第10回目 本当はやった方が良いこと「つらい痛い苦しいと弱音を吐く、または愚痴を言う」

Blog 本日のメッセージ

おはようございます♪

虚弱体質の専門サロン MomocoAcademyHPに足を運んでくださり、誠にありがとうございます。

 

本日のメッセージ

 

『つらい痛い苦しい』と弱音を吐いてはダメ!

愚痴を言ってはダメ!

 

只今クライアント様のご要望により以前のブログを記載しております。

創始者 山崎ももこ

 

 

昨日はすこし『旬の食材』のことを書きまして横道にそれましたが、

ただいま「本当はやった方が良いこと」特集をしております。

 

今まで生きてきて『やってはダメ!』や『悪いこと』として他者に言われ、認識していた言葉が、HSP、エンパス、逆エンパス、敏感、過敏、沢山の能力を持つ人は「本当はやった方が良かった!」ということを記載しています。

 

 

第10回目の本日は「つらい痛い苦しいと弱音を吐く、または愚痴を言う」です。

普段どうしても言いたくなるのが『弱音』と『愚痴』、色んな所で記載を見ますが、言えるならストレス発散として『体』や『心』のためには良いですよね?

これは頭では分かっていると思います。

しかし、敏感や過敏さんだと、他人に自分の本当の気持ちを言えなかったり、そもそも愚痴を他人に言いたくなかったり、どうしても自分の愚痴より他人の愚痴を聞いてしまい言えないまま『まっいっか』などと、どんどんプチストレスがたまっていってしまう傾向にあります。ストレスは生きていれば溜まるものです。

溜まり過ぎると『体』や『心』の『毒出し』に、自分では分からない、原因不明の『病』が出てきてしまいます。

その『病』の症状はこちらです。

頭痛

めまい、視界がゆらぐ、くずれる

吐き気

風邪またはインフルエンザの症状

気持ち悪い、嘔吐

下すこと(下痢)または、吐き下し(下痢と嘔吐)

筋肉痛と関節痛、神経痛と筋が引っ張られる痛み

汗、冷や汗または手汗と足汗

疲労

振動を感じる

胸骨の中心が痛む、または、凝る、苦しい

全身の痛み

視界がぼやける、見えなくなる

人が何を話しているのか分からなくなる

ここには無いニオイを感じる

今、何をしていたのか分からなくなったり、記憶が飛ぶ

などです。

 

これはアセンションをしている時やライトワーカーさんにも多い症状となりますが、HSP、エンパス、逆エンパス、敏感、過敏、沢山の能力のかたも、もちろん出やすい症状です。

寝たきりで動けない方でも、さまざまなことが苦しくてたまらない方でも、スクールを受講されるとその生きづらさはすべて卒業ができます。

 

とはいうものの…

少しでもどうにかならないのかな?と思いますよね?

身体はすべて繋がっています。

以前、記載したさまざまな「コリほぐし」をしてみて下さいね

違う場所の症状もなくなるかもしれません。

そして今、特集している『本当はやった方が良いこと』も症状卒業に関係していますので、すべてやってみてください。少しでも効果があれば、続けてみてくださいね。1歩1歩が大きな変化になります。

pastedGraphic_3.png

本日サロンからの一枚はこちら

朝は雨が降っていましたね。すこし晴れ間もみえてきました♪

写真でとると綺麗に映らないのが残念ですが、、福岡タワーがみえる場所が薄明るくなってきてとても綺麗です

本日も元気にいってらっしゃーい♪

 

 

 

 

2020.11.16(月)

8:17am

関連記事

山崎ももこブログ