1. 虚弱体質障害

  2. Rainbow Children(レインボー・チルドレン)

  3. Indigo children(インディゴ・チルドレン)

  4. Crystal Children(クリスタルチルドレン)

  5. Clairvoyance・クレアボヤンス(千里眼・透視能力・霊視能力)

  6. Clairtangency(クレアタンジェンシー)

  7. Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス・クレアセンティエンス)

  8. Claircognizance(クレアコグニシンス)

  9. Clairaudience(クレアオーディエンス)

  10. Clair(クレア)

  11. HSP

  12. 虚弱体質

  1. 頭皮の痒み

  2. 虚弱体質者の冷え性

  3. 虚弱体質者の弱視

  4. 卵巣の痛み・違和感

  5. 慢性疲労症候群

  6. 不定愁訴

  7. 不正出血(女性)

  8. 腹部違和感(お腹が張り・苦しさ・重さ)

  9. 倦怠感

  10. 虚弱体質者の腰痛

  11. 虚弱体質者の疲労

  12. 虚弱体質者の肌異常

  1. 不安障害(不安症)

  2. 不安思考

  3. 虚弱体質者のPTSD

  4. 虚弱体質者のパニック

  5. 虚弱体質者の広場恐怖症

  6. 虚弱体質者の情緒不安定

  7. 都合のいい人

  8. 双極性障害(躁うつ病)

  9. 全般不安症/全般性不安障害(GAD)

  10. 弱思考

  11. 社会不安障害/社交不安障害(SAD)

  12. 自己脳(脳支配)

  1. 聴覚過敏

  2. 視覚過敏

  3. 虚弱体質者の記憶障害

  4. つきまとい行為

  5. 邪気異常・邪気中毒

  6. 空間が歪む・地面がゆれる

  7. 感覚過敏

  8. 音ストレス

  9. アレキシソミア(Alexisomia)

  10. 光ストレス

  11. 虚弱体質者の失語症

  12. 暗く感じる

こころ

虚弱体質者のPTSD

虚弱体質者のPTSDから卒業ができます。

虚弱体質者のPTSDとは、一般的なPTSDの症状も出ますが、経験をしていないのにもかかわらず、体験したかのような体の感覚、映像や衝撃、音やにおい、などで、一般的なPTSDの症状が出てきます。何度も思い出されて、その記憶の中に自分が居たかのような状態になり、強い恐怖感や無力感、戦慄(せんりつ)を感じたり、悪夢を見たりするなど、さまざまな症状が現れ感じ続けることを指します。

 

一般的なPTSDのご説明

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)は、命の危険を感じたり重症を負うような出来事、自分ではどうしようもない圧倒的な強い力に直面したりといった、あまりにも強い恐怖やショックを体験したために、記憶が整理されず、何度も思い出されて、当時と同じような恐怖を感じ続けることです。

天災、戦争といった人災、事故、犯罪、あるいはテロ、いじめ、監禁、虐待、体罰、強姦、などの犯罪などによって精神的な強い衝撃を受けることが原因です。

 

特徴

・1ヶ月以上たつにもかかわらず、その体験の記憶が自分の意志とは無関係に思い出される。

・体験をした時と同じ感情や身体の感覚を感じる。

・実際に当時の光景が見える。

・加害者がすぐ近くにいるように感じる。

・自分自身の体験だけではなく、他人に起こった出来事に直面した時も同じ感覚になる。

 

〈PTSDには4つの主要症状〉

①再体験症状群
トラウマ、フラッシュバック、悪夢として経験される。記憶がよみがえる場合、精神的な苦痛、さまざまな身体症状を伴う。

②回避行動・麻痺症状群
記憶を思い出させる人、場所、機会などを避ける、または、考えないようにする。感情の麻痺で、見た目には冷静に振る舞っていることがあり、顕在化していないことがある。

③覚醒亢進症状群(かくせいこうしんしょうじょうぐん)
些細なことでビクビクしたり、不眠、イライラや不安感で自暴自棄、注意力散漫、過剰に警戒、という事が起きる。

 

アカデミー専攻の学費について

虚弱体質専攻
¥1,262,000-(税込)
虚弱体質能力専攻
¥1,962,000-(税込)

初年度の学費を記載しております。

卒業できる症状symptoms