 

 

 

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症

 

アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症

 

音ストレス

 

感覚過敏

 

空間が歪む/地面がゆれる

 

邪気異常

 

邪気中毒

 

施術異常

 

つきまとい行為

 

光ストレス

 

能力者の失語

 

パーソナリティー障害

 

見えている世界が暗く感じる

 

 

 

・あくびが出ない

・脚のコリ

・頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状

・頭のコリ

・あたふたする

・あなたはこうね、または、あなたはこうだといつも決めつけられる

・歩けない

 

 

・言いたいことが言えない

・息切れ

・息苦しさ

・依存症

・胃痛

・いつも大きな試練があってツラい

 

 

・うつ病

・運動障害(SBMA)

 

 

・円背(猫背)

 

 

・嘔吐

・怒っているように見える

・お尻の痛み

・音や文字が形で見えてツラい

・お腹の重さや苦しさや張り感

・重くて注射も効かない激痛の肩こり

・おりもの

 

 

・解離性障害

・顔色が悪い

・顔のコリ

・過覚醒

・過敏

・髪の毛の傷み

・寒暖差疲労

・関節の痛み

・頑張らないと生きられない

 

 

・聞こえづらい

・聞こえすぎる

・気分の落ち込み

・強迫症/強迫性障害

・筋肉のコリ

 

 

・薬が効かない

 

 

・下血

・下痢

・下痢と嘔吐が一緒におこる

・腱、靭帯、筋膜の柔軟性の衰え

 

 

・構音障害(SBMA)

・声が出ない

・こころが重い疲れ

・コミュニケーション症

 

 

・左右の足のバランスが悪い

 

 

・死にたい不安感

・自分がない

・自分の感情が分からない

・邪気を受ける

・食欲不振

・身体が動きにくい

・身体に力が入らない

・身体の重い疲れ

 

 

 

・睡眠障害

・数字恐怖症(22、33、44、など)

・少しの光さえまぶしくてツラい

・すぐ落ち込む

・座っていられない

 

 

・生理異常(痛み、血色、日数、重さ、月経前症候群(PMS))

・摂食障害

・咳が出る

・選択性緘黙/場面緘黙症

・全身がかゆい

・全身の激痛

・全身の倦怠感

・全身がこわばる

・全身の冷え

・全身のほてり

・繊細

 

 

・体温異常(平熱34度、または平熱38度など)

・体臭が臭い

・態度が悪く見える

・態度がデカく見える

・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)

・タイムスリップ

・タイムリープ

・体力がない

・立っていられない

・他人と比較してしまう

・楽しい気分で居てはいけない気がする

 

 

・適応障害

・手に力を入れていないと座っていられない

・手のコリ

・テレポーテーション

・テレパシー

 

 

・統合失調症

・動悸

・胴体のコリ

 

 

・内蔵のコリ

 

 

・認知症

 

 

・寝ているのもツラい

 

 

・NO!と言えない

・喉のつまり感

・喉の違和感と苦しみ

・乗り物酔い

 

 

・吐き気

・肌荒れ、肌乾燥(とくに顔、手、腰、のかさつき、かゆみ等)

・発汗

・発達性協調運動症

・パニック症/パニック障害

 

 

・冷や汗

・敏感

 

 

・腹痛

・二日酔い

・ふるえ

 

 

・骨のコリ

 

 

・毎日違う人にストーカーをされる

 

 

・目つきが悪い

・めまい

・眼を開けていられない

 

 

・朦朧とする

・文字がぼやけて読めない

・ものが飲み込みづらい

 

 

・良い悪いが自分で判断できない

・抑うつ気分

 

 

・理解障害

・離人現実感喪失症候群

 

 

・冷静に考えられない

・冷静に行動できない

 

タイトルとURLをコピーしました