momoco♡✴︎(ももちゃん先生)の生い立ち

全世界の活性化(^O^)

 

優しい人がこの世界を快適に生きれるように!

 

momoco-happiness-soraオーナーのmomoco♡✴︎です

 

想いは「この世界の人々の生きづらさを全てなくしたい」

 

自身の修行で編み出した、様々な異常の卒業ができる生きづらさ卒業法を創案

 

どこに行っても治らない、こころ、身体、状態、など、幅広い世代の生きづらさを卒業する方法を見つけ出しました

 

「異常や障害は自分で卒業できる!HSP・エンパス・逆エンパス卒業スクール!」このスクールを1人でも多くの人を救うため全世界の生きづらさを感じている人々に教えています

 

趣味はお菓子作りと電子書籍の読書と裁縫と生きづらさの研究することです

 

今回はなぜ私が能力に興味を持って事業を行なっているのか?そんな原点につながる私の生い立ちや小さい時の出来事を書きたいと思います

 

 

少しのお時間ですが、よんで頂けると嬉しく感じます^^

 

 

私は群馬県太田市で生まれ育ちました

 

実家は八幡宮と白山神社がくっついた家で、代々の巫女家系です

 

その為か、生まれた頃から不思議な事が沢山起こっていました

 

 

私が生まれて間もない頃のお話しです

母親に抱っこされて散歩をしていた道中、

なんとも言えない温かい幸せな光に包まれたそうです

とっても、いい気持ちで幸せな気持ちになったそう…

 

 

そして

生まれつき、オーラ・チャクラ・波動・後ろの見えない存在

(守護神だったり恐竜だったり)が見えてましたので、それが普通だと思っていました

この世界の皆さんが不思議に思うようなお話しはまだまだ沢山あります

 

幼少期は、とても活発でなんでも出来るコだったんです

ピアノ・水泳・英会話・バレエなどなど、一通りの習い事は経験させて頂きました

 

 

今思えば少しづつ小学校あたりから、自分の身体の異変がありました。。

 

 

目が見えにくくなったり、身体が動きづらくなったりしていたんですね

光が苦手で目をつぶりながら登下校をしていました

当時はそれが普通だと思い気にも留めていませんでした

 

中学生に上がると、異常が自分でも分かるぐらい表面化していきました

字は頑張って書いても汚くて読みにくい字になり、

授業中に教科書を読む順番が回ってくるとパニックで字を読むことだけで精一杯、文章の理解など程遠いものでした

中学3年生になると、手で机を持ち、足で踏ん張っていないと机と椅子には座っていられなくなりました

そこに居るだけで血の気が引くような感覚で、身体が無くなっていくようでした

 

 

そして、中学校を卒業するころになると目がまったく見えなくなっていました

文字も人の顔も全く見えない状態で、身体が悲鳴を上げていたのです

座ることも立つことも必死にならないと出来ない状態に気付くとなっていたのです

 

 

 

そうなってから、ず~っと地元の色んな病院に通いました

しかし改善されることはありませんでした

こんな状態は嫌だ!私が甘えていて自立していないからだ!と思い進学の為上京しました

 

 

 

目が見えない、身体が動きずらい、体に稲妻が走るほどの痛みが全身に広がるなどの症状はありましたが、在学中からモデルとして活動したり、みんなと遊んだり、お酒を飲みに行ったりと、普通の女の子と同じ生活をしていました

 

 

 

このころから、タイムスリップしたり、音に敏感で変な声やにおいを感じたりということが日常的に起こるようになりました(これは霊的な意味ではりません。)

この能力のせいか身体が限界で、寝起きをするのも限界

本当に辛かったです

 

 

上京してからというもの、沢山の良いといわれる病院には行きました

しかし、何も解決はしなかったんです

また上京したころから、よくストーカーにあっていました

 

もう、こわくてこわくて

何度も引っ越ししていました

18歳で東京に上京をしてから異常の改善を始めた35歳まで

群馬県の実家 ⇨東京都 国分寺(寮) ⇨ 小平 ⇨ 武蔵野 ⇨ 本駒込 ⇨ 本駒込 ⇨ 亀有 ⇨ 亀有 ⇨ 群馬県の実家 ⇨ 武蔵新城 ⇨ 中央林間 ⇨ 玉川学園前 ⇨ 代々木 ⇨ 恵比寿 ⇨ 福岡県姪浜⇨福岡県今宿

17年間で15ヶ所に引っ越ししていますね

 

 

毎日、違う変質者がついてきていました

電車では手の届く範囲まで近づいてきて違う車両まで家にまでついてきていましたし、

最寄駅から歩いて10分の所にあるマンションに住んでいましたが家に帰るのに3時間かかる時もざらでした

大学3年生になってからは目立たない色の露出の少ない洋服を着るようになります

帽子、マスク、サングラス、スタンガン、防犯用催眠スプレーを外出時には必ず身につけるようになります

それでも、怖い目に合ったり、襲われたり、殺されそうになったりと本当に辛かったです

 

そんなこんなで、ご縁があり福岡に住むことになりました

 

 

そこで、ある衝撃的なことがありました

それは、ある人との出会いでにより私が人とは違う!ってことに気づけたたことです

人のオーラや波動などなど、みんなが普通に見えているモノだと思っていたのですが、「それは普通は見えないよ、あなたは特殊だね」って言われたことで私は人とは違うんだぁときづいたんですねぇ

それから色々調べて、私にはエンパスや逆エンパスなどの色んな能力がある事がわかってきました

エンパスとは何か、能力者とは何か・・・・

そこから、私の修行がはじまります

 

 

 

人の中で、自分として生きるための修行です

修行期間は約半年でした

そのおかげで、なんとか人の世界で生きていくことが出来るようになりました

その後、3年をかけて、人からの影響を受けることをなくし、自分らしく、楽しく、明るい人生を歩めるようにしていきました

誰にも教わらず、試行錯誤の連続で本当にツラかったです。

海に浮かぼうか・・・とさえ考えていました

 

だからこそ、こんな辛い思いをする人を助けたいみんなが生きやすい世の中を作りたいそういう想いで、このサロンをオープンしました

今まで私がしてきた修行は、誰にも教わることなく独自の感と経験で構築したものです

様々な能力がある私だからこそ、できた修行です

この独自のメソッドを必要な方にお届けするため、momocoは日夜がんばっております

 

 

 

 

そして

長くはなりますが

私の能力異常や現象は沢山あります

 

ほんの一部ですが、

ご覧頂ければと思います

 

 

 

 

 

32歳 2016年5月30日 東京都から福岡県へ

 

私は服飾大学に通うため、18歳から東京都で1人暮らしをして、32歳まで住み続けていました。

 

2016年5月30日、私が32歳のときに東京都から福岡県に移住をしたのですが、そのとき実は結婚をしようと思っていました。

 

 

移住をする少し前のお話です。

私は大手エステサロンにエステティシャンとして働いており、全店舗でトップ賞をいただいていたりもしましたので評価は良い方だったと思いますが、目ははっきりと見えていませんでした。

 

大手エステサロンで3年間働いた後に自分のエステサロンをしながらエステティシャンの友人に細かい技術や接客方法を教えていたりもしていましたが、この時も目は見えていませんでした。

 

目が見えていない状態は13歳からつづきます。

 

 

「倒れた時」を書く前に、私の目の異常を記載しておきます。

 

 

私は13歳から目が見えなくなってしまった為、目が見えるようにと様々な病院に通いました。

 

目が見えなくなった時には、目の異常以外にも様々な異常が出てきていた為、眼科以外に産婦人科や内科、整形外科などにも毎日通っていました。

 

しかし、異常な状態や症状は改善することはありませんでした。

 

 

大学の進学時期になると、東京都の有名な病院だったらこの異常が治るのではないかと思い、東京都に移住をしてたくさんの有名な病院に通うようになります。

毎日ちがう病院に通ってみたりもしました。

 

しかし、心や身体の異常な状態や目の症状は改善することはありませんでした。

 

 

29歳の時にやっと少しですが見えるようになった治療に出逢いました。

 

 

ちいさな医院でしたが手術もするような先生で親身になっていただきました。

 

 

しかし、他の先生と同じく「治るか分からない」「むずかしい」と言われてしまい、また治らないのかと残念にも思いましたが、1つ違うところがありました。

他の先生とは違い「これをやってみましょう!」「これを今度は試してみましょう♪」と押し付けるのではなく前向きな先生だったところです。

 

 

3カ月通うとほんの少しですが改善が見られました。

 

こめかみに低周波の機械をつけて、電流を流しながら頭から背中、背中から腕までを丁寧にマッサージをする治療です。

 

32歳まで私はお仕事と眼科の治療を毎日のように行き来をし過ごしました。

片道1時間の電車に乗り、毎日のように通いました。しかし、また目が見えなくなってしまった為、エステサロンを辞めることになりました。

 

 

少し目が見えるといっても、今の私のように普通に見えていたわけではなく、当時はこのような感じに見えていました。

全身の痛みも、もちろんとても酷く激痛を感じながら毎日の生活をしていました。

 

 

〈通常見えていた私の視界〉

pastedGraphic_5.png

 

 

 

 

〈よく見えた時の私の視界〉

pastedGraphic_6.png

momoco-happinessのサロンをはじめてからこの事実を知りましたが、

私は最重度の 発達性ディスレクシア・読み書き障害でした。

この症状も能力の修行で改善をしています。

 

 

エステサロンを辞めて半年間、しっかりと目の治療をして、少し見えるようになると結婚のお話がでます。

 

私の目や身体を治してくれそうな機関は関東ではすべて行ってみましたが改善はできなかったため、関東を離れてみようと私は思い、2人で福岡県に移住をします。

 

 

移住をして、半年が経つと、結婚前提の方に言葉の暴力を受け始める事になります。

 

体罰は無かったのですが、物は投げられました。

 

私も物は投げ返しましたが、言葉の暴力は理不尽すぎてどうにもなりませんでした。

 

 

受けすぎて、たまりに溜まったのでしょう。

 

ある日のお昼過ぎ、私は机からバタッと倒れます。

 

 

全身に激痛が走り、腰から下が全く動かなくなりました。本当に少しも動かなくなるものですね。上半身は手が若干動く程度で、ヒジは動かない状態でした。

 

この時は私は一人で家にいてケータイは手の届かない少し先に。

 

パートナー(結婚前提の方)は博多でお仕事をしていて、まだ帰ってきません。

 

右側を下にして横に倒れたまま、冷や汗と身体が汗ばむ感じとよく分からない状態で、少し経つとトイレに行きたくなります。

 

 

パートナーが帰ってきたのは19時ごろ。。。

 

 

どう過ごしたか分かりませんが記憶がありません。。。

 

 

そして、帰ってきたパートナーは、なぜか驚いたり心配をする様子もなく、安心したかのようにも思える様子だったのが今振り返ると本当にぞっとします。

 

パートナーはエゴが本当に強くて、自分が本当に1番な人でした。

 

私が倒れた原因も精神的だと分かっていたので、「別れて下さい。出て行ってください。」とこの状態でも言っていましたね。

 

それでも「改善するから、もう少し様子を・・。」

 

 

 

 

おむつやご飯などは購入してきてもらえました。食べさせてもくれました。

 

はじめは首を横にすることも激痛が走り出来ませんでした。

 

私は14歳のころから、痛みが全身にあったので、痛みにはとても強くなれたものでした。

しかし、この時の痛みは尋常ではない痛みで、息が出来なかったのです。

何度、救急車を呼ぼうかとケータイをにぎったかわかりませんが、十数年間の経験で、大きな病院には死んでも行きたくありませんでした。

 

病院を転々としている方は分かると思いますが、原因や悪い場所の検査結果が出ないと治してくれないのです。

 

私は3週間、この激痛に耐え、やっと横になるくらい、ほんの少し身体が動くようになると近所で腕の良いお医者さまがいないかと探し始めます。自分ではケータイをにぎれない状態だった為、パートナーに探していただきます。

 

 

歩いて10分もしない所にありました!

 

「ほねつぎ」をしている小さな医院でした。

 

早速、パートナーに予約をしていただきます。

 

 

 

やっとやっと歩ける身体で1人でケータイの地図を見て探しながら行きました。

 

一歩一歩、歩くたびに激痛の走る身体をひきずりながら「ほねつぎ」へ必死の思いで向かいます。

 

後から思うのですが、パートナーは午前休などの希望はすぐに取れるお仕事でした。

なぜ一人だったのだろうと不思議に思います。

 

この時のパートナーの行動は人間能力の高い人の行動になります。

私がスクールで使う言葉に人間能力という言葉があるのですが、この時はまったく人間能力の高い人の行動が分かりませんでした。

 

 

 

。。。

 

 

そして、やっとのおもいで「ほねつぎ」につきます。

 

「うちでは見たことないくらい酷い状態」と院長。

受付の方にも「私も相当ひどかったけど、あなたは本当にひどいわね。ずっとここの受付をしているけど、こんなにひどい人は見たことがない。」と年齢は60歳くらいの方でした。

 

 

 

ハーーーーー。と

 

心底疲れてしまっていましたが、1回でほんの少しですが改善をしたので、頑張って通います。

 

 

2、3ヵ月通うと「メタトロン」を受けてほしいと言われます。

改善が遅いと判断した院長は機械を導入しました。

この機械は自分の身体や性格、自分にとって合うものが分かります。

 

例えば、

食べ物だとトウモロコシが一番足りていません。

お米は身体に合っていません。

豚肉は絶対に食べてはいけません。

性格はイライラしやすく短気です。

身体の部位では頭が1番ストレスが多いです。

など、様々なことがヘッドホンを装着するだけの検査で分かります。

 

 

そこで、なぜか私の性格に「怒りと苛立ち」と出たのです。

私はもともと穏やかな性格で楽しく過ごしていたので「これはあっているのかな?」と性格だけは疑問に思いました。少し後で分かるのですが、エンパス能力があるためにパートナーの性格をもらっていたようです。

 

 

「メタトロン」という機械の検査や院長に言われることはいつも衝撃的でした。

 

「姿勢を正して座っては行けません。足首をクロスをして足を開いて座って下さい。」

「おしりの片方にタオルを敷いて骨盤はずらして座って下さい。」

「牛乳は飲んではダメです。」

「お肉(牛肉かラム)を沢山食べなさい。」

「塩は山ほど食べて下さい。」

「ご飯は一切食べなくていいです。」

「野菜は取りすぎです。食べなくていいです。」

「ワインと日本酒なら飲んでもいいですが、ビールは海外のものを飲んでください」

など

 

 

私の今までの常識とはすべてが真反対でした。

 

本当に衝撃的でした。

 

私は必死に実践をしました。

 

お肉は好きではないので、吐きそうになりながら、毎日牛肉のステーキを食べました。(ラムは試しましたが食べれませんでした。)

塩はとると病気になる、身体に悪い、と言われてきたので、とても嫌でしたが大量にお水に溶かして飲んだり食事にかけて食べたりと大量に摂取していきました。

お米は大好きでしたが、一切、この時を境に食べなくなりました。

 

 

毎日の食事は、1枚の大きな牛肉ステーキとお塩(海水のみ)、キャベツの千切り、わかめスープ、ぶどうやパイナップルなどの果物を食べて生活をしました。

 

 

1ヵ月後、自分の身体から熱量を感じるようになり、少し動けるようになりました。

全身の肌のかさつきも少し治りました。

出歩くときはお塩は必ず持ち歩いて、少しでも疲れを感じると袋から出して何処でもなめるようにしました。

 

 

2ヵ月3ヵ月たつと

みるみる身体が元気になったのです!ビックリしました!こんなにも違うのかと。

自分の身体から沢山の熱量を感じ、気持ちで元気なのではなく、身体が元気なのです。こんなことは本当に今までありませんでした。身体のエネルギーがみなぎるという感じです。

今まで気持ちが元気なら大丈夫と人間能力の人に言われてきましたが、そのようなことは当然ですがありません。身体が元気でないとダメですよね。

 

でも知らなかったのです。

 

私の実家は米農家で、お肉は一切とらない家族でした。

 

お肉がこんなにも心と身体の栄養になることを。

 

本当に愕然としました。

 

お米は私の身体には必要ないものなんだと・・・。

 

 

どれだけ栄養のない食事を34年間して来たのかと・・・。(当時34歳です。)

 

 

毎日の食事を変えるだけで、心や身体のエネルギーの大きさや身体の働きがまったく違いました。

こんなにも変わるものなのかと。。

たしかに食べたもので私たちは出来ていて、自分で自分自身を作っているんだなと。。。

 

 

今までの食生活をとても反省をしました。

 

なぜ今までだれも教えてくれないのかとも思いました。

 

症状や痛み、私の意見にたいして親身にならない沢山の病院は、私にとって本当に意味のないものだったのだと痛感をしました。

20年以上、毎日通ったお医者さまは誰ひとりとして悲しいことに言ってはくれませんでした。

 

 

私は薬も効きませんでしたから、激痛に今まで耐えてきましたが、必要のない薬をたくさん摂取しなくて「本当によかった」「それでよかったんだ」と今は本当に思います。

 

 

みなさんも思っている方は多いと思いますが、病院もメディアは嘘ばかりです。

 

 

病院ではよく分からない症状でも何かしらの病名をつけて薬を出しますし、メディアは売りたいものを「とても良いですよ!」と成分や安全性が分からなくても宣伝します。

 

当たり前ですが、お金をもらって生活をしている「人間」です。

 

私は病院では少しも治ったことはありません。

もちろんですが、MRIの精密検査で異常が出たり、ケガなどの損傷に対してはしっかりと治療をして下さると思います。

 

 

話にもどります。

 

 

その「ほねつぎ」に通っている間、たまたま院長に「~が見える?」「~は感じる?」と聞かれました。

 

私は「見えます。」「感じます。」と答えます。

 

何を言われたかは忘れてしまいましたが、私が今まで普通だと思ってきたことでした。

 

能力のお話しでしたね。

 

 

「それは普通ではないね。とても特殊。」と言われたのです。

 

 

その後も「~は見えますか?」など、今度は私が見えている事を質問しました。

 

 

すると笑いながら「それは普通ではないね。本当に特殊な事。」と返ってくるのです。

 

びっくりしました。

 

オーラも何もかも、私が見えている事がみんなには見えていなかったのですから…。

 

私が生まれた時から見えてきたこと、感じてきたこと、が他者は1つも見えない感じないなんて、聞かれたこの日まで34年間、疑問にも思いませんでした。

 

 

私は一体何者なのだろうか、なぜ他者と違うのかをインターネットで検索に明け暮れる日々を過ごします。

 

あまり見えていない目でしたが、毎日必死になって探し情報を得ようとしました。

 

私に能力があると知った日から2年間は信じられずにました。

 

みんなには本当に見えないのか感じないのかを試したり、聞いてまわったりましたね。

 

結果は本当に何も見えない聞こえない感じないと、能力がまったくありませんでした。

 

 

ひとつも?!とかなりの驚きと衝撃でした。

 

 

しばらくボー然としましたね。。。

 

 

 

私は能力者やスピリチュアなどにかなりの偏見がありました。

”怖い”や”近寄りたくない”などとも思っていましたので、自分が生まれつき能力をもった能力者だったことに本当に驚きました。

 

「人間には特殊な能力をもつ人がいる」

 

このことを知り、インターネットを使い、少しずつですが「能力」とは何かということを知っていきます。

 

そこで、居るだけで他者をヒーリングする能力をもつ人がいるという記事を見つけます。

 

「これ私だ!」と他者をヒーリングしていたから疲れていたんだなと分かったりもして、では自分で自分の体を治そう!と試すと治すことが出来ました。

 

 

パタッと「ほねつぎ」に通わなくなります。

 

 

そして、この時のパートナーとはどうなったかというと「出ていって」と言いつづけ、毎日喧嘩しながら1年半が経ち、やっとやっと出て行ってくれます。

 

居なくなると今まで居た威圧感が大きすぎて「何か無くなってしまった。さみしいな。」と思うのですが、身体は正直で、離れてすぐにメキメキと調子が良くなり回復をしていきました。痛みはあるものの動けるように回復します。

 

 

それから2年が経ち、2018年12月(34歳)に、私はエンパス能力が人一倍強いために目の前の”人という人”に同調同化をしていたことにやっと気づくにです。

この能力の為に、人との関わりの中で他者の気持ちや行動に同調同化をして、相手の意見や行動をしてきたのです。

自分が見えていることや感じていることを今まで表現せずに来たという事です。

 

 

私は薄々感じ始めます。

 

 

この体調の悪さや目の見えない状態は、私のさまざまな能力を攻略していかなくては「少しも良くならない」という事なんだろうな、と。

 

 

体力も心も限界がきた34歳、独身。私は決めます。

 

「自分の考えが正しいのかを確かめてからこの世界を終わりにしよう♪」と。

 

中途半端に終わらすことが嫌だった私は、能力の攻略が本当に出来るのか自分の考えが正しいのかを確かめてから死のうと思います。

 

私は身体の異常以外は本当に恵まれていました。やりたい事はスムーズにできて、望んでいることはそれ以上のものが手に入りました。

 

本当に満足でした。

 

ちょうど海の目の前に住んでいましたし、死ぬなら迷惑はかけたくない‥と

「あ。海に浮かぼう!」たららたららたららら~♪~

 

ということで。

 

修行をする場所は仕事をしながらが良いと思ったのため

 

2018年9月から、面接を受けて10社の仕事につき、働き始めます。

 

修行のできる場所を真剣に探します。

 

エゴや欲望のかなり強い人がウジャウジャいる場所を選びました。

 

 

2018年11月に10社から2社に絞り、2019年1月末に1社に絞りました。

 

 

2019年2月から能力の攻略だけに人生に捧げて真剣に能力の攻略をしていきます。

 

毎日毎日、人の気を感じ、ガードをしたり、浄化をしたりと様々なことを試しながら、能力のお勉強をしていきます。

 

そして、ここで疑問に思うことが沢山出てきます。

人間のエゴや邪念に対して分からないことだらけだった私は、毎日、兄に電話をしました。

 

「なぜ人間はこうゆうことをするのかな?」と。

 

沢山のなぜ?を毎日毎日「また電話をしてくるのかよ」と愚痴を言われながら、歯を食いしばり、能力の攻略をしていくのです。

 

 

修行に行った日は、もちろん帰ってくることも必死で、帰った来たら寝たきりになります。

 

全身のかなり強い痛み止めの薬とシップや塗り薬を病院で可能な限り処方していただきながら働きました。(この時は薬が効くようになっていました。ステーキと塩のおかげです♪)

 

毎日毎日、必死に攻略する日々を過ごしました。

 

2018年の10月末から2019年11月末まで能力の攻略をしていきました。

 

 

本当に毎日毎日、苦痛の日々でしたね。。。

 

 

エゴの強い人というのはこんなにも他者を踏みつぶし、利益をぶんどっていき、それでも何にもなかったかのように平然と笑っていられるのでした。

 

理不尽な事ばかり言う人、自分のことしか考えない人、普通の人や特殊な人、人間とはどういう生き物なのか、この世界はどうゆう世界なのか、様々なことを勉強していきました。

 

凄い世界を見せていただけたので、とても良い修業の場を私は選んだなと思います。

 

何から何まで能力の攻略が学べる場所でした。

 

精神・感覚・人間関係・重労働・騒音・照明の明るさ・ロボットのような対応と人間らしい振る舞いと笑顔・機敏さ・対応力と応用力・丁寧さと正確さ・エゴ・欲・ねたみ・死・若い人からお年寄りまで幅広い念と想念など。

 

選んだ私「グッドチョイス」です♪

 

 

2019年9月には

私の状態は、目も普通の人と同じくらいに見えており、痛み止めの薬なども一切取らなくてよくなっていました。

全てがとても正常で、身体には痛みが少しも無かったです。

 

 

そして、能力の修行をしていた職場では、辞めないでほしいと言われて、辞めるのを少し伸ばして、2019年11月にめでたく無事に修行終了したのです。

 

 

職場のトップには一升瓶の大好きな日本酒を頂いたり、一緒に働いていた従業員には色紙を書いてもらったり、沢山のプレゼントをもらったりして、るんるんと帰宅をした私でした。

 

 

めでたし。

 

 

 

そして、

 

 

もちろん、この時はまだ死ぬことも考えていました。

 

 

やっと普通に生活が出来るようになりましたが、たくさんの目まぐるしい出来事をこなしてきた人生でしたので、何もかもをやめて本当に死にたかったのです。

 

 

能力の攻略をしたら死のう、と決める少し前に、私はもう1つ誓ったことがありました。

 

 

私は能力を生かして占い師をしていたことがあります。私は逢うだけで他者をヒーリングする能力に長けていましたので、たくさんの人をヒーリングできたら嬉しいなという事でおこなっていました。自分自身のことも占いをすることがあり、そこには私は1年後に結婚すると出ていたため、それまで頑張ろう、すべてをささげて全力で能力の攻略をすると決めました。

 

 

占いは当たると評判でしたが、私は自分の能力にまだその時は半信半疑でしたので、結婚が本当に出来たら死ぬことをやめよう。こんな誓いもしていました。

 

 

 

 

そして、本当にその時はやってきたのです。

 

 

 

本当に1年後に私は結婚をして死ぬことをやめるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

その3年後

 

 

自分の何が悪いんだろう…と毎日考え込み、毎日悩んで、毎日泣いて、トラウマになって、

 

 

そんな私の38年間は本当に辛かったです。

 

 

異常は生まれつき備わっている能力が原因で起こっていました

 

 

すべては改善できて卒業ができるものでした

 

 

毎日ストーカーに遭うことも、すぐに体調不良になるも、体力がないことも、身体の凝りや痛みが尋常ではなくどこに行っても改善されないことも、卵巣の痛みがあり下血がつづく生理異常も、寝たきりになることも、光に音に敏感過敏なことも、目が見えないことも、文字が読めないことも、人が気になってしょうがないことも、人の影響を受けやすいことも、人の気持ちばかり考えてしまうことも、自分の何が悪いのかとぐるぐるすることも、不安や恐怖がつきまとい情緒不安定になることも、激しい躁鬱を繰り返すことも、こうじゃないああじゃないと頭の中に浮かんでくる言葉も、眠たくてしかたがないことも、悪夢を見ることも、他人が私のことを毛嫌いすることも、なぜか嘘をついてしまうことも、自分の意見がわからないことも、良い悪いの判断ができないことも、人間関係がうまくいかないことも、死ぬことが頭から離れないことも、すべて能力異常で起こっていることでした

 

 

私と同じように辛い人生の中にいる方へ

 

 

その辛い人生は、本当は自分で選んでいるものでした

 

 

自分の人生は自分で作っていると異常から卒業をした今、私は思います。

 

 

その生きづらさは卒業できます。

 

 

一緒に生きづらさから卒業しましょう!

 

 

 


アドバンスコースで卒業

HSP

生まれつき「非常に感受性が強く、少しの刺激でも反応をしてしまう、ひといちばん繊細な人」という意味で、高度な感覚処理感受性を持った人のことを指します。

HSPを詳しく見る

アドバンスコースで卒業

エンパス

エンパスとは、共感する能力が非常に高く、自分以外のモノと”こころ”や”身体”がシンクロをし、体感してその状態になる能力のことをいいます。これは人や物、空間、空気など多岐にわたり、自分以外のモノと同じ状態に同期することをいいます。作動する時間や、内容、情報、エネルギー、なども一致させて同刻に同期します。

エンパスを詳しく見る

アドバンスコースで卒業

逆エンパス

逆エンパスとは共感能力や主張性が高く、知らず知らずのうちに他者からの負のエネルギーを跳ね返すため跳ね返された負のエネルギーにより、負のエネルギーを出している当人にやっかみを受けてしまうことが特徴的です。これは先天性の能力になります。

逆エンパスを詳しく見る

タイトルとURLをコピーしました