サロン案内school information

Momoco Academyは健康になりたい女性の理想を叶えるスクールを行なっております。スクールのこだわりや気善健康法の技法について、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. ごあいさつ

    健康になりたいという思いに
    最新の健康技術でお応えしたい

  2. 健康へのこだわり

    当サロン独自の技術で
    根本から病を断ちます

  3. サロン内のご案内

    すべての女性に
    健康をお届けしたい

  4. スクール時間・アクセス

    楽しく学んで
    健康を手に入れましょう

身体の症状

気象病・天気痛

気象病・天気痛から卒業ができます。

気象病・天気痛とは

病気のなかで、気象の影響を受けるものを総称して「気象病」と呼びます。

そして、全国で1000万人以上が悩んでいると言われる「天気病」は、気象病外来・天気痛外来を立ち上げた佐藤 純医師が名付けた病気で、天気が悪くなると痛みが悪化したり、寒暖差による不調が出ることを指します。

長い間、その医学的な理由は分からないままだったため、まだ、体調に影響することは無いという方もいらっしゃいますが、近年では、気温や湿度、気圧の変化が体調に影響することが明らかになっています。

気象痛・天気痛が起こりやすい人は、新幹線や飛行機での移動時やエレベーターの昇降時にも症状が現れることがあり、症状やその重さも人によって様々です。

 

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 季節の変わり目は具合が悪い。
  • 雨が降る前や降っている時に、眠気、めまい、頭痛、冷え、むくみ、などの体調不良がみられる。
  • 雨が降る前や降っている時に、寒さや冷えをとくに感じる。
  • 雨が降る前や降っている時に、腰痛や首痛を感じる。
  • 寒暖差疲労がある。
  • 音がうるさく聞こえるなどの耳の症状がある。
  • 雨が降る前や降っている時に、気分の落ち込みやイライラ、不安になる。
  • 雨が降る前や降っている時に、倦怠感を感じる。
  • 満月の日の前後は調子が悪い。

卒業できる症状と悩みsymptoms