電話でお問い合わせ

08098308349

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

線維筋痛症とは

1.線維筋痛症はどんな病気?

 「線維筋痛症」とは、3ヶ月以上の長期にわたって、身体のあちこちの広い範囲に痛みが出没し、身体の強いこわばりとともに、激しい疲労感、不眠、頭痛やうつ気分など多彩な症状を伴いますが、病気の原因はまだよくわかっていません。通常、さまざまな検査を行っても、特別な異常がみられないことから、わが国では線維筋痛症の診断が遅れることがしばしばで、関節リウマチより多い病気ですが、命にかかわる病気ではありません。現在のところ線維筋痛症を完治させる治療法がなかなかないため、日常生活への影響が大きく、しばしば社会生活が著しく困難となることが大きな問題となります。

 

 

2.この病気の患者さんはどのくらいいるのですか?<有病率>

  欧米では一般人口の2%前後に線維筋痛症患者さんにみられるとされています。わが国では、2003年の厚生労働省研究班の調査(住民調査)で日本の人口の約1.7%(有病率)の方々が線維筋痛症であるとされています。関節リウマチがわが国で約0.7%(最大でも1.0%)の有病率であるのに比べて、線維筋痛症はさらに多い頻度であり、約200万人の線維筋痛症患者さんがおられることになります。決してまれな病気でないことの認識が重要です。

 

3.この病気はどのような人に多いのですか? < 性別、年齢分布 >

 厚生労働省研究班の2003年の全国調査で、わが国の線維筋痛症は男女比が1:4.8と女性に多い病気です(欧米では男女比は1:7~8とさらに女性の頻度が高いとされています)。発病年齢は40歳後半の年代に多いとされています。もちろん小児期発病(若年性線維筋痛症)や65歳以降の高齢者にも発病しますが、中年女性に発病することが多いといえるでし ょう

 

4.この病気は遺伝するのですか? <遺伝>

 家族内で二人以上の患者さんのおられることは珍しくありませんが、糖尿病や高血圧などのような遺伝性(素質)はないとされています。むしろ、発病には家庭環境(環境要因)が重要とされています。

 

 

5.この病気の原因はわかっているのですか? <病因>

 残念ながら線維筋痛症がどうして起こるかは、現状では解っていません。しかし、線維筋痛症の痛みは、痛みのある部位に原因があるのではなく、痛みを脳に伝える神経や痛みのシステムに問題のあるとされています。すなわち、痛み刺激がないのに、痛みの神経が興奮し(アクセルが踏まれる)、さらに、痛み刺激が脳に伝わると、健康な人では、脳から痛み刺激を抑える反応が起こります(ブレーキがかかる)。しかし、線維筋痛症では、あたかもアクセルが踏み込まれ、ブレーキがきかない車にたとえることができます。すなわち、痛みの神経が暴走した状態にあると言えるでしょう。どうして痛み刺激のアクセルが自然に踏み込まれ、ブレーキがきかない状態になるかの原因は、これまでまったく不明でしたが、最近日本人により、脳内で痛みの神経に炎症(脳内神経炎症)が発生しているためであることが解ってきました。

 

 

6.この病気はどのような症状が現れますか? <臨床徴候>

 全員に共通して、身体の広範な部位に慢性の痛みが持続的、あるいは断続的に見られます。痛みは鈍い痛みのこともありますが、しばしば激しい痛みとなり、痛みで仕事や家事ができず、夜も眠れないとか、目を覚ましてしまったりします。患者さんは線維筋痛症の痛みを、身体がナイフで切り裂かれるような痛み、身体の中でガラスが割れ、その破片で傷つけられるような痛み、痛みで全身が締め付けられるなどと訴えます。このような痛みが日によって、あるいは1日のうちでも時間によって変化します。また、季節や天候、身体活動、精神的ストレスなどによって、痛みが悪化します。また、他の病気(多くは膠原病やリウマチ性疾患など)に付随して線維筋痛症が発病した場合は、元の病気の悪化により、痛みが悪化します。  

 痛み以外に、強い疲労感、抑うつ気分、目覚めがすっきりせず熟睡感がないと物忘れや集中力が落ちるなどの、さまざま身体、神経や精神症状が出現します(表1:日本人みられる痛み以外の症状)。

 

 

7.検査ではどのような異常がみられますか? <検査>

 医療機関で実施できる検査である、血液・尿検査、レントゲン撮影、CTやMRI、エコー検査などの画像検査、脳波などを施行しても、線維筋痛症に特徴的な結果は得られません。したがって、ある検査結果に異常が出たから、線維筋痛症と診断することができません。しかし、線維筋痛症と診断されても、治療薬剤を服用中の副作用のチェックのため、あるいは線維筋痛症と合併しやすい病気の疑いが出てきた時は、検査が行われるのは当然です。

 

 

8.この病気はどのように診断しますか? <診断>

 検査の項で記載されているごとく、一般的検査で線維筋痛症に特徴的な異常のないことから、診断にあたっては、症状の内容と経過、あるいは丁寧な診察によって、診断基準・分類基準を用いて診断がなされます。そのなかで、身体の特徴的部位を圧迫する(親指で4Kgの力で押さえる)と、線維筋痛症の患者さんは強い痛みを訴えます(圧痛点が陽性)。この身体診察所見と広範囲の慢性疼痛(3ヶ月以上)がある場合線維筋痛症とする基準(米国リウマチ学会1990年基準)と、この圧痛点を利用せず、痛みと身体症状、神経・精神症状の組み合わせで線維筋痛症を診断する基準(米国リウマチ学会2010年基準)があります。

 この2つの基準が広く国際的に用いられていますが、 実際には、より適切に線維筋痛症の診断を行うために、1990年基準/2010年基準の両者を用いることが多いようです。Arthritis Rheum. 1990 Feb;33(2):160-72(アメリカリウマチ学会機関誌)

 

 

9. <一般的な治療>この病気にはどのような治療法がありますか?

 残念ながら、線維筋痛症の原因が解っていなので、原因療法や根治療法はないのが現状です。したがって現状の治療ゴールは線維筋痛症の診断を受け入れ、病気に対する正しい理解を持つことが重要です。その上で、線維筋痛症の中心症状である広範囲かつ激しい痛みを和らげ(緩和)、日常生活に影響のない程度までコントロールすることです。痛みが軽減することにより、日常生活動作も改善し、線維筋痛症が終息することが期待できます。また、発病から早期に治療が行われた場合、若年者の線維筋痛症では、比較的治療反応性がよいとされています。

 一般的な治療には、薬物療法と非薬物療法があります。薬物療法として、1)神経障害性疼痛に有効なリリカ(プレガバリン)、2)抗うつ薬に分類されるサインバルタ(デユロキセチン)、トリプタノール(アミトリプチリン)、3)弱オピオイド系のトラマール、トラムセット(トラマドール)、ノルスパンテープ(ブプレノルフィン)など、4)その他として、ノイロトロピン(ワクシニアウィルス接種家兎炎症皮膚抽出液)、カロナール(アセトアミノフェン)などが使用されます。一般的な鎮痛薬(非ステロイド系抗炎症薬)であるロキソニン(ロキソプロフェン)、ボルタレン(ジクロフェナック)などや副腎皮質ステロイドホルモンは有効ではありません。

 これら薬剤が患者さんの病状に応じて、単独あるいは2種類や3種類を併用療法で使用されます。しかし、線維筋痛症の薬物療法は痛みの完全な消失は困難であり、痛みを一定レベルに和らげる(痛みの緩和)ことである認識が重要です。

 

 一般的な非薬物療法には、運動療法と精神・心理療法があります。欧米では積極的に行われていますが、わが国では医療制度の違い、これら線維筋痛症に特化した非薬物療法指導者がいないことから、どこででも実施することは困難です。運動療法として、段階的有酸素運動、レジスタンス運動、瞑想運動(ヨガ、太極拳、気功)などがあり、患者さん自身が行えるものとして、アイソメトリックヨガや温熱療法、和音(WAON)療法などがあります。一方、精神療法・心理療法として認知行動療法が有効であるとされています。わが国では痛みに対する鍼灸治療がしばしば行われていますが、現状では確実に有効性を示すデータが不十分であり、担当医と相談の上、線維筋痛症に詳しい鍼灸師による施術が必要です。漢方製剤、生薬やその他の補完代替医療については線維筋痛症に対して信頼できる情報が著しく少なく、確実に有効とする根拠がないとせざるを得ません。しかし、若年性線維筋痛症では環境調整(家族分離など)のために一定期間の入院措置の有効性も示されています。

 

momoco-happinessにいらっしゃっている方は

線維筋痛症が改善されます。

病院に行っても少しも良くならない方、何年も寝たきりを繰り返し、病名などに納得がいかない方が改善をされています。

悩まれている方はぜひmomoco-happinessスクールへいらしてください。

どこに行っても改善しない

不可思議な症状や現象など、そのお悩みが無くなります

 

引用:https://www.rheuma-net.or.jp/rheuma/rm120/kouza/senikintsu.html

 



momoco-happiness

悩む人生を終わりに

ホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます

沢山の能力を持つmomoco♡⋆が創案した

世界初の優人(ゆうと)専門サロンです

優人(ゆうと)とは

 

当サロンでしか

学べないスクール&受けられないエネルギーメニュー

 

HSP能力・エンパス能力・逆エンパス能力・たくさんの能力の改善

の他、能力によって引き起こされる様々な症状や現象、異常の改善

 

すべての不快から卒業できます

 

どこに行っても治らない

 

『こころ』や『身体』の異常

 

不可思議な現象や敏感過敏なお悩み

 

毎日がつらい…、日常生活ができない…、発達障害…、寝たきり…

 

その様々な『生きづらさ』の改善ができます

 

もう病院には通わない

 

悩まない

 

あこがれの理想の生活へ

 


改善症状

momoco-happinessで改善する症状一覧です

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

 

悪夢障害 アダルトチルドレン/機能不全家族(毒親) エンパス

逆エンパス たくさんの能力 単純意識 寝たきり 脳回転障害 発達障害 発達性ディスレクシア/読み書き障害 巫女気質・精霊異常 離人感/現実感消失症 ADHD(注意欠如多動性障害) ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害) Clair(クレア) Clairaudience(クレアオーディエンス) Claircognizance(クレアコグニシンス) Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス) Clairtangency(クレアタンジェンシー) Clairvoyanceクレアボヤンス) Crystal Children(クリスタルチルドレン) DCD(発達性協調運動障害) HSP Indigo Children(インディゴチルドレン) Rainbow Children(レインボーチルドレン) SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

身体症状

咽喉頭異常感症/ヒステリー球 肩こり 眼精疲労 気象病/天気痛 虚弱体質 首こり(頸椎の後ろ側) 首こり(頸椎の前側) 過敏性腸症候群 身体に力が入る 気持ち悪さ 首のしこり 鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり こわばり感 頭痛 背中のこり 線維筋痛症 手の違和感/痛み 認知機能障害 能力者の風邪症候群 能力者の眠気 能力者の腫れ/むくみ 能力者の冷え性 能力者の変形性関節症 能力性弱視 能力性脱力マヒ 能力性肌異常 能力性疲労 能力性腰痛/腰痛 疲労感/だるさ(倦怠感) 腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ) 不正出血 不定愁訴 慢性疲労症候群 卵巣の痛み/違和感

 

こころの症状

アドバイス脳(脳支配) 完璧主義 危険察知能力 気象病/天気痛 急性ストレス障害 思考の切上げ 自己犠牲 自己脳(脳支配) 社会不安障害/社交不安障害(SAD) 弱思考 全般不安症/全般性不安障害(GAD) 双極性障害 都合のいい人 能力者の情緒不安定 能力性広場恐怖症 能力性パニック 能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害) 不安思考 不安障害

 

状態症状

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症 アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症 音ストレス 感覚過敏 気候不調 空間が歪む/地面がゆれる 邪気異常 邪気中毒 施術異常 つきまとい行為 光ストレス 能力者の失語 パーソナリティー障害 見えている世界が暗く感じる

 

その他の症状

頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状・あなたはこうね、またはこうだといつも決めつけられること・言いたいことが言えない・依存症・いつも大きな試練があってツラいこと・円背(猫背)・お尻の痛み・音や文字が形で見えてツラいこと・おりもの・解離性障害・顔色が悪い・過敏・髪の毛の傷み・身体が動きにくい・寒暖差疲労・関節の痛み・頑張らないと生きられないこと・気分の落ち込み・強迫症/強迫性障害・薬が効かない・下血・下痢と嘔吐が一緒にでる・声が出ない・心も体も重い疲れ・コミュニケーション症・左右の足のバランスが悪さ死にたい不安感・自分がない・自分の感情が分からない・邪気を受けること・睡眠障害・すぐ落ち込む・座っていられない・摂食障害・咳が出る・選択性緘黙/場面緘黙症・全身の激痛・全身の冷え・全身のほてり・繊細・体臭が臭い・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)・タイムスリップ・タイムリープ・体力がない・立っていられない・他人と比較してしまうこと・楽しい気分で居てはいけない気がする・適応障害・手に力を入れていないと座っていられない・テレポーテーション・テレパシー・統合失調症・寝ているのもツラい・認知症・NO!と言えない・喉が詰まる・喉の違和感と苦しみ・乗り物酔い・肌荒れ(とくに顔、手、腰、の肌のかさつき、かゆみ等)・発達性協調運動症・パニック症/パニック障害・冷や汗かく・敏感・二日酔い・めまい・眼を開けていられない・朦朧とする・文字がぼやけて読めない・良い悪いが自分で判断できない・理解障害離人現実感喪失症候群 など