1. 虚弱体質障害

  2. Rainbow Children(レインボー・チルドレン)

  3. Indigo children(インディゴ・チルドレン)

  4. Crystal Children(クリスタルチルドレン)

  5. Clairvoyance・クレアボヤンス(千里眼・透視能力・霊視能力)

  6. Clairtangency(クレアタンジェンシー)

  7. Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス・クレアセンティエンス)

  8. Claircognizance(クレアコグニシンス)

  9. Clairaudience(クレアオーディエンス)

  10. Clair(クレア)

  11. HSP

  12. 虚弱体質

  1. 頭皮の痒み

  2. 虚弱体質者の冷え性

  3. 虚弱体質者の弱視

  4. 卵巣の痛み・違和感

  5. 慢性疲労症候群

  6. 不定愁訴

  7. 不正出血(女性)

  8. 腹部違和感(お腹が張り・苦しさ・重さ)

  9. 倦怠感

  10. 虚弱体質者の腰痛

  11. 虚弱体質者の疲労

  12. 虚弱体質者の肌異常

  1. 不安障害(不安症)

  2. 不安思考

  3. 虚弱体質者のPTSD

  4. 虚弱体質者のパニック

  5. 虚弱体質者の広場恐怖症

  6. 虚弱体質者の情緒不安定

  7. 都合のいい人

  8. 双極性障害(躁うつ病)

  9. 全般不安症/全般性不安障害(GAD)

  10. 弱思考

  11. 社会不安障害/社交不安障害(SAD)

  12. 自己脳(脳支配)

  1. 聴覚過敏

  2. 視覚過敏

  3. 虚弱体質者の記憶障害

  4. つきまとい行為

  5. 邪気異常・邪気中毒

  6. 空間が歪む・地面がゆれる

  7. 感覚過敏

  8. 音ストレス

  9. アレキシソミア(Alexisomia)

  10. 光ストレス

  11. 虚弱体質者の失語症

  12. 暗く感じる

身体

認知機能障害

認知機能障害から卒業ができます。

認知機能障害とは、6か月以上の強い倦怠感や強い疲労感がつづき、物事を判断する認知機能が低下します。おもに、記憶、思考、理解、計算、学習、言語、判断などの知的能力の低下になります。

日常生活の中で私たちは、特に意識せずにこの機能を発揮しています。そのため、この機能が障害されると日常生活・社会活動全般に困難をもたらします。

  • 症状の重症度とは関係がない
  • 定型抗精神病薬による影響を受けない
  • やる気や意欲の低下とは関連がない
  • 知的機能の低下によるものではない

このように認知機能障害は精神疾患において独立した、かつ顕著な特徴として知られています。

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 仕事や家事を順序よくこなすことが困難で辛さを伴う。
  • 会話をしている相手の話が頭に入ってこない。
  • 会話中に周囲の動きや物音などにとらわれ、会話に集中ができない。
  • 雑音がうるさく感じて落ち着きがなくなる。
  • テレビの音、人の話し声、におい、光などの情報や刺激のうち、自分に必要なものだけに注意を向けることが難しい。
  • 判断することができない。
  • 自分の意見がわからない。
  • 計画を立て効率のよい手順を考えられない。
  • 物事をグループ化して頭の中で整理することができない。

特徴

①判断力低下

私たちは、日常の何気ない行為であっても、状況を総合的に判断して、選択し、実施するということをしています。しかし、認知機能障害が出てくると物事の優先順位をつけて、やるべきことを判断したり、計画を立てて行動をすることができなくなります。

②注意・集中力低下

認知機能障害は、目の前の仕事や勉強に集中したり、考えをまとめたりすることができなくなってしまいます。
また、対人関係でもコミュニケーションがうまくいかず、トラブルの原因となってしまうこともあります。

③記憶力低下

記憶力の低下がおこると、物事を覚える、ということが出来なくなり、何度も何度も同じところでつまずいたり、なかなか1人で物事をスムーズに出来る、なれる、ということが出来なくなってしまいます。どんな物事を覚えるのに時間がかかるようになります。

④比喩といった抽象的な表現が苦手

理解し、文の前後やその場の状況をふまえて判断することが難しくなります。対人関係にも影響が出てきます。

⑤選択的注意の低下

たとえば会話中に、周囲の動きや物音などにとらわれて、落ち着きがなくなるなどの行動がみられたり、周囲のさまざまな情報や刺激に対して、必要なものだけに注意を集中することができません。

⑥比較照合の低下

さまざまな情報の類似点と相違点を区別して物事をグループに分けて概念化する機能が低下し、適切に照合することができません。

たとえば、手順よく料理ができないなどの不具合が生じたり、衣類をタンスにしまうといった整理整頓ができないなど、細かなことにこだわって全体を把握できなかったり、言葉に隠された意味や比喩などを理解することができないなどがおこります。過去の記憶と比較して判断できなくなります。

 

引用:https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/mentalhealth/mental/ninchikinou_shogai/about.html#:~:text=%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E6%A9%9F%E8%83%BD%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%A8%E3%81%AF%E8%A8%80%E8%91%89%E3%82%92%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%8A,%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

アカデミー専攻の学費について

虚弱体質専攻
¥1,262,000-(税込)
虚弱体質能力専攻
¥1,962,000-(税込)

初年度の学費を記載しております。

卒業できる症状symptoms