電話でお問い合わせ

08098308349

メールでお問い合わせ

info@momoco-happiness.com

営業時間

10:00 AM -18:00 PM

おはようございます♪

 

本日はカフェインのお話。

 

日本では身近なカフェインですが

 

カフェイン摂取を禁止している国もあるそうです。

 

なぜ禁止をしたり、制限をされているのでしょうか?

 

カフェイン入りとノンカフェインを飲んで比較をすると

 

身体の軽さや身体の硬さや凝り、動きや頭の回転などが

 

やはり違います。

 

みなさんもぜひ飲んで比較をしてみて下さいね。

 

カフェインを飲むと身体が固くなり、重くなる感じで、理性が働き頭が動きます。

 

ノンカフェインは身体が軽いままで感性のままです。

 

飲みやすいと思いますので

momoco-happinessのFACEBOOKページでご紹介をしている

「デカフェ紅茶 ノンカフェイン ハーブティ」をためしに飲んでみて下さい♪

同じ成分でカフェイン入りもありますので

2種類購入されて飲んで比較してみても面白いですよ♪

 

 

ノンカフェインとデカフェも違いがありますが

 

カフェイン摂取を減らすことで

 

こころや身体が改善できるなら、とても良いですよね♪

 

自分の身体のことをもっと知ってみましょう!

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html

○世界保健機関(WHO)

  2001(平成13)年に公表した「Healthy Eating during Pregnancy and Breastfeeding (BookletFor Mothers)2001」において、
  「紅茶、ココア、コーラ飲料は、ほぼ同程度のカフェインを含み、コーヒーにはこれらの約2倍のカフェインが含まれている。
   このため、カフェインの胎児への影響についてはまだ確定していないが、妊婦はコーヒーの摂取量を一日3~4杯まで
  にすべき」とされています。

 

https://gigazine.net/news/20160316-caffeine-drug/

コーヒーやエナジードリンクを飲んでカフェインを摂取すると、ストレスが軽減したり、記憶力がアップしたりといった効果があることが判明していますが、カフェインはドラッグと同様に強い依存性を持っていて、摂取し続けると健康上の問題が生じやすくなるという研究結果が明らかになっています。

カフェインの中毒症状には、神経衰弱になったり、不眠症や、消化不良、頻脈、筋収縮などを引き起こしたりといった、さまざまな症状があります。さらに、慢性的にカフェインを摂取していると、カフェインを一時的に絶った際に、頭痛、疲労感、眠気、憂うつ感、集中力低下、吐き気、むかつきなどの禁断症状が現れます」と、カフェイン中毒の危険性について警告しています。

 

 

https://www.sankeibiz.jp/econome/amp/150524/ecc1505240720001-a.htm

米国では2011年、14歳の少女がエナジードリンクを飲んだ後に死亡する事故が起きたと報道されている。報道によると、少女は死亡までの24時間にエナジードリンク(700ミリリットル缶)を2本飲んだといい、死亡原因はカフェインの過剰摂取による心臓の不整脈と診断されている。カフェイン量は約480ミリグラムで、コーヒーなら5~6杯分に相当する。

 

https://www.lifehacker.jp/2010/07/100714caffeine.html

仕事にカフェインの効果を求めるならば、パワーではなく、スピードに期待しましょう。

手術のあと麻酔から醒めた患者さんの多くは、なぜ頭痛を感じるのでしょうか? ほとんどの場合、これほど長い間、コーヒーを摂らないことに慣れていないからです。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました(^_^)/

 

〜そのお悩みから卒業〜

生きづらさ専門サロンmomoco-happiness momoco♡⋆

 

HPの最新情報がケータイメールに届くように設定できます。設定されたい方は下記の公式メルマガに登録されて下さい。

momoco-happiness 公式メルマガ登録

どこに行っても治らない

こころ・身体・状態
様々な異常から卒業します
世界でここだけでしか受けられないオリジナルスクール

こどもから おとなまで 通えるサロン

優しさのまんま そのままの自分で

普通の人になる♪

優しさのまんま生きよ♪

 


momoco-happiness

悩む人生を終わりに

 

 

1人1人のお悩みの症状、現象、異常、状態に合わせておこなうパーソナルケアも充実!

150種類以上の異常が改善!

改善症状

 

momoco-happinessで改善する症状一覧です

詳しくは症状をクリックしてご覧ください

※尚、改善には個人差がございます。

 

能力症状

悪夢障害 アダルトチルドレン

エンパス 逆エンパス たくさんの能力 単純意識 寝たきり 脳回転障害 発達障害 発達性ディスレクシア/読み書き障害 神霊異常/精霊異常 離人感/現実感消失症 ADHD(注意欠如多動性障害) ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害) Clair(クレア) Clairaudience(クレアオーディエンス) Claircognizance(クレアコグニシンス) Clairsentience・Clairsentient(クレアセンシエンス) Clairtangency(クレアタンジェンシー) Clairvoyanceクレアボヤンス) Crystal Children(クリスタルチルドレン) DCD(発達性協調運動障害) HSP Indigo Children(インディゴチルドレン) Rainbow Children(レインボーチルドレン) SLD(限局性学習症)/LD (学習障害)

 

身体症状

咽喉頭異常感症/ヒステリー球 肩こり 眼精疲労 気象病/天気痛 虚弱体質 首こり(頸椎の後ろ側) 首こり(頸椎の前側) 過敏性腸症候群 身体に力が入る 気持ち悪さ 首のしこり 鎖骨の真ん中のこり/鎖骨こり こわばり感 頭痛 背中のこり 線維筋痛症 手の違和感/痛み 認知機能障害 能力者の風邪症候群 能力者の眠気 能力者の腫れ/むくみ 能力者の冷え性 能力者の変形性関節症 能力性弱視 能力性脱力マヒ 能力性肌異常 能力性疲労 能力性腰痛/腰痛 疲労感/だるさ(倦怠感) 腹部違和感(お腹が張り/苦しさ/重さ) 不正出血 不定愁訴 慢性疲労症候群 卵巣の痛み/違和感

 

こころの症状

アドバイス脳(脳支配) 完璧主義 危険察知能力 気象病/天気痛 急性ストレス障害 思考の切上げ 自己犠牲 自己脳(脳支配) 社会不安障害/社交不安障害(SAD) 弱思考 全般不安症/全般性不安障害(GAD) 双極性障害 都合のいい人 能力者の情緒不安定 能力性広場恐怖症 能力性パニック 能力性PTSD(心的外傷後ストレス障害) 不安思考 不安障害

 

状態症状

アレキシサイミア(alexithymia)/失感情症 アレキシソミア(Alexisomia)/失体感症 音ストレス 感覚過敏 気候不調 空間が歪む/地面がゆれる 邪気異常 邪気中毒 施術異常 つきまとい行為 光ストレス 能力者の失語 パーソナリティー障害 見えている世界が暗く感じる

 

その他の異常症状

あくびが出ない・脚のコリ・頭の先から足の先まで雷のような痛みが走る症状・頭のコリ・あたふたする・あなたはこうね、または、あなたはこうだといつも決めつけられる・歩けない・言いたいことが言えない・息切れ・息苦しさ・依存症・胃痛・いつも大きな試練があってツラい・うつ病・円背(猫背)・嘔吐・怒っているように見える・お尻の痛み・音や文字が形で見えてツラい・お腹の重さや苦しさや張り感・重くて注射も効かない激痛の肩こり・おりもの・解離性障害・顔色が悪い・顔のコリ・過覚醒・過敏・髪の毛の傷み・寒暖差疲労・関節の痛み・頑張らないと生きられない・聞こえづらい・聞こえすぎる・気分の落ち込み・強迫症/強迫性障害・筋肉のコリ・薬が効かない・下血・下痢・下痢と嘔吐が一緒におこる・腱、靭帯、筋膜の柔軟性の衰え・声が出ない・こころが重い疲れ・コミュニケーション症・左右の足のバランスが悪い・死にたい不安感・自分がない・自分の感情が分からない・邪気を受ける・食欲不振・身体が動きにくい・身体に力が入らない・身体の重い疲れ・睡眠障害・数字恐怖症(22、33、44、など)・少しの光さえまぶしくてツラい・すぐ落ち込む・座っていられない・生理異常(痛み、血色、日数、重さ、月経前症候群(PMS))・摂食障害・咳が出る・選択性緘黙/場面緘黙症・全身がかゆい・全身の激痛・全身の倦怠感・全身がこわばる・全身の冷え・全身のほてり・繊細・体温異常(平熱34度、または平熱38度など)・体臭が臭い・態度が悪く見える・体調不良(季節の変わり目の体調不良など)・タイムスリップ・タイムリープ・体力がない・立っていられない・他人と比較してしまう・楽しい気分で居てはいけない気がする・適応障害・手に力を入れていないと座っていられない・手のコリ・テレポーテーション・テレパシー・統合失調症・動悸・胴体のコリ・内蔵のコリ・認知症・寝ているのもツラい・NO!と言えない・喉のつまり感・喉の違和感と苦しみ・乗り物酔い・吐き気・肌荒れ、肌乾燥(とくに顔、手、腰、のかさつき、かゆみ等)・発汗・発達性協調運動症・パニック症/パニック障害・冷や汗かく・敏感・腹痛・二日酔い・ふるえ・骨のコリ・毎日違う人にストーカーをされる・目つきが悪い・めまい・眼を開けていられない・朦朧とする・文字がぼやけて読めない・ものが飲み込みづらい・良い悪いが自分で判断できない・抑うつ気分・理解障害・離人現実感喪失症候群・冷静に考えられない・冷静に行動できない、など

 

ご予約・ご相談はこちら

おすすめ記事