私が能力について知っていった過程

私のエンパス攻略

私に敏感な能力がある事を知った時、一番最初は「エンパス」という言葉を知りませんでした。

自分の病気や症状などで、検索をして出てきたのは ジークムント・フロイト (Sigmund Freud)オーストリアの精神科医。

私は「 ジークムント・フロイト 」のイド、自我、超自我から入りお勉強をしていきます。

分かりやすかったのでこちらを引用させていただきました。

構造論 | 心理学用語集サイコタム
構造論の定義構造論とは、フロイト,S.により提唱されたパーソナリティ理論である心的装置論の1つです。局所論の後に示されたもので、「第2局所論」とも呼ばれます。イド、自我、超自我という3つの構造と、その相互作用により、心的...
第11講 自我と自己について - ゆめのよどみに
 無意識を発見したのはフロイトではないが、失錯行為や夢を題材にそれを研究し、ある...
自我とエス
「自我とエス」はフロイトの1923年の論文・エ&#12...

 

ここから、いろいろと調べてエンパシー・エンパスを知っていきます。共感性や敏感さについて修行をしながら、ネットでも、実践でも、学んで攻略をしていきました。

 

 

まずは、 共感(Sympathy,Empathy) という言葉の意味です。

Sympathy)同情、思いやり、あわれみ、同情心、弔慰(ちようい)、弔問、悔やみ、悔やみ状、同感、共鳴

Empathy)共感、感情移入

 ※Weblio英和辞典・和英辞典 引用

 

共感(Sympathy)

定義:

ティッチェナー(Titchener,E.B.)対象を人間化し、自分自身をそれらの中に読み(reading)入れる、或いは感じ入れる過程

フロイト(Freud)感情移入(共感)「我々は生じている人の身体状態を考慮に入れ、自分自身をその中に置き、それを分自身のものと比較することで、それを理解しようと試みる」こと

アダムスミス(Adam Smith)どんな人間にも他者に対する同情やあわれみといった感情が生じる

 

解説(説明) :共感という概念

共感という言葉は、ヨーロッパにおいて古くから使われ、それは古代ギリシャ語のempatheiaに由来するものである。
17世紀頃から哲学、倫理学、美学などで取り上げられてきた。そこでは「共感(empathy)」という語はまだ用いられておらず、主に、「同情(sympathy)」や「あわれみ(pity)」、「感情移入(Einfuhlung)」という語によって現代の共感に近い概念が扱われてきたようである。
心理的な概念としては、19世紀末にドイツの心理学者リップス(Lipps,T.)が感情移入(Einfuhlung)という言葉で述べたのが始まりとされており、それをティッチェナー(Titchener,E.B.)が英語のEmpathyという言葉に翻訳して広めた。

共感能力に関与する条件

・人間的なものへの関心
まず何をおいても、相手に対する関心がどれほど強いかが、共感的でありえるかどうかの分岐点になる。
・豊かな感受性
共感は、相手の感情に反応することであるから、感受性の豊かな人ほど、共感の幅が広いと言える。https://www2.gsis.kumamoto-u.ac.jp/~media/2000/book/01/key4.htm 引用

 

最初はヨーロッパからだったんですね~

 

「共感」というより、日本では「共感性」という言葉が沢山ネットで出ています。共感性を重視している日本ならではですかね。共感性のチェックもできます

「共感性」の論文が沢山出ていたので興味がある方は読んでみて下さい。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sjpr/58/3/58_411/_pdf
山岸の課題
共感の心理学|心理学博士の備忘録|note
「共感」(Empathy)は,心理学の分野で,「共感性」と表現されることが多い。 「共感性」という用語自体は,ドイツ美学で使われていた観察対象への自己の投影を表す「感情移入」からの由来であり,運動模倣を通して作品を理解する手段として考えられてきた(Wispe, 1986)。 共感性は,認知的・感情的な傾向を示...

 

pastedGraphic_3.png

🟦今回のメインであるエンパス🟦

沢山調べても、エンパス創始者が分からない…。エンパシーではなく、エンパスと言った方。どなたでしょう…?…19世紀にも呼んでいた方はいるのではと思うのですが…。エンパスではなくてもエンパスの原型になるのもが…

世界にエンパスを広めた「ローズ・ローズトゥリー氏」の本を取り寄せているので、届いたら分かるかもしれませんね。

ーその後、「ローズ・ローズトゥリー氏」の本にも載っていませんでした。

 

 

エンパス診断

診断はYES・NOでお答えください。

1. 強くなりたい、または、優しくいることに疲れた。
2. 特別なことをしなくても何かしたら楽しい。
3. 親、兄弟、友達など、どんな人でも緊張をする、または体が固くなる。
4. とくに小さい頃は嫌な人でも楽しく過ごそうと努力する。
5. 思ってもないことは言えない、または、言いたくない。
6. リアクションや声が小さい。
7. 真似することが嫌い、または苦手。
例えば「~ちゃんは~しているから私もする」、みんなでトイレに行く(つれしょん)、陰口、など
8. 同じ話を初めて会った人に話すとき、三人いたらそれぞれ違う話し方になる。かたい言葉や態度になったり、やわらかい言葉や態度になったり、ヤンキーのような激しい言葉や態度になったりと人によって変わる。
9. こころは楽しいが、つねに体が重く疲れていて、体調の変動が激しい。
10. 相手の波長にすぐに合わせられる。相手と同じ気持ちになり泣いたり、笑ったり、怒ったりする。相手の鼓動が伝わってくる。
11. その場の雰囲気にのまれて身体がこわばり疲れがどっと出る。自分の行動が出来なくなる。
12. 自分には鈍感で自分のこと(気持ちなど)がわからない。自分の好きなものが選べない。
13. 食事をしても身体に元気がないと思う。
14. 疲れていてもやる気がなくても人に頼まれるとやることを選択してしまう。
15. 人が通るたび、人のエネルギーが気になって仕方がない。
16. 人がこわい。人を待たせておけない。
17. 相手の話をしっかり聞いてても理解ができない。頭が回らない感じがする。
18. 本が読めない。目が動かない感じがする。同じところを何回も読もうとして進まない。
19. 友達といるときは身体に活気が湧き楽しくなるが、離れるとなぜ楽しかったのか、なぜそんな話(行動)をしてしまったのか分からない時がある。
20. 人の気持ちに敏感過敏でどうしていいか分からないことが多い。
21. 文字が書けない。読めない。
22. 差別をしたくない。かなり下の年齢の人にも丁寧に接する。
23. 電話がこわい。どうしていいのかわからない。震える。
24. 病院に行っても改善しない病名がつかない症状がある。
25. 他者が傷つくことが異様にこわい。何もしていないのに他者が自分のせいで傷ついているかもしれないと思う。
26. どんなことも真剣にやりすぎる傾向。
27. どっと疲れて寝たきりになる。

もし、質問にYESが11項目以上あったかたは、おそらくあなたはエンパスです。

なお、診断内容1~7までの項目はすべて当てはまることが条件です。

ただし、それをもとに、個人の人生をまるごと判断できるような正確な心理テストというものはありません。

 

 

私のスクールではエンパス能力の改善ができて生きづらさから卒業できます。

私が1から自分で攻略改善をした内容になります。そして、受講した9割の方が攻略改善をしています。しっかり攻略をして、病院に通わない状態、悩まない状態にしていきましょう。

スクールのご案内

 

 

6つの一般的なエンパス能力

一般的なエンパス能力の種類は6つです。

身体直感型、身体ワンネス型、感情直感型、感情ワンネス型、知的変容型、スピリチュアル・ワンネス型のタイプに分けられます。

 

 タイプ①身体直感型 

このタイプのエンパスは、他の人の身体に何が起きているのか、何すれば良いのかが直感でわかります。離れた場所にいる相手に対してもキャッチできる能力を持っています。

赤ちゃんを背中から眺めるだけで、お昼寝が必要だとわかったり、(前から見れば、ほとんどの人はその表情で理解できますが、後ろから見てわかるのは、単なるボディ・ランゲージを超えています)普通の人には不思議に思えることも、身体エンバスにとっては当たり前のことで、誰かの体調のことを聞かれたら、その場ですぐにわかってしまうのです。

 

 タイプ②身体ワンネス型 

ワンネスとは同化や一体化という意味です。

人の体に起きていることを外から感じ取る能力で、他者の体に起きている事を自分の体の中で同じように体験する能力です。

このタイプは

・体調が悪い人がいると、自分も体調が悪くなってしまう。

・頭が痛い人が近くにいると、それを知らなくても頭がいたくなってしまう。

・かゆみで腫れている場所が移るものではないのに、自分もかゆく腫れてしまう。

など他の人と同じような体験をすることが特徴です。

 

 

 タイプ③感情直感型 

人の感情をちょっとした相手のしぐさや声のトーン、気配でわかります。

例えば、

・声の調子

・話し方のスピード

・発音

・体臭

・顔の皮膚の微妙な振動

など、少しの情報だけで、相手がどのような感情を抱いているのかが分かるという能力です。

 

 

 タイプ④感情ワンネス型 

このタイプのエンパスは、他の人の感情をまるで自分のもののように感じます。相手と自分の感情を同化をする能力です。

例えば、

・泣いている人を見るだけで、事情は知らないのに自分も泣いてしまう

・疲れ切った人やイライラしている人が近くにいると、自分も疲れたりイライラしてしまう

・赤ちゃんの顔を見るだけで、楽しい嬉しい寂しい嫌などの感情が分かり自分も同じ気持ちになる

など、他人の感情を意図せず勝手に、自分の感情であるかのように感じてしまう能力です。

 

 タイプ⑤知的変容型 

相手の知的能力を自分に取り込めることができるので、その人と話しをしているだけで自分の知らない分野の情報が理解できます。

知的変容型は、エンパシー能力の中でも理解されにくいものになります。

会話が上手ではなく、一時的に自分の性格が丸見えになるので、人から下に見られがちです。

その結果、自信をなくし、エンパシー能力に気づきにくくなります。

 自分が知的変容型か知りたい方は、以下の質問に答えてみてください。 
  • 音楽や数学、オセロやコンピューターなど、専門性のあるものが好きですか?
  • 知的な人といると、強い反応(困難、喜び、放心など)が現れますか?
  • 複雑な作業を、その方法を知っている人と一緒にいるだけで、簡単に学ぶことが出来ますか?
  • テクニックよりも本質を追求しますか?
  • 比喩をよく用いたり、抽象的な事が好きですか?

一つでも該当するのであれば、知的変容型である可能性があります。

 

 

 タイプ⑥スピリチュアル・ワンネス型 

(霊的一体化)は、人の内面をそのまま体験できる能力に優れています。見えない存在とのコミュニケーションが得意なタイプです。

例えば、

  • ある人のスピリットと一体となることで、自分にない資質を体験できる
  • 過去の偉人や聖人のスピリットと一体となれる

スピリチュアル・ワンネス型は、今までの5つのエンパスと異なり、誰にでも備わっているエンパシー能力でもあります。

 

特殊なエンパシー能力
 ①分子エンパシー 

オーラが非常に微細なエネルギー粒子でできていて、他者のオーラに簡単に溶け込むことが出来ます。他者が努力することなく霊的進化を促進させることができます。

 ②動物エンパシー 

動物の知性と一体化します。彼らの怖れも、好奇心も、人間を超えた意もすべて知ることができます。

 ③メディカル・エンパシー 

身体レベルで人と結合する能力を持っています。相手の病気を自ら体験して、診断します。

クライアントと自分のエネルギーを融合ができます。

 ④ガーデニングエンパシー 

これは少数ではありますが、植物と一体化する大変魅力的な能力です。これはただ植物に語りかけることとは違います。自分の内面で植物の感覚を感じているのです。

 ⑤クリスタル・エンパシー 

これは、鉱物の世界を共感する能力です。エンパシーを通して石に同調することと、単なる宝石好きとは大きく違います。クリスタル・エンパシーは、鉱物の意識を旅する特殊な才能です。

 ⑥エレメンタル・エンパシー 

自然の精霊や妖精、デーヴァ、天使たちとつながる能力です。

 ⑦環境エンパシー 

一般的な地球のヒーラーたちは、母なる大地の意識につながる環境エンパシー能力を使っています。自分が自然の中を歩いている想像をしてください。香り、植物、動物に足が止まり、しばし、その体験に魅了されませんでしたか?森や海、山、砂漠の独特なパターンに強く繋がったと感じませんでしたか?逆に新しいショッピングモールを作る為に木々が切り倒され、心が痛むことがあるかもしれません。差し迫った危険を目の前にして、苦悩や苦痛を味わうかもしれません。

 ⑧文字エンパシー 

書かれた文字やPCの文章から、書き手の気持ちが分かる能力です。

 ⑨写真・映像エンパシー 

写真や映像とリンクをします。同じ空間、痛み、感覚、思考が自分と同調する能力です。

 ⑩物エンパシー 

椅子や机などのが大切にされているか、居心地が良いかが分かる能力。ふさわしい場所が分かります。物のオーラに自分が同調同化してしまう能力です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

たくさんの種類がありますよね~。

最後の⑧~⑩は私が付け足した種類ですので、他では載っていません。上記に記載したエンパス能力は私は全て持っていますね。

エンパスと言う能力が、こんなにも種類があり、サイキックと言われますが、気づいていない方がほとんどで、普通に生活をしています。

見た目も普通の人と何ら変わりはありませんので、「なぜ私だけ?」と悩まれて生きている方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

長くなりますので、私のエンパス能力については「momoc-happiness」HPに書きます。上記の能力を1つづつ記載をして、どんな状態でどんな体調だったのかなども書いていこうと思います。悩まれている方の参考になればと思います。

エンパスは能力だけが発動していれば良いのですが、能力が強くなればなるほど、そうでは必ずなくなります。

体調や心、見ている世界の異変、パワハラやモラハラなどの精神的暴力、身体的暴力などの被害を受けた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。言葉や態度、体・心・空間などの全てにおいて、嫌な行為や行動を受けた方いらっしゃると思います。

 

エンパスの能力を持っている方もそうですが、能力者は身体や心に異変が出ないと気づきません。異変が出ていても生まれつきの能力になると知識が無いと気づきません。早く気付いて、病院通いをやめて、自分や他人を守り、快適に暮らしていきましょう!

 

エンパスで悩まれている方は、スクールにいらしていただくと、すべての悩みが無くなります。スクールはマンツーマンの対応になりますので、丁寧に受けられますし、人を気にせず自分の悩みが解決できます。ZOOMと対面のどちらでも選ぶことが出来ますので、身体の調子が悪い方や福岡以外にお住まいの方でも気軽にスクールに通うことができます。

スクールのご案内

⚠︎注意⚠︎

エンパスが強い方は、1つ前にUPした「HSP診断」には当てはまらない項目があると思います。他人や物に同調同化してしまうエンパスは、人の様々な状態に同調同化をします。ですので、会う人会う物に自分が同調同化し、毎分毎秒で自分がコロコロ変わってしまう人もいます。

HSPもエンパスも、世の中の人は敏感という能力がある事を人間として生きているなら知らなくてはいけないと思います。

 日本人に馴染みのある絶対音感などと同じように、エンパスという言葉(能力)が沢山の人に認識して頂ける世の中になってもらいたいと思います。 

エンパス能力がある人無い人では考え方も感じ方もまったく違います。私のスクールではよく使う言葉ですが、「違う民族、違う人種だと思ってください。」それぐらい、感じている事や見えている事が、エンパス能力のある人と無い人では違います。

必ず同じ世界に生きているのですから、知らなくてはいけない事だと思います。

長くなりましたが、最後まで私の文章を読んでいただき、本当にありがとうございました。1人でも多くの繊細で敏感な能力を持っている方々が、人の世界で楽しく楽に生活が送れますようにと願い、スクールを本日も行っています。

wish you be always filled with happiness !momoco♡⋆

引用をさせて頂いたwebサイト様:とても分かりやすく記載して頂いている事に感謝をいたします。私でも分かりやすく理解が出来ます。本当にありがとうございました。

pastedGraphic_3.png

どこに行っても治らない

こころ・身体・状態
様々な異常から卒業します
世界でここだけでしか受けられないオリジナルスクール

 


 

改善症状

momoco-happinessで改善する症状一覧です

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

 

○あいうえお順、ABC順

悪夢障害

 

アダルトチルドレン

 

エンパス

 

逆エンパス

 

たくさんの能力

 

単純意識

 

寝たきり

 

脳回転障害

 

発達障害

 

発達性ディスレクシア/読み書き障害

 

神霊異常/精霊異常

 

離人感/現実感消失症

 

ADHD(注意欠如多動性障害)

 

ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害)

 

Clair(クレア)

 

Clairaudience(クレアオーディエンス)

 

Claircognizance(クレアコグニシンス)

 

Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス)

 

Clairtangency(クレアタンジェンシー)

 

Clairvoyanceクレアボヤンス)

 

Crystal Children(クリスタルチルドレン)

 

DCD(発達性協調運動障害)

 

HSP

 

Indigo Children(インディゴチルドレン)

 

Rainbow Children(レインボーチルドレン)

 

SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

 

 

咽喉頭異常感症/ヒステリー球

 

肩こり

 

眼精疲労

 

気象病/天気痛
虚弱体質

 

首こり(頸椎の後ろ側)

 

首こり(頸椎の前側)

 

過敏性腸症候群

 

身体に力が入る

 

気持ち悪さ

 

首のしこり

 

鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり

 

こわばり感

 

頭痛

 

背中のこり

 

線維筋痛症

 

手の違和感/痛み

 

認知機能障害

 

能力者の風邪症候群

 

能力者の眠気

 

能力者の腫れ/むくみ

 

能力者の冷え性

 

能力者の変形性関節症

 

能力性弱視

 

能力性脱力マヒ

 

能力性肌異常

 

能力性疲労

 

能力性腰痛/腰痛

 

疲労感/だるさ(倦怠感)

 

腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ)

 

不正出血

 

不定愁訴

 

慢性疲労症候群

 

卵巣の痛み/違和感

 

 

 

アドバイス脳(脳支配)

 

完璧主義

 

危険察知能力

 

気象病/天気痛

 

急性ストレス障害

 

思考の切上げ

 

自己犠牲

 

自己脳(脳支配)

 

社会不安障害/社交不安障害(SAD)

 

弱思考

 

全般不安症/全般性不安障害(GAD)

 

双極性障害

 

都合のいい人

 

能力者の情緒不安定

 

能力性広場恐怖症

 

能力性パニック

 

能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害)

 

不安思考

 

不安障害

 

 

 

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症

 

アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症

 

音ストレス

 

感覚過敏

 

気候不調

 

空間が歪む/地面がゆれる

 

邪気異常

 

邪気中毒

 

施術異常

 

つきまとい行為

 

光ストレス

 

能力者の失語

 

パーソナリティー障害

 

見えている世界が暗く感じる

 

 

 

・あくびが出ない

・脚のコリ

・頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状

・頭のコリ

・あたふたする

・あなたはこうね、または、あなたはこうだといつも決めつけられる

・歩けない

 

 

・言いたいことが言えない

・息切れ

・息苦しさ

・依存症

・胃痛

・いつも大きな試練があってツラい

 

 

・うつ病

・運動障害(SBMA)

 

 

・円背(猫背)

 

 

・嘔吐

・怒っているように見える

・お尻の痛み

・音や文字が形で見えてツラい

・お腹の重さや苦しさや張り感

・重くて注射も効かない激痛の肩こり

・おりもの

 

 

・解離性障害

・顔色が悪い

・顔のコリ

・過覚醒

・過敏

・髪の毛の傷み

・寒暖差疲労

・関節の痛み

・頑張らないと生きられない

 

 

・聞こえづらい

・聞こえすぎる

・気分の落ち込み

・強迫症/強迫性障害

・筋肉のコリ

 

 

・薬が効かない

 

 

・下血

・下痢

・下痢と嘔吐が一緒におこる

・腱、靭帯、筋膜の柔軟性の衰え

 

 

・構音障害(SBMA)

・声が出ない

・こころが重い疲れ

・コミュニケーション症

 

 

・左右の足のバランスが悪い

 

 

・死にたい不安感

・自分がない

・自分の感情が分からない

・邪気を受ける

・食欲不振

・身体が動きにくい

・身体に力が入らない

・身体の重い疲れ

 

 

 

・睡眠障害

・数字恐怖症(22、33、44、など)

・少しの光さえまぶしくてツラい

・すぐ落ち込む

・座っていられない

 

 

・生理異常(痛み、血色、日数、重さ、月経前症候群(PMS))

・摂食障害

・咳が出る

・選択性緘黙/場面緘黙症

・全身がかゆい

・全身の激痛

・全身の倦怠感

・全身がこわばる

・全身の冷え

・全身のほてり

・繊細

 

 

・体温異常(平熱34度、または平熱38度など)

・体臭が臭い

・態度が悪く見える

・態度がデカく見える

・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)

・タイムスリップ

・タイムリープ

・体力がない

・立っていられない

・他人と比較してしまう

・楽しい気分で居てはいけない気がする

 

 

・適応障害

・手に力を入れていないと座っていられない

・手のコリ

・テレポーテーション

・テレパシー

 

 

・統合失調症

・動悸

・胴体のコリ

 

 

・内蔵のコリ

 

 

・認知症

 

 

・寝ているのもツラい

 

 

・NO!と言えない

・喉のつまり感

・喉の違和感と苦しみ

・乗り物酔い

 

 

・吐き気

・肌荒れ、肌乾燥(とくに顔、手、腰、のかさつき、かゆみ等)

・発汗

・発達性協調運動症

・パニック症/パニック障害

 

 

・冷や汗

・敏感

 

 

・腹痛

・二日酔い

・ふるえ

 

 

・骨のコリ

 

 

・毎日違う人にストーカーをされる

 

 

・目つきが悪い

・めまい

・眼を開けていられない

 

 

・朦朧とする

・文字がぼやけて読めない

・ものが飲み込みづらい

 

 

・良い悪いが自分で判断できない

・抑うつ気分

 

 

・理解障害

・離人現実感喪失症候群

 

 

・冷静に考えられない

・冷静に行動できない

 

タイトルとURLをコピーしました