サロン案内school information

Momoco Academyは健康になりたい女性の理想を叶えるスクールを行なっております。スクールのこだわりや気善健康法の技法について、診療時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. ごあいさつ

    健康になりたいという思いに
    最新の健康技術でお応えしたい

  2. 健康へのこだわり

    当サロン独自の技術で
    根本から病を断ちます

  3. サロン内のご案内

    すべての女性に
    健康をお届けしたい

  4. スクール時間・アクセス

    楽しく学んで
    健康を手に入れましょう

虚弱体質の症状

離人感・現実感消失障害(離人症性障害)

離人感・現実感消失障害(離人症性障害)から卒業ができます。

離人感・現実感消失障害(離人症性障害)とは

解離性障害の一種です。

この障害では、自分が自己の体から一体性を失って体験されるような症状が体験されます。たとえば、現実感がなく世界との間に透明な膜が張っているような感覚といった抽象的な喪失する感覚から、自分が自分の身体から抜け出ているような感覚で自分を外から眺めているような体験まで幅があります。

離人症状が出ている間は意識状態が混濁していたり、見当識障害が認められたりするわけではなく、現実検討能力は正常に保たれています。

一時的なものであれば正常な範囲内の解離現象で、だれでも経験し得ることですが、毎日、継続的に感じるようになるようであれば生きづらさを強く感じるようになります。

 

解離性障害とは

解離性障害は解離性同一性障害(解離性同一症)・離人感・現実感消失障害(離人症性障害)・解離性健忘・特定不能の解離性障害の大きく4つに分けられており、解離の間に起きる症状が少しずつ異なります。

「自分が自分としてまとまっている感覚や自分はこういう存在であるという感覚(自己同一性)」が弱くなったり、失われたりしてしまうことです。

私たちの意識、記憶、思考、感情、知覚、行動、身体イメージ、アイデンティティ(自己同一性)などは1つに統合されていますが、分断され、意識や記憶などに関する感覚をまとめる能力が一時的に失われた状態や停止した状態、自己同一性が弱くなったり失われたりした状態を「解離」といいます。

何らかの原因で統合する機能が損なわれて、特定の場面や時間の記憶が抜け落ちたり(健忘=けんぼう)、過酷な記憶や感情が突然目の前の現実のようによみがえって体験したり(フラッシュバック)、自分の身体から抜け出して離れた場所から自分の身体を見ている感じに陥ったり(体外離脱体験)、自分が自分でないような感覚に陥ったりして自己統制ができなくなってしまいます。

一般的に、年齢の傾向として10代後半から20代に発症し、40歳以上ではまれとされています。日本ではやや女性が多いようです。

一時的なものであれば正常な範囲内の解離現象で、だれでも経験し得ることです。

 

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 自分の体、精神、感情、感覚などから自分が切り離されているような感じがする。
  • 外界(人、物、あらゆること)から切り離されているように感じられ、外界のことが現実ではないように思える。
  • 感情が無くなったように思える。
  • 自分の身体が別人のもののように思える。
  • 自分と世界の間にベールがあり世界が夢や霧の中にいるかのようにぼやけて感じる、または見える。
  • ガラスの壁や幕によって周囲から隔てられている感じがする。
  • みんなが不自然な演技をしているように感じる。
  • 異常に明瞭に見える。
  • 自分がロボットのように感じらる。
  • 世界が歪んで見える。
  • 世界が生命感や色彩を失ったように思える。
  • 音が実際と異なる大きさで聞こえる。
  • 時間が現実とは異なる速さで経過しているように感じられる。
  • 自分の身体の大きさや形が違って感じる。手足が通常よりも大きく、あるいは小さく感じられる。
  • 見たことのない光景を見たことがあると感じたり(デジャヴ:既視感)、見たことがある光景を見たことがないと感じたりする(ジャメヴ:未視感)
  • 皮膚をさわっても実感が弱かったりして自分のからだの感覚が薄れる。
  • 鏡で自分の顔を見ても日ごろと違うような感じがする。
  • 自分が自分でない感覚になり、何をやっても自分がやっているような気がしない。
  • 自分自身を遠くから眺めているように感じる。
  • 自分の周囲の物事が奇妙な人工物であるよう感じる。

卒業できる症状と悩みsymptoms